秋刀魚(さんま)を食べて健康になろう!秋刀魚には貧血防止・血液サラサラなどの健康効果がある!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さんま
秋と言えば食欲の季節ではないでしょうか?

秋は食欲の秋と言われます。

秋は食欲の秋以外にも、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋などいろいろな言葉つけられます。

食欲の秋の代表格と言えば秋刀魚(さんま)ではないでしょうか?

秋刀魚は名前にも秋がつくくらい秋の魚というイメージが強い魚になります。

皆さん、秋刀魚は好きですか?

僕は秋刀魚が好きなので、秋になると秋刀魚が食べたくなります。

秋刀魚は9月から10月が食べごろで、9月の終わりと10月の初めが最もおいしい時期になります。

この時期の生秋刀魚は脂がのっていておいしいそうです。

秋刀魚の脂は体に良いので、皆さんも食べてみてください。

スポンサーリンク

秋刀魚の健康効果

貧血防止

秋刀魚には鉄分が含まれています。

貧血の原因となる鉄分足を改善してくれます。

また、秋刀魚に含まれる鉄分は、ヘム鉄でヘム鉄は肉や魚などの生き物に主に含まれている鉄分になります。

このヘム鉄は、植物に含まれている非ヘム鉄に比べて、吸収率が高いのが、特徴です。

鉄分の吸収率を高めてくれるのはビタミンCと言われています。

そのため、秋刀魚に大根おろしやレモン、カボスなどをつけあわせると鉄分の吸収率が上がるため最適です。

カボスと秋刀魚は理に適っているのです。

貧血が気になる人は秋刀魚にカボスなどの柑橘類をかけてたべるといいでしょう。

骨を強くする

秋刀魚にはカルシウムが含まれています。

カルシウムは骨の主成分になります。

そのため、カルシウムをきちんととっていると骨粗鬆症の予防にもなります。

また、カルシウムが不足すると骨粗鬆症になるだけではありません。

食べられてたカルシウムは骨に入るだけではありません。

カルシウムは血液や神経とも深いかかわりがあります。

カルシウムが不足すると血液中に必要なカルシウムを骨から取り出すようになります。

正常な量のカルシウムなら血液に問題ないのですが、カルシウムを多く血液に流失させてしまうと、骨粗鬆症になるだけでなく、血液に流れ出たカルシウムの影響で、糖尿病、動脈硬化、高血圧などの症状がでることがあります。

一般にカルシウム不足は骨との関係が指摘されますが、それだけではないです。

秋刀魚にカルシウムの吸収を補助する成分のビタミンDも含まれているため効率よく、カルシウムを吸収することができるため、骨粗鬆症などの病気の対策に優れています。

粘膜を保護する

秋刀魚にはビタミンAも含まれています。

秋刀魚に含まれるビタミンAには皮膚や粘膜を正常に保つはたらきがあります。

ビタミンAが不足すると皮膚や粘膜が正常に保つことができず、乾燥します。

お肌カサカサになるのはビタミンAの不足かもしれませんよ。

ちなみに、野菜に含まれるβカロテンも体内に入ってビタミンAに代わるので、ビタミンAが不足している人は緑黄色野菜を食べるといいでしょう。

また、ビタミンAは成長にも深くかかわっていますので、子どもにはしっかり食べさせたい栄養素です。

ビタミンAは夜盲症にも関係があります。

夜盲症は鳥目とも呼ばれ、夜やくらいところになる通常の人と比べ物にならないくらい視力が低下してしまう症状のことをいいます。

通常の人でも暗いと視力が低下しますが、それとは少し違います。

夜盲症には鳥目という別名がつくくらいだから、鳥はほとんど夜に目が見えなくなると思われがちですが、一般には鳥で鳥目なのは、鶏ぐらいと言われほかの鳥はほとんど鳥目じゃないと言われています。

人間が最も飼育している鶏が鳥目だからついた名前なのでしょう。

血液をサラサラにする

青魚の秋刀魚には血液をサラサラにしてくれる成分のDHAとEPAが豊富に含まれています。

DHAもEPAのどちらも血液をサラサラにしてくれる成分です。

お肉ばかりを食べていると血液がドロドロしやすくなるといわれています。

そのためお肉ばかりを食べる食生活はあまりよくありません。

食欲の秋には、日本の伝統的な魚の秋刀魚を食べてほしいところです。

日本で秋刀魚は江戸時代にはすでに大衆魚としての地位を確立しており、いろいろな人に食べられてきた魚です。

焼き秋刀魚は日本の日本食の代表格といっていいのではないでしょうか?

江戸時代の肉をあまり食べていない時期は、日本人の血液はサラサラだったに違いありません。

DHAやEPAは血液をサラサラにしてくれるだけではありません。

血液をサラサラにしてくれるとともに、DHAは悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。

悪玉コレステロールが多すぎると、血管にコレステロールが吸収されて、壁が厚くなり、動脈硬化を起こします。

悪玉コレステロールが減少することで動脈硬化を予防できるのです。

また、EPAは血液中にある中世脂肪を減少させる働きがあります。

血液中に含まれる、中性脂肪には血液をドロドロにする働きがあるため、EPAのちからによって血液がよりサラサラになります。

DHAはコレステロールを減少し、EPAは中世脂肪を減少させる働きをもっているのです。

秋刀魚は秋の味覚と食べておいしい、健康にも良い食材ですので、ぜひ食べてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク