あせもは「3種類」あった!体を清潔に保って「あせも」を予防!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あせも
夏になると汗をかきますよね。

汗をかくと、首や、ひざ裏、ひじ裏、脇などにあせもができてしまうことはありませんか?

意外に知られていませんが、あせもは、汗疹(かんしん)とよばれ3種類あります。

汗疹と書いて「あせも」とも読みます。

スポンサーリンク

あせもの種類

あせもは汗をかくことによりおこる炎症ではなく、あせもは、大量に汗をかくことによって汗腺がつまり皮膚表面に汗が排出されずに起きるものです。

あせがつまる深さによって、あせもの種類が分類されます。

水晶性汗疹・紅色汗疹・深在性汗疹の3種類あるのです。

〇水晶性汗疹

皮膚表面にもっとも近い部分にできる、あせもを水晶性汗疹と言います。

水晶性汗疹は角層と呼ばれる肌の表面で、汗がとまります。

そのため、角層の薄い膜がふくれて、水ぶくれができます。

この水晶性汗疹の特徴は、あせもが白く、かゆみをほとんど感じないところにあります。

この水晶性汗疹ですが、肌に小さな水ぶくれが起きる以外にかゆみなどの症状もなく肌を清潔に保つことによって1日や2日放置しておくとすぐに治ってしまいます。

また、水ぶくれがつぶれてもほとんど問題がありません。

そのまま放置することが一番の対処法になるのが、水晶性汗疹の特徴です。

もし、心配であれば病院に行ってもといいですが、シャワーなどをあびて汗はこすらずにやさしくタオルでふくことが推奨される程度でおわるでしょう。

また、水膨れが悪化する場合は細菌の侵入やほかの病気の可能性があるため、病院に行ったほうがいいでしょう。

あせもが疑われるばあは清潔に保ち、様子を見ましょう。

夏に汗をかいて、皮膚表面にかゆみのない、水ぶくれができても水晶性汗疹であればそれほど気に必要はありません。

〇紅色汗疹

角層よりは奥の表皮の中にできる汗疹を紅色汗疹といいます。

私たちが一般にあせもと呼ぶのはこの紅色汗疹になります。

紅色汗疹は赤色のぶつぶつが皮膚表面にできるあせもになります。

水晶性汗疹とは違い赤くなり、かゆみが伴うため違いはすぐにわかります。

汗を排出することができずに、炎症をおこします。

この紅色汗疹は服がこすれている部分にできやすいと言われています。

綿などの肌にやさしい服を着るとよいでしょう。

紅色性汗疹はかゆみが強く、かいてしまうと、皮膚に細菌が入って炎症がひどくなったり、傷痕がのこったりするため、かゆいのは我慢する必要性があります。

また、アレルギー症状をもっている人はかゆみが強く出る傾向にあります。

特にアレルギーをもっている人は注意しなくてはなりません。

紅色汗疹になった場合は、基本的に薬をぬってかゆみを和らげ、早く治すことが大切です。

紅色汗疹はできるだけ体をかかない環境を作ることが大切になります。

体をかくことがなく、汗をかいたら、タオルふく、シャワーを浴びて清潔に保つなどきちんと対処をしていれば、紅色性汗疹は自然に治ります。

症状がひどい、かゆくてかいてしまうなどの自分で治すことが難しそうなときは一般的にステロイド剤を使用します。

ステロイド剤は強さがあります。

weak(弱い) medium(中程度) strong(強力) very strong(かなり強力) strongest(もっとも強力)などの種類があります。

あせもの場合はvery strong、strongestを使うことはありませんが、年齢や症状により、使うステロイド剤が違います。

年齢が低いほど、弱いものを使い、年齢が上がるほど強いものを使います。

また、症状によっては、低いものでも大丈夫な場合や、強いもののほうがいい場合もあるため、基本的は薬局にいき薬剤師に相談するか、医師に見てもらいどのぐらいの強さのステロイドが教えてもらったほうがいいでしょう。

自己判断をする場合は、乳幼児はweak 小学生くらいから、medium 中学生以上はstrongを使うとよいでしょう。

また、症状がひどくない場合は、一段かい下げる。

症状があまりにもひどい場合は一段かい上げます。

症状がひどくてもstrongより上にあげることは推奨しません。

strong以上にする場合はやはり医師に相談することをおすすめします。

ステロイド剤は塗る場所によって、吸収率が違いますのでできれば薬剤師などの相談することをおすすめします。

〇深在性汗疹

最後にもっとも深い部分にできるあせもを紹介します。

もっとも深い部分にできるあせもは、深在性汗疹とよばれ、紅色性汗疹にあったかゆみや赤いぶつぶつが現れなくなります。

深在性汗疹は深いところで汗が止まっているため、皮膚表面では平らな湿疹ができます。

深在性汗疹はあせものなかで最もひどい症状で、熱中症の原因にもなります。

深在性汗疹はあせもだけの症状ではなく、倦怠感や疲労感などほかの体の症状がでます。

これは、過酷な環境のなかで汗をかくことができず、体温調節がうまくいかなくなっためで、重症のあせもになります。

この症状がでると、体温調節がうまくいっていないため、涼しい部屋に移す必要性がでてきます。

日本では深在性汗疹が起こることはほとんどありません。

深在性汗疹は、高温多湿で、汗を常にかいている環境でなります。

おもに、熱帯地方で起きる病気で日本ではあまり関係はありませんが、もし日本でなった場合はすぐに、体を冷やすなどの対処をしながら、病院にいきましょう。

あせもの予防方法

あせもの原因は汗をかくことにより、汗の出口がふさがれて起こるものです。

あせもにならないためには、汗をかかないことが一番大切ですが、夏場に汗をかかないということはできません。

そのため、あせものにならないためには、こまめに汗を拭いて、体を清潔に保つことが大切です。

汗をかいたまま放置をしておくと体が衛生的ではなくなり、汗腺がふさがれてしまうことがあります。

そのため、夏場は汗をかいたら放置をせずに、タオルでふく、シャワーを浴びることができるなら浴びることが大切になります。

しかし お風呂で湯船につかって汗をかくと逆効果ですので、注意しなければなりません。

肌を清潔に保って、あせもを予防しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク