蚊に刺されないようにするためにはどうすれば良いの?蚊の習性を知って予防しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蚊に刺されてしまった経験は誰ででもあるとおもいます、刺されると痒いですよね。

刺されると痒くなるので刺されるのが嫌いという人が多いでしょう、私も蚊に刺さたくありません。

そんな、できれば蚊に刺されたくない蚊ですが、習性を知ることによって蚊に刺されにくいと言われています。

虫よけスプレーで蚊を予防することも大切ですが、蚊の習性を学んでみませんか?

〇蚊はどうやって人を感知しているの?

どこからともなく表れて、手や足を指してくる蚊ですが、適当に飛んでぶつかり、吸血しているわけではありません。

実は動物の場所を感知する方法を持っており、二酸化炭素、熱、臭いで動物を見つけて飛んできています。

そのため、呼吸が激しい人や、体温が高い人、蚊が好む臭いを発している人は、蚊に発見されやすく、刺されやすくなります。

また、蚊を捕獲する時には、蚊が二酸化炭素を感知する能力を逆手にとって、ドライアイスを利用することがあります。

私たちも、蚊の習性を利用して蚊に刺されるのを予防しませんか、また蚊に刺されやすくなる行動を覚えておきましょう。

〇体をしっかり洗うと蚊に刺されにくい!

蚊が二酸化炭素や、熱、臭いで動物を探しているのは、わかったと思いますが、二酸化炭素の排出量や、体温をコントロールするのは難しいですよね。

そこで、蚊に刺されたくない人は、体を清潔に保つことが大切です、蚊は動物の臭いを感知するので、体を清潔することで蚊に刺されにくくなります。

特に、足が蚊に刺されやすい部位を清潔に保つが大切であり、外に出る時には、石鹸で足をしっかり洗っておくと、蚊に刺されにくくなるといわれています。

また、アルコール消毒も有効で、外出前に足を洗う余裕がない人は、アルコール消毒液を足に塗るだけで、蚊に刺されるのを予防することができます。

そのほかには、ハッカ油や、ヒノキ油、シトロネラ、レモングラスなどの臭いは蚊が嫌がるため、吹きかけると有効です。

ただし、発揮して臭いが薄くなると、蚊が寄ってきますので、こまめに吹きかけるようにしましょう。

足を洗った後に、虫よけスプレーを吹きかけるのも、予防になります。

〇明るい色の服をきたほうが良い!?

蚊は暗い色の服によってきやすいため、暗い色の服を着ていると蚊が寄ってきやすくなります。

また、蚊の色覚は人のように鮮明ではなく、白と黒の2色で判断しているため、黒以外では青や赤といった濃い色も刺されやすくなります。

蚊に刺されたくという人は、白や黄色といった明るい色の服を着て外に出かけると良いでしょう。

また、袖の長い衣類を着用して、肌を見せないようにすること、蚊は人を刺しにくくなりますが、蚊が刺せないわけではありません。

ジーパンなどの硬い生地の服を着用していても、蚊に刺されてしまうことがあります。

虫よけスプレーなどをしようする場合には、露出している手や足の部分に使用することが多いですが、服にもかけておきましょう。

虫よけスプレーをした場所は刺されなかったけど、服の上から刺されてしまうことが、稀にあります。

長袖は刺される可能性も少なからずありますが、予防効果はあるので、蚊に刺されたく人は長袖を着用すると良いでしょう。

〇お酒を飲むと蚊に刺されやすくなる!

蚊は二酸化炭素と、体温でも動物を感知しているため、体温の上昇と呼吸が速くなってしまうお酒は、蚊に発見されやすくなる原因です。

また、お酒と同様に呼吸が速くなり、体温も高くなる運動も蚊が発見しやすくなる原因となります。

走っていると蚊は寄ってこなさそうですが、走ると蚊は発見しやすくなりますので、刺されやすくなります。

蚊に刺されやすくなるのは、飲酒や運動だけでなく、妊婦も蚊に刺されやすくなるとされています。

妊婦は、基礎体温も上がりますし、胎児のためにより多く、二酸化炭素を多く排出するので、蚊に刺されます。

さらに、蚊は危険なウイルスの媒介生物であるとことが知られており、場合によっては胎児に影響が出ることもあります。

蚊が危険なウイルスを媒介する危険性は低いですが、念のために妊婦は蚊に刺されないように十分に注意しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク