腸管出血性大腸菌(O157)はいったいどこからやってくるの?どこを注意するか紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食中毒の原因菌の中で最もよく知られている物といえば、腸管出血性大腸菌(O157)だと思いますが、O157は一体どこに生息しているのか知っているでしょうか?

大腸菌は、動物の腸管の中に住みついている細菌で、人の大腸の中にも多くの大腸菌が生息しいます。

多くの大腸菌は無害であるか、調子が悪いと下痢を起こす程度ですが、大腸菌の中にも下痢や腹痛、腸管出血病原性の強い大腸菌もいます。

大腸菌の中でも特に病原性を強い物を、病原性大腸菌といい、最もよく知られているのが、O157になります。

〇病原性大腸菌O157は牛の腸内に生息している!

O157は牛の腸内の中に生息している病原性大腸菌で、牛に対する病原性がほとんどないといわれており、牛がO157が保菌してもわかりません。

また、O157は牛の腸内や糞便に住んでいますが、お肉を加工する際に、大腸菌が飛び散ってしまうため、お肉も大腸菌に汚染されている可能性があります。

そのため、料理店では牛肉の内臓は生で提供することは禁止されており、生肉も規制が厳しくなっています。

自分の家で生のお肉や内臓を食べるのも食中毒の危険性がありますので、止めておいた方がよいでしょう。

馬のユッケや鳥のレバーなどが飲食店で提供されることがありますが、馬や鳥の腸内には、O157が生息していないため、安全性が高いためです。

ただし、馬や鳥だから絶対に安全というわけではありません、調理行程や加工中にO157に汚染されて、食中毒を起こしてしまうことが稀にあります。

牛肉に比べて安全性が高いですが、食中毒の危険性もありますので、できれば加熱したお肉を食べることをお勧めします。

〇井戸水にも注意しましょう!

O157は、牛の腸内に生息していることが知られていますが、井戸の中にも生息していることがあります。

不用意に井戸水を飲んでしまうと、食中毒になってしまうこともありますので、飲料が可能であるかしっかり確認しましょう。

井戸水はO157だけではなく、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの原因になることもある、ピロリ菌が生息していることもあります。

また、しっかり加熱すれば、O157もピロリ菌の感染も減らすことができますが、井戸水は不用意に飲まないようにしましょう。

〇食品が汚染されないように注意しよう

O157が牛肉を食べることによって感染することが多いですが、牛肉に付着したO157が他の食品についてしまうことがあります。

生肉を調理した後のまな板には、O157が付着していることがあり、そのまま野菜をきってしまうとO157が野菜に付着します。

野菜を炒め物にするのであれば、火が通りますので死滅しますが、サラダの場合はO157が死滅しません。

野菜を先に調理をして、お肉を調理することで野菜にO157が付着するのを予防できます。

また、野菜とお肉で調理する面を変え、お肉を調理した後は、まな板に熱湯をかけて加熱殺菌するのも有効です。

調理をする際には、お肉を生で触ることもありますが、お肉に触れると手にもO157が付着しますので、お肉を調理した後には手をしっかり洗いましょう。

さらに、焼肉やすき焼きなどの時にもO157に注意しなくてはいけません。

焼肉、すき焼き、水炊きなど加熱するためお肉のO157は死滅しますが、調理に使用した箸にO157が付着しています。

鉄板や鍋で牛肉を使用する時には、生肉を持つ箸と、食べるための箸を使い分けるようにしましょう。

〇家族間で感染することもあるので注意

O157が人に感染すると、嘔吐物や、便からO157が排出されます。

家族にO157に感染した人がある場合には、家族間で感染してしまうことがないように注意しましょう。

嘔吐物は、ゴム手袋をして直接触れないようにし、嘔吐物や便に触れた時にはしっかり手を洗って消毒をしましょう。

また、タオルを共有で使用しない、お風呂の際には患者が最後に入るなど、対策を取ることをお勧めします。

O157は、感染すると場合によって死亡することもありますので、しっかり予防する事が大切になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク