ブロッコリーの健康効果!?ブロッコリーとカリフラワーは似ているけど関係あるの?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10801
ブロッコリーは他の野菜とは違う形と味をした野菜だと僕は日々おもっています。

普通、野菜は草の部分を食べることがおおと思いますが、ブロッコリーは花になる部分を食べているんです。

ブロッコリーは花の部分を食べるから独特の形と味をしているんじゃないかとおもいます。

また、その独特の味や食感が嫌いと言う人もいます。

和名を芽花野菜(メハナヤサイ)または緑花野菜(ミドリハナヤサイ)といいます。

完全に花を食用にしている雰囲気の野菜ですね。

ブロッコリーの見た目は花に見えないと思います。

それは花が咲く前の蕾の状態で収穫しているからです。

収穫せずにおいておくと、黄色やクリーム色の鼻が咲くようです。

スポンサーリンク

ブロッコリーの健康効果

生のブロッコリーはレモンの2倍ビタミンCを含んでいるといわれているぐらいビタミンCを含んでいます。

ビタミンCは抗酸化作用があり、活性酸素を除去して細胞を守り肌を守る作用があります。

ビタミンCはコラーゲンを作る働きもあり、ビタミンCが不足するとコラーゲンが不足して肌のボロボロになったりする症状が現れます。

ビタミンCは熱に弱く熱を加えると減少してしまいます。熱を加えた方が好きと言う方もいるかもしれませんが、生で食べるとビタミンCが多いです。

ブロッコリーは緑黄色野菜に分類されます。

緑黄色野菜はβカロテンが多い食品のことです。

つまり、ブロッコリーはβカロテンが多いです。

βカロテンは視力を正常に保つ働きがあります。

βカロテンを摂取することによって美肌効果やガン予防効果も期待できます。

βカロテンは体の中でビタミンAに変換されて皮膚や粘膜の保護に役立つとされています。

ブロッコリーは美容にもいいのです。

ブロッコリーはビタミンとミネラルを豊富に含んでいます。

ビタミンB1、B2、カリウム、リンなどを豊富に含んでします。

カリウムはナトリウムを体外に排出してくれる作用があるため、塩分過剰が原因で起きる高血圧を予防してくれます。

ブロッコリーは食物繊維が豊富です。

そのため、便を排出する力を助けてくれる作用があります。

便秘が気になったかたはこちら→便秘で困っていませんか?辛い便秘で悩んでいる人は便秘の原因を知り便秘を改善!

聞いたことがないかもしれませんが、ブロッコリーにはスルフォラファンがふくまれています。

スルフォラファンは体を守ってくれる酵素です。

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンですがもっとも量が多いのはブロッコリーの新芽の状態のブロッコリースプラウトが多いとされています。

ブロッコリースプラウトはカイワレ大根みたいな感じです。

スルフォラファンは解毒、抗酸化作用、花粉症予防、ピロリ菌除菌などの効果があると注目されている酵素です。

ブロッコリーもいいですが、ブロッコリースプラウトもどうでしょうか?

ブロッコリースプラウトとカイワレ大根の見た目はほとんど同じです。

ブロッコリースプラウトの方が甘味でカイワレ大根が辛味と言われています。

ブロッコリースプラウトの方が甘いわけです。

カイワレ大根の変わりにブロッコリースプラウトを一度使ってみてはどうでしょうか?

僕はサラダを食べるときにカイワレ大根だとおもったら、ブロッコリースプラウトだったことが何度かあります。

気づかないくらいですから、それほど気にすることはありません。

ブロッコリースプラウトにしてみてはどうでしょう。

カリフラワーとブロッコリーは似てるけど関係があるの?

ブロッコリーとカリフラワーって似てますよね。

ブロッコリーとカリフラワーとは近縁種で、どちらもアブラナ科の植物です。

カリフラワーの方が日本に最初に来たといわれていて、日本では最初はカリフラワーのほうが多く食されていましたが、のちにブロッコリーが追い抜いたという背景があります。

カリフラワーの方が先に日本にきたことが和名からも読み取れます。

カリフラワーの和名は花野菜(ハナヤサイ)それに対して、ブロッコリーは緑花野菜です。

もし日本にブロッコリーの方が先に来ていたら、ブロッコリーが花野菜でカリフラワーが白花野菜だったことでしょう。

1987年にブロッコリーの輸入量がカリフラワーを追い上げため、僕は生まれたときにはすでにブロッコリーの方が多かったため勝手にカリフラワーはブロッコリーよりあとに日本に来たものだと思っていました。

1980年代前後でブロッコリーとカリフラワーの印象が違うかもしれません。

ちなみに、カリフラワーの方が先に日本にきて食用にされていましたが、キャベツからブロッコリーができて、ブロッコリーからカリフラワーができたといわれているため、カリフラワーからブロッコリーができたわけ

ではなく、ブロッコリーからカリフラワーができたのです。

昔はブロッコリーよりカリフラワーの方が輸入量が多かったですが、平成20年にはカリフラワーの輸入量23000トンにたいしてブロッコリーの輸入量145000トンと約7倍も差をつけている。
ブロッコリーの大逆転ですね。

僕はどちらかというとブロッコリーの方が好きですかね。

皆さんはブロッコリーとカリフラワーどちらがすきですか?

ブロッコリーを食べて健康になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク