昼寝は健康に良い?!ストレス解消や疲労回復効果、アルツハイマー病の予防!さらに記憶力の向上効果もある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昼寝
私たちは、通常は夜の間に眠りますが、昼間に寝ることがありますよね。

昼寝は午睡(午睡)とも言われており、15分から30分の仮眠をとるもので、最近では昼寝を取り入れている学校や企業もあり注目を集めています。

皆さんも昼寝を取り入れてみませんか?

なぜ昼寝って思うかもしれませんが、昼寝の効果を知れば、昼寝を取り入れてみようという気になると思いますよ。

スポンサーリンク

☆昼寝の効果

〇疲労回復効果

昼寝は夜の睡眠ほど深くはないですが、大きく疲労を回復してくれる効果があると言われています。

仕事や勉強などで、昼になると少し疲れるとおもいますが、昼に睡眠をとることによって疲労を回復して、爽快な気分で午後の仕事や授業に打ち込めるのです。

スッキリした気持ちで午後を乗り切りたいなら、昼寝をするといいでしょう。

しかし、30分以上の睡眠をとると深い眠りなり、起きた時に倦怠感などがでて、逆に疲れたような感覚に襲われることもありますので、昼寝の時間は気を付けてほうがいいでしょう。

〇記憶力を向上させます

昼寝をすることによって、記憶力が向上することがわかっています。

私たちは寝ている間、脳を整理しています。そのため、昼寝をすることで眠る前に覚えたことを脳で整理することができるので記憶が定着するのです

また、脳が整理されることによって起きたあとに頭の中がスッキリして、勉強がスムーズになり記憶力が向上すると言われています。

昼寝をすることによって記憶力が向上し、学力を向上させることでしょう。

〇アルツハイマー予防

昼寝することによって、アルツハイマー病のリスクを5分の1にできると言われています。

30分以下の昼寝を取ることによって、アルツハイマー病のリスクを大幅に低下させるのではないかと言われているんですね。

しかし、昼寝の時間が増えるとアルツハイマーのリスクが高まるとも言われていますので昼寝は30分以内に収めるようにしましょう。

昼寝はやはり、30分以内がおすすめです。

〇そのほかの効果

昼寝には、ストレスを解消する効果や最小血圧と最大血圧を低下させて生活習慣病を予防する効果があると言われています。

また、昼寝をすると心臓病になる可能性が低下すると言われており、昼寝は生活習慣病、ストレス、心臓病などいろいろなものに効果があると発表されています。

☆昼寝をするときに気を付けること

〇昼寝は仮眠

昼寝は15分から30分に終わらせるのが良いとされており、それ以上の寝ることは悪いとされています。

昼寝は、あくまでも仮眠であり、長時間寝るべきはありません。

私たちの睡眠の中には、深い睡眠と浅い睡眠があり、睡眠が深いほど目覚めにくくなります。

そのため、30分以上の睡眠になると、睡眠が深すぎてしまいます。

結果、寝起きが辛くなったり、倦怠感が出たりしますので、昼寝は15分から30分で起きるのが良いでしょう。

30分以上の昼寝をすることで、いろいろな効果が期待できなくなりますよ。

〇昼寝前にコーヒー

昼寝は仮眠であり、30分から15分で起きる必要性があります。

しかし、一度眠りにつくと起きるのは難しいです。そんな時に飲むことがおすすめなのが、コーヒーです。

コーヒーは覚醒効果があり、その効果があらわれるのは、30分後だと言われています。

そのため、寝る前にコーヒーを飲むことによって、起きる頃に脳を覚醒してくれ、目覚めをよくする効果があることがわかっています。

また、コーヒーには他の効果があり、集中力を向上してくれます。

集中力が向上することで、授業や仕事に身が入り効率を上げてくれることでしょう。

寝る前にコーヒーを飲んでおくといいかもしれませんね。

昼寝をすることは、健康になり良いことがたくさんあるのですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク