ゼロキロカロリーはゼロキロカロリーではない?!ゼロキロカロリーの思わぬ落とし穴?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼロキロカロリー
食べ物を買うときにカロリー表記を気にしてしまいますよね。

日本ではカロリーですが、海外ではジュールで表記されていることがあります。

どちらでもいいと思いますが、ジュールに変わったら困る人もいるかもしれません。

僕も少しはカロリーのことが気になります。

カロリーを気にしている人の多くは、カロリーを多く取ると太るため健康に悪いという印象からカロリーの少ないものを選ぶと思います。

そのため、通常よりカロリーが低いとその商品に目がいってしまうものです。

だから、カロリーがないゼロキロカロリーの食品や飲み物を買う人も多くいます。

健康を考えると、ゼロキロカロリーのものは魅力的かもしれません。

しかし、ゼロキロカロリーには思わぬ落とし穴があるのです。

スポンサーリンク

○ゼロキロカロリーとは

ゼロキロカロリーは、カロリーが存在しないと思っている人が多いかもしれません。

ゼロキロカロリーの食品や飲み物にはノンカロリーや、カロリーゼロなどの表記が堂々としてありますが、なんとカロリーは存在します。

ゼロキロカロリーはカロリーが無いのではなく、カロリーが少ないと思った方がいいかもしれません。

カロリーの表記は法律で決まっており、ゼロキロカロリーの表記については、基準を満たせば、ゼロキロカロリーでなくても問題ありません。

ゼロキロカロリーとは100gあたり、5kcal未満のものと法律で決められています。

つまり、100gの食品には4.9kcalが含まれていてもゼロキロカロリーと表記ができるということであり、500mlのジュースの中に含まれる、カロリーは24.9kcalであってもゼロキロカロリーと表記してもいいということになるのです。

砂糖1gが4kcalであることから、500mlの水に、6g砂糖を入れたところで表記ではゼロキロカロリーにできるのです。

砂糖6gでは24kcalになり、100gあたり、5kcalを下回るので、ゼロキロカロリー表記がOKってことになります。

砂糖6gと言えば、小さじ一杯を超える量の砂糖であり、角砂糖なら、2個で砂糖約6gに相当します。

なので、ゼロキロカロリー飲料には、角砂糖2個が入っていてもゼロキロカロリーなのです。

500mlの飲料に角砂糖が2個入っていれたら、僕的にはゼロキロカロリーではない気がしますが、法律で認められているので文句は言えません。

ちなみに、私たちの1日の砂糖摂取量目安は25gと言われているため、6gも砂糖を入れると、1日の砂糖の摂取量の約4分の1になります。

ゼロキロカロリーの食べ物や飲み物は砂糖ではなく、甘味料で調整してあるため砂糖と同一視して考えることは難しいですが、ゼロキロカロリーがゼロキロカロリーではないことを知っておいは方がいいかもしれません。

ちなみに、通常のジュースでは、100gあたり、5g以上の砂糖が入っているものが大半なので、500mlのジュースを飲めば、大半が、一日の砂糖の摂取量を超えるというものになります。

食べ物でもゼロキロカロリーのものでなければ、簡単に一日の砂糖摂取量を超えてしまうことがありますので、健康のためにも注意しましょう。

〇砂糖と甘味料

砂糖の摂取量に関していえば、WHOが決めたものあり、多くの人が砂糖摂取量の目安が少ないのではないかといっています。

1日の砂糖の摂取量の25gは大半の人が超えてしまう量になります。

しかし、砂糖の摂取量が25gに近づいたほうが健康に良いことは事実だということです。

そのために、普通のジュースを飲むよりゼロキロカロリーの飲み物を飲むことは良いということです。

ゼロキロカロリーのものに入っているのは砂糖ではなく、甘味料になり私たちの体には摂取しにくいものと言われています。

そのため、カロリーも低いながらも甘さを与えてくれるものになります。

砂糖に比べて、甘味料のほうが圧倒的に、カロリーが少ないことはわかっていますがカロリーが全くないわけではありません。

また、甘味料の中には、砂糖の数百倍甘いや数千倍甘いなどと言われることもあり、砂糖より、甘いのにカロリーが低いことがわかっています。

しかし、甘味料には個々に特徴があり、後味や、徐々に甘くなっていくもの、甘さが残るなどがあり、砂糖と甘味料は少し違います。

そのため、甘味料を砂糖と同じように使用するためには、甘味料をブレンドし、砂糖のような風味に近づける必要性があります。

また、甘味料が体に悪いと言われることもあるため、甘味料が多く使われているものばかりでも健康に悪いかもしれないので、控えることも大切かもしれません。

甘味料があまり使われていなくて、おいしい飲み物を探したほうがいいかもしれませんね。

ゼロキロカロリーはゼロキロカロリーでは無いかもしれないということですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク