砂糖の代わりにオリゴ糖を使ってみる?!オリゴ糖は糖分なのに健康に良い?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖分のとり過ぎは、肥満や糖尿病、脂質異常症、高血圧など原因になることが知られており、糖分の摂取は注意した方がよいといわれています。

日頃から、糖分をとり過ぎてしまわないように、食生活を注意しているという人も多くいるでしょう。

そんな、摂取量に注意したい糖分ですが、「オリゴ糖は健康に良いので摂取しましょう!」といわれることがあります。

糖分なのに、健康に良いというのは一体どういうことなのか、気になりますよね、オリゴ糖が健康に良い理由を知りましょう!

〇オリゴ糖の一体どこが健康に良いの?

糖分であるオリゴ糖が健康に良いといわれ理由は、消化がしにくいため小腸で吸収されず、大腸まで糖分が届く所にあります。

私たちに摂取することが多い、ショ糖、果糖、ブドウ糖といわれる糖分は、吸収をしやすい糖分であり、小腸で吸収されてしまいます。

オリゴ糖は、構造が複雑であるため、分解や吸収されずに大腸まで届くことによって、腸内細菌の餌になり、腸内細菌のバランスを整える作用があります。

腸内細菌は健康と非常に関係があり、腸内環境のバランスが崩れてしまうと、下痢や便秘の原因になります。

オリゴ糖を摂取することで、下痢や便秘を改善が期待でるのです。

また、腸内細菌は免疫力とも関係があり、腸内に侵入してくる病原菌を定着しにくくしたり、免疫細胞を活性化させて風邪をひきにくくします。

さらに、栄養の吸収を助けてくれたり、人に必要な栄養素を合成してくたり、老化や肥満の予防をしてくれています。

オリゴ糖が健康に良いといわれるのは、腸内細菌の餌となり、バランスを整えてくれるからなのです。

〇オリゴ糖はカロリーも少ない!

糖分はカロリーが非常に高く、肥満の原因になることが知られていますが、オリゴ糖はカロリーが少ない糖分なのです。

オリゴ糖のカロリーが少ない理由は、腸内細菌の餌になってしまうか、便と一緒に排泄されてしまうことが多いため、栄養として吸収されないためです。

オリゴ糖は、カロリーを多く摂取したくない人でも、摂取しやすいですね。

ただし、オリゴ糖は全くカロリーがないというわけではありません、とり過ぎには注意しましょう。

また、オリゴ糖は吸収がしにくい糖分であるため、吸収速度が緩やかで、血糖値が急激に上昇するのを抑える効果もあります。

砂糖などの変わりに使用すると、カロリーも抑えられて、腸内細菌のバランスも整えることができるのでお勧めです。

健康のことが気になるという人は、オリゴ糖を摂取してはどうでしょうか?

〇オリゴ糖の過剰摂取はお腹がゆるくなる原因!?

オリゴ糖は腸内細菌のバランスを整えることによって、下痢や便秘を予防してくれる効果があります。

しかし、消化がしにくい成分であるため、大量に摂取するとお腹がゆるくなってしまうことがあります。

お腹がゆるくなってしまう場合には、摂取量を減らすことで改善できます、お腹が緩くなるのが心配な人は、始めは少なめで使用し、徐々に増やしていくと良いでしょう。

商品によっては目安が記入されていることがあります、目安に合わせて使用すると、お腹がゆるくなりにくいでしょう。

また、1度に大量に摂取するとお腹がゆるくなりますので、1日に摂取量が同じでも、数回にわけて摂取することをおすすめします。

人によってお腹がゆるくなるのは個人差があります、もともと胃腸の弱い人や子どもは、お腹がゆるくなりでしょう。

家族の調子を考えて、オリゴ糖の量を調節するようにしましょう!

〇オリゴ糖は赤ちゃんに与えても大丈夫?

オリゴ糖を赤ちゃんに与えても問題はなく、便秘を解消してくれる効果があるといわれてういます。

しかし、大人と同様に大量に与えると下痢をしてしまうことがありますので、健康に良いからといって与え過ぎないようにしてください。

また、製品によって人工甘味料が多く含まれている物や、ショ糖(砂糖)が多く含まれる物があります。

オリゴ糖は健康に良いといわれていますが、赤ちゃんに与える場合には、成分や量を考えてから与えるようにしましょう。

オリゴ糖は、腸内細菌のバランスを整える作用がありますので、ぜひ皆さんも摂取してみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク