生まれつき内臓が逆にある内臓逆位を知っていますか?内臓逆位は危険性があるので注意が必要?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内蔵
皆さんの心臓はどちら側にありますか?

僕は左側に心臓があります、多くの人は心臓が左にありますが、稀に右に心臓がある人もいることを知っていましたか?

一般的な人は左心臓と言われて心臓は左にあることになっています。

しかし、稀に心臓が右側にある右心臓の人がいるのです。

内臓が逆の位置にある人を、内臓逆位といい心臓の逆位は右胸心といいます。

スポンサーリンク

○ 内臓逆位

内臓逆位は内臓の向きが通常とは逆向きになっている人のことを言います。

心臓は左が普通ですが、右になっているなどの心臓の逆位が一般的と言われています。

また、心臓以外の臓器が逆になっていても内臓逆位になります。

内臓逆位は部分的内臓逆位と完全内臓逆位の二つに分類されます。

部分型内臓逆位は内臓の1つ以上が逆になっているものですべてが逆にはなっていないものです。

完全内臓逆位は体全体の内臓が逆になっている物をいいます。

完全内臓逆位の場合は血管なども逆になります。

内臓の位置が逆転している人をあまり見かけることはありませんが、7000人に1人が一部また全部が逆になっていると言われています。

関係ないですが、ふと思い出したので、言わずにはいられないので言っちゃいますけど、北斗の拳のサウザーが内臓逆位として僕の中では有名です。

○内臓逆位の危険性

内臓が逆の位置にある内臓逆位ですが、内臓逆位の人は、ほかの症状がでることが多いと言われています。

内臓逆位の中でもっとも多いのが心臓の逆位と言われていますが、心臓の位置が逆にあってもほかの内臓は正しい位置にあるわけなので、部分内臓逆位になります。

問題がないように感じる人もいるかもしれませんが、内臓にとりまく、血管の形は決まっています。

そのため、通常なら簡単に血管をつなげることができるのですが、形の違いがあることでうまく、血管をつなげることが難しくなり、心奇形と呼ばれる心臓に障害が出てしまったり、肺低形成と呼ばれる肺の障害が出ることがあると言われています。

内臓が逆になると問題が発生するのです。

右胸心の中でもっとも安全なのが、完全内臓逆位の人です。

完全内臓逆位場合は、すべての内臓が逆転しているために、内臓のつなげ方が複雑にならないために、部分内臓逆位に比べて深刻な問題になりにくいと言われています。

完全内臓逆位は、すべてが統一して逆である分、安全だと言われています。

しかし、完全内臓逆位であっても心臓などに疾患がでる場合があると言われています。

部分内臓逆位に比べて疾患が出にくいだけで、正常の人よりはやはりに何かしらの問題にはなりやすいと言われていています。

だから、内臓逆位の場合は注意が必要なのです。

○内臓逆位と病院

内臓逆位で問題になりやすいのが診察をするときです。

内臓が逆に位置している場合は、内臓の位置が逆になるため、医師の診察が難しくなります。

例えば何かの手術をするときは内臓が逆なので、いつもと手術が逆になってしまいます。

そのため、基本的に正常な位置でしか手術をしたことがない医師からすればとても難しい手術になります。

あの有名なブラックジャックも内臓逆位の手術にはとても苦労してミスをするシーンがあります。

あくまでマンガの話ですが、あのブラックジャックが苦労をするということは、とても大変だということが理解していただけるのではないでしょうか。

また、内臓が逆転すると、痛みを訴えている部分に対応する臓器が逆になるために、誤診が起きる可能性があります。

肝臓が痛いのに、胃が痛いと勘違いされる可能性もあるということですね。

また、虫垂炎(盲腸)は通常の人は、右下腹部が痛くなりますが、内臓が逆の位置にあれば、痛くなるのは左下腹部になります。

もし、内臓逆位のことを考えないでいたら、虫垂炎とは診断されず発見が遅れる可能性も十分あります。

そのため、内臓が逆の場合は、診察も注意をしなければ問題が起きる場合があるということです。

だから、自分が内臓逆位であることがわかっている場合は、内臓が逆転していることを医師にきちんと伝えなくてはいけません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク