逆立ちで得られる健康効果はあるの!?逆立ちをすると記憶力が上がる?!しかし逆立ちには危険が潜んでいる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13601
私たち人間は足を使って二足歩行することができます。

鍛えれば手を使って二足歩行することもできます。

逆立ちをして歩くことができる動物は人間ぐらいではないでしょうか?

私たち人間以外の動物も二足歩行ができます。

その代表が鳥です。

しかし、鳥は、手がないため、逆立ちができません。

また、ほかの動物として、チンパンジーやゴリラなども二足歩行ができますが、腰の形状などから、直立二足歩行はできません。

そのため、腰や背を伸ばしたり、そらせたりする逆立ちをすることは腰が伸び切らないので難しいのではないでしょうか?

ニホンザルは逆立ちができるらしいです。でも人間がする逆立ちとはどことなく違います。

人間でも逆立ちをして歩ける人はごくわずかです。

しかし、人間なら大半の人が壁倒立はできるのではないでしょうか?

僕も何もなしに逆立ちはできませんが、壁を使っての逆立ちはできます。

ちなみに、フンコロガシは逆立ちをして歩けますが、あれを人間と同じ逆立ちをして歩いていると言っていいのかわかりません。

完全に糞の補助を使っています。

さて、そんな逆立ちですが、逆立ちをすることによって何か効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

☆逆立ちをすることによって得られる効果

〇逆立ちをすると血液の循環がよくなる

逆立ちをすることで、普段は血液が循環しにくい部分にまで血液がいきわたるので、体全体の血流が良くなります。

血流がよくなることで、肩こりの解消にもなりますし、代謝がよくなることで体全体の機能改善も見込まれます。

そして代謝がよくなることで体の冷えも改善されるので冷え性の方にオススメですね。

さらに足下に滞っていたリンパ液や血液の循環がよくなり、むくみの解消にもなります。

他には、腸内が刺激されて、便秘を解消したり、筋肉を使うのでダイエット効果があったりとても逆立ちには効果があります。

〇逆立ちはストレス解消の効果がある

逆立ちをすることによって、脳に血液と酸素がいきわたり気分爽快、ストレス解消になるといわれています。

ストレスは万病の元ですので、ストレス解消になるということは、健康に良いということですね。

逆立ちはヨガみたいなものです。

〇逆立ちをすると血が頭に上ります。

私たちは常に地面に足で立った状態で生活をしています。

地面に足がくっついているということは、重力は頭の先から、足に向けて流れていることがわかりますね。

重力に引っ張られながら立っている私たちですが、体の中に流れている血液なども重力によって足に集められています。

そのため血液は常に足に集まることになります。

そして、足から頭に血液を送るために足の筋肉が必要だといわれています。

心臓から足に流れた血液が、上に上がるには、相当の力が必要なのです。

そのため足の筋肉を動かすことによって、血液を上昇させています。

しかし、足を動かしても、血液を送るのには限界があります。

そんな時に足に血液を貯める原因の重力をつかえばいいのです。

逆立ちをすることで、重力が足から頭の方向になります。

その結果体の血液が頭のほうに流れることになります。

頭に血液が流れた結果、頭に栄養素がいきわたり、脳が活性化すると言われています。

脳が活性化することで集中力と記憶力があがり、勉強にとても良いとされています。

そのため、壁倒立をしながらの暗記はとても効果があると言われています。

学生などはテスト前に、記憶力を上げるために、床に勉強道具をおいて壁倒立をしながら勉強すると良いと言われています。

頭に血が上るという言葉は悪い言葉として使われますが、脳の活性化に良いです。

勉強の際は逆立ち勉強をしてみてください。

〇逆立ちをすることで内臓の位置を正常に戻すことができる

私たちは常に重力に引っ張られています。

血液も下に引っ張られているといいましたが、内臓も重力に引っ張られています。

私たちの体にある臓器は常に下に引っ張られています。

それを筋肉などで支えてはいますが、少しだれます。

そんな時にもとに戻すために体にかかる重力の向きを逆にすればいいのです。

内臓が重力によって下に引っ張られているのなら、逆立ちをして内臓を上に引っ張ればいいという考え方です。

すべてにおいて言えることですが、本来あるべき正常の位置にあるのが一番です。

内臓の位置も正常の位置に戻してあげましょう。

正常の位置に内臓があることで体が元気になるんですね。

×逆立ちには危険性もあります。

逆立ちにはいろいろの効果がある反面デメリットもあります。

逆立ちは先ほどから、説明していますが、血液を脳に送る効果があります。

逆立ちをすることによって脳が活性化されて効果があるのですが、脳の血管に圧力がかかるために危険なことがあります。

通常の健康体の人にとって問題はありませんが、高血圧などの人は、元から血管に圧力がかかっているのと同時に、逆立ちによる運動によって血圧があがり、逆立ちによって脳に行く血液量が上がり、血圧が高くなります。

高血圧の人の脳にかかる血圧が健康の人より高くなってしまい、脳の血管が破裂する危険性があります。

逆立ちをする人は高血圧でない人におすすめです。

高血圧の人は少なからず、血管が破裂する可能性があります。

また、目にも圧力がかかることがあり、目が失明する可能性かがあります。

そのため逆立ちは高血圧の人はやってはいけません。

ほどほどに逆立ちをして、健康をめざしましょう。

逆立ちはいろいろな効果があるので、健康な人はやってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク