健康とは何なのか?健康の定義は人それぞれ?自分なりの健康をみつけて健康生活を目指してみてはいかが!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康
皆さんは健康について理解しているだろうか?

僕自身、健康とはどういった状態なのかと聞かれた困る部分ではあります。

通常、健康とは、病気にかかっておらず健やかな状態のことをいうようです。

ではその状態とはどういった状態なのでしょうか?

スポンサーリンク

○健康とは

健康は心も体も健やかな状態であることのようですので、体が元気でも心が元気でなければ、健康ではありません。

また、心が元気でも、体が元気でなければ健康ではないと言われています。

この定義なら、ストレスもほとんどなく、体力もある人が健康になるのでしょう。

そして、一切病気を持ってはいけないために、少なからず持病を持っている人は健康にはならないということになってしまうのでしょうか?

健康といわれると、元気な人というイメージをもっている人も多くいるでしょう。

確かにそれもあっているのですが、健康観に関してはいろいろな人がもっておりそれぞれ考え方が違いために難しい題材なのかもしれません。

○WHOと健康

健康を語る上でよく出てくるのが、WHO(世界保健機関)ではないでしょうか?

WHOは人間の健康が基本的人権の一つととらえて機関で健康ために動いている国際連合機関になります。

WHOでは健康についての定義づけが行われています。

国際的にはどのような状態が健康なのか知っておくといいかもしれません。

WHOは健康とは、「精神的、身体的、社会的に、完全に良好であり、単に病気や病弱のあるなしではない」という定義をもっています。

健康とは、精神的、肉体的以外にも、社会的な要因も関わるのがWHOの健康の定義になります。

つまり、健康になるためには社会的に良好な状態にならないといけないのではないでしょう。

そして、病気がないから健康であるというわけではないということらしいです。

病気がなくて、精神的にも身体的にも問題がなくても社会的な問題があれば健康ではないとことになるのでしょう。

つまり、健康はいろいろなことが重なりあってできるものという考えなのでしょう。

○健康寿命

健康とは、精神的、身体的、社会的な要因が重なってくるといいましたが、つまり、健康寿命は、精神的にも身体的にも社会的にも健康である期間をいうかというと僕は少し違うような気がします。

今現在の健康寿命をしっていますか?

日本の健康寿命は、70歳ちょっとです。

つまり、70歳までは、精神的に身体的に社会的に、健康であるということなのでしょうか?

健康寿命は、平均寿命から介護する年数を引いた寿命と言われています。

つまり、健康寿命は介護せずに生活できる期間のことであり、持病を持っていようが、腰が痛かろうが、なんだろうが、介護を受けずに何とか生活を遅れていれば、健康の中に入るのです。

このように、健康寿命と通常の健康観については違うところがあるようなに感じてしまいます。

そのため、健康とは言われる場所や個人の主観で変わってくるものなのではないでしょうか?

○自分の健康を知ろう!

いろいろといってきましたが、健康については、いろいろな意見がありあいまいな部分です。

そのため、健康は自分自身できめて、それに向かっていけばいいのではないでしょうか?

あなたは健康でしょうか?

まず、自分の健康観を決めることが健康につながる第一歩なのかもしれません。

自分なりの健康をみつけて健康生活を目指し健康にむけて進みましょうってことですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク