秋から冬は気分が落ち込みやすくなる!?しっかり日光を浴びて運動をしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好きな季節として秋をあげる人は多いですが、実は秋は気分が下がりやすくなる季節でもあります。

寒くなるにつれて気分が下がってしまい、なんだかやる気がでないと感じることはありませんか?

夏は元気だったのに秋が近づくほどに気分が落ち込んでいき、春の温かくなることに気分が回復していく状態を季節性うつ病という事もあります。

なぜ、秋になると元気がなくなってしまうのでしょうか、秋に気分が落ち込んでしまう現認を知って予防しませんか?

〇実は日照時間が気分と関係がある

秋に気分が下がってしまう大きな原因は、夏に比べて日照時間が少なくなってしまうことにあると言われています。

日光にはセロトニンの分泌を促す作用があり、セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれてと心を安定させて、幸福感を得られる効果があります。

日差しが強く日照時間が長い夏は、セロトニンが分泌されやすいので気分が落ち込みにくいのです。

対して日照時間が減少する秋はセロトニンの分泌量が減少してしまい、気分が落ち込んでしまう原因にもなってしまいます。

なんとなく、秋になると気分が落ち込むという人は、日光を浴びる量が少なくなっているのが原因かもしれません。

そして、日照時間が長くなりはじめる春になると、セロトニンが分泌されやすくなるため、気分が回復していくのです。

心の風邪と言われることもある、うつ病はセロトニンの分泌量が減少することが原因の一つだと言われています。

秋や冬は日照時間が短くなり、日差しも弱くなりますので、積極的に日光を浴びてセロトニンを分泌させることが大切になります。

特に朝に日光を浴びると良く、朝日は体内時計をリセットしてくれ、目を覚まし、元気を出やすくなります。

また、日光浴はセロトニンの分泌だけでなく、ビタミンDの合成にも必要なので、日ごろから日光を浴びるようにしましょう。

〇運動をすると気分が回復します!

秋は「スポーツの秋」と言われることもありますが、気分が落ち込みやすい秋には、運動をすることがおすすめです。

人は運動をすると脳内から神経伝達物質の一種である「β-エンドルフィン」という物質を分泌されます。

「β-エンドルフィン」は鎮痛作用や多幸感をもたらす作用があり、脳内麻薬とも言われることもあります。

脳内麻薬と言われる恐ろしいですが、運動をした時には自然に出る物質であり、気分を改善に効果があります。

そのため、気分が落ち込みやすい秋や冬は、運動をして「β-エンドルフィン」を出すことをおすすめします。

また、ウォーキングやランニング、ラジオ体操などのリズム運動は、セロトニンを分泌にも役立つと言われています。

気分が落ち込んでいるのは、運動不足が原因になっているかもしれません、少しでも良いので運動をしませんか?

20分の運動がその後の12時間の幸せを生むといわれており、少し運動だけでも気分には大きな違いが出てきます。

生活習慣病の予防にもなりますので、日常的な運動を欠かさないようにしましょう!

〇会話やマッサージをするとオキシトシンが分泌される!?

友人や家族と会話をしたり、マッサージをしあったりすると、愛情ホルモンともいわれる「オキシトシン」と言われるホルモンも分泌されます。

オキシトシンは、ストレスを緩和する作用や恐怖心を減少させる作用があり、気分の落ち込みを改善し、幸せな気分をもたらしてくれます。

また、人と触れ合う以外にペットと触れ合う時にも、オキシトシンが分泌されますので、気分が落ち込んでいる時には、ペットと触れるようにすると良いでしょう。

ペットを飼っていなくて触れることができないという人は、ぬいぐるみと触れ合う事でもオキシトシンが分泌されます。

ぬいぐるみを抱きしめながら、はなしかけるとストレスを緩和することができますよ。

さらに、人と電話をする時に抱きまぐらを抱いて電話をすると、肌が刺激されてオキシトシンの分泌量が増加するとされています。

落ち込んでいる時には、抱き枕を抱いて電話することをおすすめします。

秋や冬は日照時間が減少して、どうしてもセロトニンの分泌量が減少してしまいます、運動したり、人や動物、ぬいぐるみと触れ合ったりして、気分を落ち込ませないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク