目に痛みを感じた時の対処方法!目の痛みはどんな病気の疑いがあるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「目が痛い!」と感じたら皆さんはどんな対応するでしょうか、ちょっと様子をみてみるひともいれば、目薬をさしておこうと考える人もいるでしょう。

目がズキズキする、目がチクチクする、目の痛い、目が開くと痛いなど、単に目の痛みと言っても人によって症状には違いがありますよね。

目の痛みを感じた時、どのように対処をすれば良いのか不安になるとおもいます、目の痛みにはどんな対処方法がよいのか気になりませんか?

〇病院がいくのが最も良い方法です!

単に目の痛みといっても、目を開けると痛い、目の奥が痛い、ズキズキする痛み、チクチクする、ゴロゴロすると人によって症状に違いがあります。

目の痛みが起きる原因はさまざまで、原因によって適切な治療方法には違いがあります。

目の痛みの原因がわかり、処置方法がわかっているなら、自分で処置しても良いのですが、目の痛みの原因と、正しい処置の方法がわかるという人は少ないでしょう。

そのため、目の痛みを感じた時に葉、眼科に受診するのが、最も良い方法になります。

ただし、仕事や学校などがあり、すぐに眼科に受診するのが難しいという事もあると思います。

鏡などで目を確認して異常がないか確認しておきましょう。

もし、目にゴミなどの異物が混入している場合には、うつむいて目をパチパチする、目薬を入れてパチパチする、洗面器に水を入れて顔をつけてパチパチして、洗い流しましょう!

異常が確認できない場合も、目薬をさしておくと症状を軽くできる場合があります。

異物が入って痛みを感じている場合、症状が改善すれば眼科に受診する必要性はありませんが、原因がわからない痛みが続く場合には、早めに眼科に受診しましょう!

〇放置すると症状が悪化することもあります

目の痛みで恐ろしいのが様子をみて放置してしまうことによって眼病が悪化してしまうことです。

目の痛みの原因は、ウイルスや細菌に感染することで、目が炎症を起こしていることがあります。

眼科に受診することで目薬で簡単に治せる病気が、放置して炎症を広がってしまうと、手術をしないと治らない、治っても視力低下や目がかすむなどの後遺症が残ってしまうことがあります。

目が見えなくなったり、視力が低下しまったりすれば困りますよね、後遺症を残さないためにも、早めに眼科に受診することが大切なのです。

また、コンタクトを使用している人で、目に違和感を覚えた時には、コンタクトを外すようにしましょう。

コンタクトは場合によっては目を気付ける原因や、ドライアイの原因になってしますので、痛い時には、コンタクトを外した方が良いのです。

〇目の痛みとなる原因とは?

目が突然痛くなってしまう原因で最も多いのが、目に異物が入ってしまう事です。

目に異物が入るとどうしても目を擦ってしまいがちですが、目を擦ると角膜に傷がついてしまうので瞬きで取り除くようにしましょう。

目を擦ってしまうと、異物は取れたけど、新しくできた傷で目が痛くなることがあります。

どうしても、異物が除去できない場合は、無理をせずに眼科に受診しましょう!

また、目が痛くなってしまう原因がドライアイであることが多いです。

ドライアイの場合は、目薬をさして目に潤いをあたえることや、蒸しタオルで目を温めることで症状が楽になります。

ドライアイになってしまう原因は人によって違います、疲れ目の原因にもなりますので、眼科で診てもらうことをおすすめします。

目の痛みができた時に、どう対処して良いのかわからないという人もいますが、最も大切なのは、早期に治療をすることです。

そのほかにも、紫外線、結膜炎、角膜炎、緑内障など、さまざまな原因があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク