スマホ依存症は抑うつ状態・パニック障害を引き起こす?!スマホ依存症は健康害を及ぼす!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ
皆さんはスマホをもっていますか?

私はスマホをもっています。

スマホとは、スマートフォンと呼ばれる、パソコンのような機能を持っている、インターネットに接続でき、インターネットとの親和性の高い多機能携帯電話のことです。

日本では、アイフォンが一躍有名になり、アイフォンをもっている人が多く占めます。

今では携帯電話と言えばスマホの時代ですね。

日本での20代のスマホ所持率は90%を超えていると言われて若い世代では携帯をもっている人の大半がスマホになります。

また、他の世代でもスマホの所持率が高くなっているように感じます。

新しく携帯を持つ人の大半はスマホです。

また、もっとも所持率が高いのはアイフォンでスマホをもっている人の6割以上はアイフォンをもっていると言われている時代です。

世界的にはサムスンのほうが人気だと言われています。

世界でもスマートフォンは普及しています。

スマートフォンが普及してしまった現在では、多くの人かかる可能性があるのがスマホ依存症です。

スマホが無い時代には携帯電話依存症になる人はいました。

スマホと携帯では利用の頻度が違うように感じます。

そのため、スマホ依存症にかかる人が多いような気がします。

また、スマホ依存症は若年層に多いと言われていて深刻な問題です。

〇スマホと携帯電話の違い

携帯電話はガラケーのことです。

スマホも携帯電話も、どちらも依存症の患者はいたように感じます。

しかし、スマホのほうが依存率がたかいのではないでしょうか?

携帯電話の特徴は画面と操作するボタンが切り離されていた点です。

気はなされているため、スマホより操作性能は劣ります。

また、画面の解像度や、動きなどの自由度が少なく、ゲームやインターネットとの親和性が引くかったこともあり、インターネットやゲームをガラケーで常にやることはすくなかったのではないでしょうか?

携帯電話のゲームはボタンを押すだけのゲームが多く面白くなかったりしていたため、使用頻度が少なかったように感じます。

それに比べて、スマホはタッチパネルが採用されていることにより、顔面を自由に動かし、操作性もよく、インターネットやゲームとの親和性が高くなりました。

ゲームも高機能なものが増えました。

その結果、スマホをもっている人は、ネットサーフィンやゲームなどにはまりやすくなり、依存傾向はスマホのほうが高いような気がします。

依存しやすくなったため、それだけ気をつけなくてはいけません。

スポンサーリンク

スマホ依存症の危険性

歩きスマホ

簡単な調べごとですぐにスマホを開く人も多く、携帯電話よりも人間と近い存在にスマホはなったと思います。

スマホと人間が近いことを印象付けてくれるのが歩きスマホだと思います。

スマホをもって歩く人は実際多いです。

歩きながらスマホを使用するのは結構危ないです。

スマホを利用することで、視界が狭くなり人とぶつかったりしやすくなります。

町で歩きスマホをしている人を時々見かけます。

この歩きスマホをする人は依存をしている可能が高いと言われています。

たまたま、調べ物をしていて、スマホを利用している人も中にはいるかもしれません。

しかし、そういったたまたまの人は座ってスマホを利用する人も多いのではないでしょうか?

歩きスマホをしている人は、歩いている時間もスマホを利用したいという人でしょう。

つまり、常時スマホを利用している人が多いわけです。

歩きスマホは依存症の人または、依存症の始まりとも言われています。

信号を見ていない、人とぶつかる、障害物に気づかずこけるなど危険な行為をしていますことあります。

そういう人を見ると、危険性を痛感します。

スマホに依存するのは危険です。

歩きスマホをやめましょう。

睡眠不足

スマホからはブルーライトが出ていることを知っているだろうか?

ブルーライトは人の目を覚ます効果があることを知っていますか?

スマホ依存症の患者は、朝起きてから、寝るまでの間スマホを利用していることが多いです。

特に夜のスマホは危険です。

夜は私たちが寝なくてはいけない時間帯になります。

そのため、その時間帯にスマホを利用することは眠る時間なのに、体を起こすことにつながります。

結果、寝るのが遅くなることや眠むれたとしても睡眠が浅く寝不足になることがあります。

きちんと睡眠をするためには、寝る前のスマホは控えるべきです。

寝る前にスマホを使わない、またはスマホの明かりを弱くして対策をしましょう。

肩こり、頭痛、血行不良

スマホを利用すると肩こりや血行不良、頭痛をおこすことがあります。

特に、長時間の同じ姿勢でのスマホの利用は危険です。

スマホを使用している時の姿勢はどのような姿勢でしょうか?

想像してみてください。

一般にスマホを使用している時は猫背になって顔が前に出ていると言われています。

スマホの姿勢が悪いために、肩こりが起こると言われています。

また、同じ姿勢を続けているため体の血流の循環が悪くなり血行不良を起こすとも言われています。

長時間、画面をみていることによって、目が疲れたり、脳が緊張状態であることによって頭痛も引きおこします。

スマホが体調不良の原因になっていることを気づいたほうがいいかもしれません。

その頭痛、スマホが原因かもしれません。

依存症状、うつ、パニック

スマホ依存症は早い段階で断ち切る、または抑えることが必要です。

依存の症状として、常にスマホをふれていなくてはならない人やスマホがやめられない人は多いようです。

このような症状のせいで、仕事や勉強に集中できない人も多く存在します。

また、スマホがないことによって、不安を感じることもあり、一日5時間以上もスマホに費やしている人もいるそうです。

このような強い依存状態になる前にスマホを控えることが大切です。

一日5時間スマホを費やしていたら、依存症といっていいでしょう。

重度の依存状態になると精神的にスマホがなくてはならない状態になることがあります。

重度のスマホ依存症患者の中には、強い依存によってパニック障害を起こすことがあります。

依存症でない、また軽度の人は信じられないかもしれませんが、スマホ依存症が進むとパニック障害を起こします。

スマホがないことへの不安や触れないことなどが原因でパニック障害がおこたりします。

この段階になる前に早めに対処して起きたものです。

また、スマホ依存症患者の中には、抑うつ状態などになる人もいます。

スマホは自律神経を乱し、抑うつ状態になったり、パニック障害になったりするようです。

スマホ依存症は恐ろしい病気なのです。

〇スマホ依存症の対処法

スマホに依存していると感じる、または家族がスマホに依存している場合はスマホの使用方法を決めましょう。

1.スマホの10分間以上の続けての使用はやめる。

スマホを続けて使用できるのは10分までと決めましょう。

それ以上をすぎたら、次にスマホを開くまで1時間の間をあけましょう。

こうすることで使用できない時間ができ、使用できないことを理解するようになります。

これでも甘いほうです。

頑張れば、1時間30くらいは使えてしまいます。

でも一日5時間くらい使っている人がいますので、これである程度は解決できます。

連続使用を避けて、分割させることが大切です。

分割させることで、スマホから離れる訓練なります。

2.スマホの1日の利用時間を決める

一日の使用時間を決める方法です。

一日の使用時間を決めておくことで、スマホ依存症が進行しなくなります。

一日の使用時間は1時間に抑えるなどを決めておきましょう。

スマホの使用時間を決めることで、スマホを長時間使用できなくなり、健康的です。

3.スマホをPM7時以降は使用しない

スマホで問題なのが、睡眠を妨害することです。

睡眠を妨害させない対策として、7時以降のスマホの利用は避けましょう。

スマホ依存症の人は夜にスマホを利用していることが多いので夜のスマホを制限するのは効果的です

しっかり、睡眠をとるためにも夜のスマホ使用は控えましょう。

4.家族との時間を楽しむ

スマホ依存症になると、スマホに熱中してしまうために家族との会話が少なくなっていることがあります。

スマホ依存症の人は、もっともスマホを使用してしまう時間を家族と楽しく過ごす時間に変えてしまいましょう。

家族と過ごす時間にスマホを使用してはいけません。

スマホ依存症になるとコミュニケーション能力が下がるとも言われているので、家族と話すことでコミュニケーション能力もあがり、スマホ依存症も断ち切れて一石二鳥です。

家族との生活を楽しみましょう。

5.スマホを手元に置かない

皆さんスマホのおいてある場所は決まっていますか?

スマホをポケットの中や自分の近くにおいてしまっている人がいますが、これはスマホの使用頻度を増やします。

外出中は仕方ないですが、家にいる時はスマホの置き場所を決めてしまいましょう。

できるだけ、自分がいる場所から遠いところにスマホおいておくことでとりに行くのが面倒になります。

その結果、使用しなくなります。

使い終わるたびに同じ場所におきましょう。

10分後に使用するつもりでもきちんと元の場所に戻すことが大切です。

このようにスマホをできるだけ、使用しないようにすることがスマホ依存症を改善してくれます。

スマホは大変便利な道具ですが、反面恐ろしいところもありますので、十分注意しましょう。

スマホ依存症を改善して健康になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク