健康食品や美容品などで目にすることもある「ペプチド」は健康に良い物なの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康食品や美容品に「ペプチド」と書かれている商品を見かけることがありますよね、気になっている人はいませんか?

何となく、ペプチドは健康に良い物質なのだろうと思っている人も多いでしょう、一体ペプチドは、どんな栄養素なのでしょうか?

健康のために使用するなら、ペプチドが一体どんな栄養素なのか知っておきたいですよね。

ペプチドが一体どういった栄養素なのか紹介したいと思います。

〇ペプチドはアミノ酸が結合したもの!?

ペプチドは、2個以上のアミノ酸が結合してできた物質の事で、2~10個程度の少ないアミノ酸が結合した物をオリゴペプチドと言い、10個以上の多数のアミノ酸が結合した物をポリペプチドと言います。

さらに多くのアミノ酸が結合するとタンパク質になり、タンパク質は小さい物で50個のアミノ酸が結合し、大きなものでは1500個のアミノ酸が結合してできています。

つまり、健康食品や美容品などで「ペプチド」と書かれている商品は、たんぱく質を分解して小さくしたペプチドが含まれているわけです。

アミノ酸とペプチド、タンパク質の違いはわかったと思いますが、ペプチドとたんぱく質では一体なにが違うのか気になりますよね。

〇ペプチドはたんぱく質よりも吸収しやすい!

三大栄養素と言われているタンパク質ですが、そのままの大きさでは大きすぎるため吸収することができません。

そのため、タンパク質は体内でアミノ酸に分解されてから、吸収されることになります。

ペプチドもたんぱく質と同様に、アミノ酸に分解されて吸収されますが、タンパク質に比べて、アミノ酸の結合数が少ないためアミノ酸に分解される速度が速く、吸収しやすくなっています。

つまり、ペプチドが含まれている健康食品は通常のたんぱく質に比べて、素早く吸収することができるところが優れているのです。

アミノ酸は体の至るところに含まれており、筋肉や肌、髪、爪、骨と体を作るために必要な栄養となります。

アミノ酸が不足すると肌がカサカサしたり、髪の艶が無くなります、アミノ酸が不足していると感じていると人がペプチドを取ると良いでしょう。

また、アミノ酸は筋肉を作るために必要な物質です、ペプチドはたんぱく質に比べて吸収しやすい物質であるため、運動後の素早くアミノ酸を吸収したい時に有効でしょう。

ペプチドが健康食品に使用されるのようになったのは、アミノ酸の効率良く吸収することができるためでしょう。

また、ペプチドは種類が多く存在しており、含まれているアミノ酸の種類や量には違いがあります。

ペプチドが含まれる健康食品を摂取する場合には、目的や栄養バランスを考えて摂取するようにしましょう。

〇なぜ化粧品に使用されているの?

化粧品に良く使用されていることも多いコラーゲンは、たんぱく質の一種です。

化粧品にコラーゲンを使用されているのは、コラーゲンには保湿性があるため、肌の水分を逃がさないようにするためです。

そんな保湿性のあるコラーゲンですが、たんぱく質だとサイズが大きいため、肌に浸透しにくいと言われています。

対して、ペプチドならアミノ酸の結合が少ないため、肌に浸透しやすく保湿性が高いと考えられて化粧品に使用されることが多くなっています。

コラーゲンは保湿作用があり表皮を潤す作用があると言われています、皮膚から吸収されて皮膚の中で利用される可能性は低いと言われています。

また、コラーゲンを食べる事によって美肌効果があると言われていますが、体内でアミノ酸に分解されてしまいますので、どれほど美肌に効果があるかは実際にはわかっていません。

美肌を保つためには、コラーゲンを摂取することも大切ですが、ミネラルやビタミンなども肌を作るために必要になります。

アミノ酸が不足していると感じる人は、ペプチドが含まれている健康食品を摂取してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク