ガンを発症すると血栓が出やすくなる!?ガン患者が発生しまうトルーソー症候群とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の2人に1人が発症するといわれているガンですが、ガンが進行すると血栓症になりやすくなるといわれています。

血栓症とは、血液成分の塊によって血管を塞いでしまう病気の事で、脳で詰まれば脳梗塞、心臓の血管がつまれば心筋梗塞、肺に詰まると肺塞栓症になり、死ぬこともある恐ろしい病気です。

このような、ガンを発症することによって発生してしまう血栓症をトルーソー症候群といいます。

ガンとトルーソー症候群には一体、どんな関係があるのでしょうか?

○トルーソー症候群に死亡してしまうこともある!

ガンの合併症の一つとして知られているトルーソー症候群は、ガン細胞によって発生する、サイトカインやムチンといった物質が血管の壁を傷つけたり、血液の粘性を高めたりすることによって、血栓ができやすくなる為に発生するといわれています。

トルーソー症候群によって脳梗塞を発症してしまい、ガン患者が突然死してしまうこともあります。

また、ガンの発症に気づく前にトルーソー症候群によって発生する、脳梗塞によって死亡してしまうケースもあります。

トルーソー症候群によって発生する脳梗塞や下肢血栓の発症が、ガンの発見につながることがあります。

脳梗塞には、前兆がある場合もあります、手足や顔が麻痺する、ろれつが回らない、良く躓く、めまい立ちくらみを良く起こすようになったなどの症状がある場合には、病院に受診して検査を受けましょう。

脳梗塞の前兆を発見することが、ガンの発見につながる可能性があります。

また、足に血栓が発生してしまう下肢血栓もトルーソー症候群が原因になっていることがあります、原因がわからないのに、むくみ、痛み、青白くなるなどの症状が出てしまいる場合は、下肢血栓の可能性があります、早めに病院に受診してみましょう。

そんな、ガンによって発生しまうトルーソー症候群が発生しやすいガンは一体なんなのでしょうか?

○特に血栓になりやすいガンとは!?

トルーソー症候群はどんなガンでも発生する可能性がありますが、特に女性が発症しやすい乳ガン、子宮ガン、卵巣ガンに伴って発症しやすいとされており、女性に発生しやすいといわれています。

そのほかにも、肺がん、消化器ガン、前立腺がん、腎臓がんに伴って、発生することが知られています。

どんなガンであってもトルーソー症候群には注意しないといけませんが、女性に多い乳・子宮・卵巣ガンが発症した場合には、よりトルーソー症候群に注意しないといけませんね。

また、ガン検診を行い早期にガンを発見することが、トルーソー症候群の予防になります。

30~40代から子宮がん、乳がんの発症率は高くなります、定期的ながん検診を受けてガンを早期発見を心がけましょう。

さらに、乳がんは自分で胸を日頃から触診しておくことで、早期の発見につながるとされています、胸にしこりがあるなど、気になる症状がある場合には婦人科に受診するようにしましょう。

○血栓症の発生を高めてしまう原因

ガンを発症すると、サイトカインやムチンによって血栓症を発症しやすくなりますが、高脂血症、動脈硬化、高血圧などを症状がある人は、より血栓症に注意しないくてはいけません。

高脂血症は、血液を粘性を増してしまう原因となるため血栓症を発生やすくなり、動脈硬化や高血圧は、血管の壁を傷つける原因となり、血液成分を固まるのを誘発してしまいます。

ガンを発症してから、高脂血症、動脈硬化、高血圧の予防するのではなく、ガンを発症する前に予防しておきましょう!

高脂血症や動脈硬化、高血圧はガンに関係なく、血栓症の発生を誘発させてしまう原因と鳴ります。

脂質や糖質の摂り過ぎを注意して野菜や魚介類を摂取してバランスの良い食事を心がける共に、運動を行い体の脂肪を燃焼させましょう。

また、高脂血症、動脈硬化、高血圧はガンの発症の原因になるともいわれています、生活習慣を見直しましょう!

ガンも怖いですが、ガンによって発生する合併症であるトルーソー症候群も怖いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク