うつ病などと勘違いされる病気のQ熱を知っていますか?恐ろしいQ熱とは何か?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q熱
皆さんはQ熱と呼ばれる病気を知っていますか?

Q熱と呼ばれる病気を聞いたことがない人も多くいるのではないでしょうか?

Q熱は動物から感染する、ウイルス性感染症です。

感染例は少ないですが、日本でも感染者がいます。

スポンサーリンク

〇Q熱とはなんなのか?

Q熱のQは不明という意味があり、もともとよくわからない不明な熱症状が起きるためにQ熱という名前がつきました。

今でも、Q熱の感染を発見することは難しく、不明な熱として処理されることもあります。

そのため、風邪と判断してしまうことが多くあるようです。

Q熱を見つけようとすれば、それなり検査と費用がかかってしまうこともあり、Q熱を見つけるのが難しいとされています。

Q熱を見つけるためには、Q熱のことをしることが大切です。

医師がQ熱を理解していない場合もあります。

Q熱は生まれたばかりの野良猫に触ると感染する場合や家畜の出産などに立ち会うことによって感染したり、動物の糞などでも感染します。

Q熱の菌を1個吸っただけでも、病気になると言われているので、恐ろしい病気です。

それほどまでに感染力が強いですが、日本では年間30件と感染者は少ないですが、独特の症状があります。

○Q熱の症状

・急性Q熱

Q熱に感染すると、50%の人が何も起こらないとされており、症状が出ないことも多くあります。

そのため、日本では見つかっていないがQ熱に感染している人は少なからずいるでしょう。感染したことがわからずに治ってしまえば問題ありません。

残りの50%が急性Q熱になることわかっています。

潜伏期間の2週間から4週間を終えると、37度から40度の高熱をだし、頭痛、悪寒、倦怠感、筋肉痛、喉の痛みなどをおこします。

高熱であることもあり、インフルエンザに似ているとも言われています。

これで、終われば問題ないのですが、これらの症状がでた人の20%が肺炎や肝炎を起こすと言われていることです。

急性Q熱の症状がでた人は、高確率で肺炎や肝炎を起こすと思ってもいいかもしれません。

症状は1週間から2週間で改善すると言われており、この段階で改善に向かえば問題ありません。

急性Q熱を発症すると1~2%が死亡すると言われており、死亡する可能性はありますが、感染者がすくないので、それほど心配する必要性もないかもしれません。

このような症状がでたところで、不明熱と診断されることも多くあります。

しかし、感染後は治療をしなくても治ることもあるため、治ってしまえば問題はなく、終生の抗体を獲得します。

Q熱は、二度目の感染はありません。

・慢性Q熱

急性Q熱に感染後は回復してしまえば問題ありません。

しかし、急性Q熱から慢性Q熱に移行してしまう場合があるのです。

急性Q熱になった後、5%の確率で慢性Q熱になると言われており、慢性Q熱は危険な状態です。

慢性Q熱は、急性Q熱に比べて重い症状であると言われており、慢性肝炎や骨髄炎、心内膜炎などをおこすと言われており、体の状態はあまりよくありません。

また、慢性疲労症候群のような症状が現れます。

この症状に感染すると、常に疲れている状態なので動きたくないなどの症状がでます。

Q熱に感染したことに気づいていなければ、ただのひきこもりに見えることもあります。

この症状になると、登校拒否などをおこすため、ひきこもりやうつ病と勘違いされ知らないと適切な治療をしてもらえない可能性もあります。

なので、本当は病気だったなんてこともあります。

慢性Q熱から解放されると、ひきこもりが改善します。

このほかの症状として、微熱、頭痛、関節痛、睡眠障害、集中力や精神力の低下、精神症状がみられるなどがあり、うつ病と勘違いされやすい症状がでます。

○Q熱を見破る

Q熱は医者でも見つけることが難しい症状なので、見つけるためには自らの病気の知識が必要と言われています。

Q熱は子猫や、家畜やペットなどの糞などから感染すると言われています。

そのため、数週間まえに、動物などに触れた経験がある人で不明熱であると言われたら、Q熱を疑いましょう。

また、肝炎や肺炎を起こしたら、思い切って医者にQ熱かもしれません。と打ち明けましょう。

その後、病気が治ればいいですが、不登校やうつ病などに使い症状を起こしていれば、Q熱のことが検査できる病院にいくとよいでしょう。

Q熱の知識をもっておくことで、恐いQ熱の予防をすることもできますし、感染を疑って早急の対処ができるようになるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク