熱中症対策していますか?熱中症対策には水分補給も大切ですが、外に出るなら帽子も大切!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13403
皆さんは帽子をかぶることがありますか?

僕は運動をするときや日が強いときなどは帽子をかぶるようにしています。

帽子と言えば熱中症対策です。

帽子は熱中症の予防になります。

スポンサーリンク

帽子をかぶることが熱中症対策になる理由

日本では、夏になると帽子をかぶる人が多くなります。

夏になると帽子をかぶるひとが増えるのは熱中症のことを気にしているためでしょう。

帽子をかぶる理由は熱中症予防であとはほとんどかぶらないという人も多いのでないでしょうか?

僕も熱中症対策以外に帽子をかぶることはほとんどありません。

熱中症は、熱失神、熱痙攣、熱疲労、熱射病などの4種類に分かれる、主に夏に起きる症状です。

熱中症の原因は水分不足と暑さと言われています。

→ 熱中症対策になる食材さらにオリジナルジュースも紹介!夏バテ&熱中症対策!

帽子で水分については補給することはできませんが、帽子で暑さを予防することができます。

帽子の効果は頭に当たる日光を減らすことによって、頭部を熱から守ることができます。

そのため、頭に熱が伝わりにくくなり、帽子をかぶることは熱中症の予防になります。

夏になると、強い日差しのため体温調節が難しくなります。

そんな時はできるだけ体温を上げないことが熱中症の予防になり大切になります。

熱中症は死亡する可能性もある恐ろしいものです。

できるだけリスクを減らすために、帽子をかぶりましょう。

13402

熱中の対策として日光を遮断する日傘が黒色だから、帽子も黒色にしようとする人が多くいます。

僕も、小学生の時は遊びに行くときは黒色の帽子をかぶっていました。

しかし、黒色の帽子は熱中症対策に適していません。

黒色の帽子をかぶることによって、帽子に熱がたまりやすくなります。

頭の温度を上げないための帽子なのに、帽子が熱くなってしまっては頭が熱くなって意味がありません。

そのため、帽子は基本的に白または薄い色を選ぶのが普通です。

黒はおしゃれのためにえらびましょう。

黒色の帽子は熱がこもりやすくなるため、逆効果になることもあります。

黒色はできるだけさけましょう。

ちなみに熱がこもりやすい黒色が日傘として好まれる理由は、白よりも黒のほうが、紫外線を通さないためです。

日傘が黒いのは熱のことを考えているのではなく、紫外線による日焼けのことを考えているのです。

また、日傘は頭との間があるため熱の問題は帽子に比べて少ないところも黒が選ばれる理由です。

そのため夏は、暑さ対策の場合は白いで、日焼け対策やシミ、しわなどの紫外線の対策をする場合は、黒色の服になります。

よく、夏になると、黒い服で合わせるひとがいますが熱中症のことを考えると効果は期待できません。

紫外線のことを考えると効果があります。

白い服は日焼けしやすいといわれています。

色は用途によって使い分けましょう。

〇熱中症のために被るならこんな帽子

熱中症対策に良い帽子の条件があります、条件を満たせしている帽子は熱中症により効果的です。

その条件を紹介してこと思います。

その1、色が白または薄いこと

これは先ほども説明しましたが、白は熱を吸収しにくく帽子を熱くしにくいという特徴があります。

そのため帽子は白や色が薄いものを選ぶようにしましょう。

帽子を決める際にもっとも注目したほうがいいのが色ではないでしょうか?

その2、通気性が良いもの

帽子をかぶる人ならわかると思いますが、帽子をかぶっていると頭に夏がこもることがあります。

頭に熱がこもるのは良くないです。

そのため、熱や湿気を逃がしてくれる、帽子が好まれます。

通気性がいいと頭に熱がこもりにくく最適です。

帽子の通気性も見ておくとよいでしょう。

その3、つばは全体にあり広いこと

帽子にはキャップと、ハットがあります。

この帽子の違いはキャップはつばが無い、またはつばはあるが前方だけの帽子で、ハットは前後左右の帽子の周りにつばがあるものです。

最近では走っている子どもはキャップをかぶっていることが多いですが、熱中症のことを考えると確実にハットが良いでしょう。

また、つばができるだけ大きいものが熱中症対策になります。

13401

この3つに該当する帽子と言えば、麦わら帽子です。

麦わら帽子は色、通気性、つばの長さ、3種すべてが優れている帽子です。

夏に麦わら帽子をかぶるのは、とても理に適っていることだったのです。

最近男性の用の麦わら帽子は、つばがあまり大きくないものが主流になってきました。

つばが小さいのより多きほうがいいです。

しかし、つばの大きな麦わら帽子がいやならつばが小さいほうでも構いません。

小さくても麦わら帽子なら熱中症の予防の効果があります。

夏には麦わら帽子をかぶることを勧めます。

また、麦わら帽子をかぶりたくないという人が多くいますが、そういった場合はできるだけ多くの条件に該当する帽子を選ぶようにしましょう。

帽子をかぶって熱中症を予防をしてみてはいかが?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク