SFTS(重症熱性血小板減少症候群)はマダニに刺されるだけでなく動物に噛まれて感染することもある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SFTS(重症熱性血小板減少症候群)は、マダニに刺されることによって感染することが知られているウイルス感染症です。

致死率は10~30%と考えられており、感染すると嘔吐・下痢・吐血などの消化器症状や、頭痛・筋肉痛・意識障害などの神経症状があらわれます。

マダニのウイルスの保有率は低いと言われており、マダニに刺されたからと言って必ずSFTSに感染するわけではありませんが、感染しないためにはマダニに刺されないことが大切になります。

〇マダニに刺されないためにどうすれ良いの?

危険性なウイルス感染症であるSFTSにならないために、最も大切なのはマダニに刺されない事です。

ウイルスを保有しているマダニは少ないと考えられていますが、日本でも感染者が確認されており、刺されれば感染する可能性が少なからずあります。

また、ウイルスを媒介するマダニは日本全国に生息しており、誰が刺されてもおかしくありませんので、マダニに刺されないための対策が必要となります。

マダニは草に生息していることに草原や森などの歩く時に、付着してマダニに刺されてしまう可能性があります。

さらに、森だけではなく畑や街中の公園の草地などにマダニ生息していることもあり、マダニに刺されないためには、草が生えているところには、あまり近づかない方が良いでしょう。

マダニに刺されないためには地肌を見せないことが大切であり、半袖、半ズボン、サンダルなどはマダニに刺される可能性が高いので、草の中に入る時には、肌を見せないように注意しましょう。

服に虫よけスプレーなどをかけて服にマダニができるだけ付着しないようにすることも大切です。

しかし、スプレーをかけていてもマダニが絶対に付着しないというわけではありません、肌に触れなければ刺すことはできませんので、服にマダニに付着していないか確認して、付着している場合は、ガムテープなどで取ってしまうのが適切になります。

マダニに刺されたとしても、SFTSを発症する可能性は低いですが、無理に無理やり抜いてしまうのは良くありませんので、皮膚科に受診して抜いてもらいましょう。

〇動物から感染する可能性がある?!

SFTSは人だけに感染するウイルスではなく、人以外の動物にも感染することが知られているウイルスになります。

また、犬や猫は人と違いマダニに刺されて感染しても症状が出にくいと考えられていますが、症状が絶対に出ないというわけではないようです。

このように、人にも人以外の動物にも感染するSFTSですが、感染した動物に噛まれることによって人に感染する力があると可能性があります。

実際に、日本では猫に噛まれることによってSFTSに感染したのではないか考えられる症例があります。

ただし、動物から人に感染する危険性もよりも、マダニに刺されることによって発症した例の方が多く確認されています。

動物に噛まれることによって発症する危険性もよりも、実際にマダニに刺されることによって発症する危険性を注意した方が良いでしょう!

また、猫や犬などの動物に噛まれるのは、SFTSに関係なく危険であり、細菌やウイルスに侵入によって、噛まれた場所が炎症を起こしてしまったり、危険な感染症を発症したりする可能性があります。

SFTSの危険性に関係なく、犬や猫などの動物に噛まれないように注意しなくてはいけません。

〇人から人へ感染することもある!

SFTSは動物から人に感染するだけでなく、人から人へと感染することが指摘されています。

SFTSは血液などの体液にウイルスが含まれることが知られており、SFTSに感染してしまった血液に触れることによって、感染する可能性があります。

犬や猫に噛まれて感染する危険性よりも、他人の体液が付着することによって感染する危険性の方が高いかもしれません。

ただし、人から人への感染することは多くありませんので、他人にうつされる危険性は高くありません。

また、SFTSに関係なく人の血液を直接触れるのは良くないとされていますので、人の血液に直接触れないようにしましょう。

SFTSを発症しないために最も大切なのは、マダニに刺されないように対策することになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク