髪の色は、誰もがいつか白になるもの?!白髪の原因はなんなの?遺伝?老化?ストレス?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13301
日本人の髪の毛の色は一般的に黒色で日本人の黒髪は少し赤みや黄色がかっていると言われていています。

赤みがかっているなんて気にしたことがなかったですね。

気になるかた、人の髪の毛の色を観察してみてください。

黒髪はであるということはきちんと色素があるということです。

髪の色の色素がなくなってくると私たちは白髪になってしまいます。

白髪とはどういった状態なのでしょうか?

スポンサーリンク

白髪とは?

人の髪の色はユーメラニンとフェオメラニンと呼ばれる二つのメラニンがかかわっています。

ユーメラニンが濃い人は黒色になり、フェオメラニンは赤また黄色が濃くなると言われています。

この配合によって、人の髪の色が決まっています。

日本人の髪の色はユーメラニンの色が濃く、少し、フェオメラニンが含まれるため黒色に見た感じあまりかんじませんが、少し赤みがかっていると言われています。

このどちらのメラニンもなくなることによって、髪の毛の色が白くなり白髪にあります。

白髪は一般的に老化現象として起きるものです。

そのため白髪と言えば老人のイメージになります。

白髪は老人に生えているイメージですが、幼児にも白髪が生えることがあります。

日本では白髪が生えたら染める人が多いです。

特に女性は白髪を気にする人が多く白髪の人を見かけることは少ないです。

男性の白髪まじりの人は多く見かけます。

白髪になる理由

老化

白髪になる原因の一番はやはり老化でしょう。

若いときは髪に色を付ける細胞のメラノサイトがきちんと働いてくれているため髪の色がきちんとついています。

しかし年を取るとメラノサイトの働きが弱くなり、灰色の髪が出てきたり白髪になったりします。

一般的に、白髪になる年齢は遺伝的に決められていると言われています。

だいたい、30代になったころから、白髪が増え始めると言われています。

そのため、30歳過ぎてからは白髪を覚悟しなくてはいけません。

また、年齢が若い状態で時々白髪があるのは新しく髪が作られるときに、なんらかの原因でメラノサイトが配置されなかったために起きると言われています。

2,3の白髪はたまたまでしょう。

ストレス

白髪が起きる原因の一つとして、ストレスがあげられます。

髪の毛が抜けた場所から新しい髪の毛ができますが、髪の毛が抜けたあとにメラノサイトは配置されていません。

そのため、髪の毛が抜けたあとにメラノサイトを再配置する必要性があります。

この時、正常に再配置されれば、髪の毛は黒色になります。

ストレスを感じることによってメラノサイトの再配置が正常に行われることがなくなり、白髪になることがあります。

やつれた生活をしている人は髪が白髪になりやすくなるため他人からみてもやつれていることがわかるようになります。

ストレスを感じると、髪の毛が抜けます。

そして、そこから生える新しい髪の毛は白髪になります。

そのため、抜けて髪の量が少なく新しく生えるのは白髪のため、髪が少なく白髪であるように見えます。

ストレスを感じると一日で白髪になるといわれることがありますが、髪の毛は爪などと同じで痛覚もなく、ただの死んだ細胞の塊であるため活動は行っておりません。

そのため、髪の毛から一気にメラニンが抜けることはありまえません。

だから恐怖で一瞬で白髪になるということはありませんし、髪の毛は一日で白髪になりません。

白髪にならないようにするためにはストレスを予防することも大切です。

ストレスは円形脱毛症などの原因にもなります。

栄養不足

寝ている間の私たちは、痛んだ体を修復します。

体の修復には頭皮の細胞なども含まれています。

また、睡眠中は頭皮に栄養がいっているため睡眠が少なくなると、頭皮に栄養がいかなくなりメラノサイトの機能がおち白髪になることもあります。

頭皮に栄養を与えるのは運動することも大切で運動をすることによって血流が良くなり、頭皮に栄養がいきわたりやすくなって白髪を予防してくれます。

そのため、運動不足の人は白髪になりやすくなります。

また、食事のことも関係してきます。

老化などによる、白髪を防ぐ効果はあまりないとされていますが、栄養不足によりなる白髪はワカメや昆布などに関係がると言われています。

できるだけ遅く白髪になりたいのであれば、頭皮の栄養のことを考えることも重要です。

遺伝子の異常

アルビノという言葉を聞いたことがあるだろうか?

アルビノは遺伝子の異常で人間では2万分の1の確率で生まれてくる、極端にメラニンが少ない、またメラニンのない生き物のことです。

アルビノ人の髪の毛は個人差がありますが、少し黄色味がかった白か白髪です。

アルビノで生まれてきた人の肌の色は、白で白人より白いと言われています。

また、黒人の中で生まれることもあり、黒人でも色が白くなります。

また、日本人にもアルビノの人はいます。

アルビノ患者の色素の量はある程度の個人差があります。

目の色素の色が薄いほど、視覚障害がおこりやすいと言われています。

ちなみに、目の色は青色から、白に近くなり、もっとも色素が薄くなると目が赤くなります。

青色はある程度の色素があり、そこから少しずつ白に近くなりますが、ある一定を超えると赤色の目になります。

これは色素がないため透明になり、下の血液の色が見えるためです。

赤色の目は目の障害がおおくなります。

このようにアルビノの人は全身が白色のため髪の色も白くなります。

白髪になる原因はいろいろあります、ストレスや睡眠不足、栄養不足などで白髪になる可能性があるってことですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク