病気にならないためにも予防接種を受けることは大切!?定期接種は無料の予防接種!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予防接種
予防接種の定期接種はきちんと受けましょう。

無料の予防接種は、きちんと受けることが大切です。

定期接種は、国が期間を決めて摂取するように言っている予防接種になります。

この予防接種率が高くなることで病気が蔓延しにくくなり、感染症の発生の確率が減ります。

きちんと予防接種を受けるようにしましょう。

定期接種はきちんと受けることが大切です。

定期接種は副作用のリスクより、感染のリスクのほうが高いと思ったほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

○ 予防接種を打ちましょう

定期接種は基本的に無料で摂取してもらえ、任意接種は一定料金の自己負担になると言われています。

地方自治体によって多少の差があるかもしれません。

私たちが住んでいる地球には多くの病原体が住んでいます。

病原体が体に入ることによって、私たちは病気になり、死んでしまうことがあります。

それを予防するための方法が予防接種になります。

死なないための、予防接種なので、できる限りうつようにしましょう。

一人の予防接種が菌の撲滅に繋がります。

予防接種を打つことによって私たちは病気になる前に抗体を作っておいて病気を予防しています。

予防接種をしても病気にかかることはありますが、症状が軽くなると言われています。

また、統計から予防接種をして、病気が減ったことがわかっています。

ワクチンを打っておくことが子どもの命を助けるとおもって予防接種を受けると良いでしょう。

○予防接種は受けるなという意見

予防接種を受けるなという意見があるようですが、僕は受けたほうがいいとおもっています。

個人の意見であり、強制はできませんが病気の予防に予防接種は有効だと考えているため、予防接種を推奨します。

特に国がすすめている、定期接種を受けるようにしましょう。

予防接種を受けるなというのは、予防接種をうつことによる副作用で死亡する可能性が少なからずあるからだと思います。

確かに、予防接種は絶対に死なないとはいいきれませんのである程度の危険性はあります。

また、今現在の日本では予防接種の病気は流行っていないという意見の人もいます。

たしかに、予防接種をしている病気は流行っていません。

しかし、流行っていないのは、予防接種をしているからであり、もし予防接種をやめるとなると病気が増えて、予防接種で亡くなった人より、多くの人が年間なくなることになります。

〇日本脳炎と予防接種

僕が予防接種を受けたほうが良いと思う例と日本脳炎の話をさせていただきます。

信じるか信じないかはあなた次第です。

日本脳炎のワクチンを危険だという人はいます。

それは、日本脳炎ワクチンを使用して亡くなった人もいるからです。

しかし、死亡したとしても年にごく少数の人でしょう。

日本脳炎は、蚊が媒介する感染症ですが、現在、日本の感染数は年間10人程度です。

そんなにいないから、打たなくても良いという意見が出てきますが、10人存在するということは日本にはまだ日本脳炎ウイルスが存在するということを表しています。

つまり、打っておかないと感染する可能性はあるということです。

1960年代にはワクチンをうっていないために、年間1000人が日本脳炎ウイルスに感染したと言われており、今現在でも世界では約6万8千人が感染し、2万人死でいると言われています。

ワクチンの接種を辞めてしますと、日本のウイルスは消えていないので、現在の人口の比率で考えると、1200人が感染し、300人以上が死んでいるかもしれません。

そう考えると定期接種の必要性が見えてくるのではないでしょうか?

だから、もし子どもに日本脳炎の定期接種をしないと、120倍も感染率が高まると思っていいかもしれません。

このように、私たちは予防接種を受けていることで感染症にかかりにくくなっているのです。予防接種によって単純に死者がでた、副作用がひどかっただけで予防接種を廃止するという考え方はよくないと考えています。

予防接種をすることによって、感染者が減っている実績があるからこそ予防接種が続けられると言えるのです。

このように、生きていくために必要な予防接種を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク