痛風はなぜ男性ばかりに発症してしまうの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痛風は関節に強い痛みが出てしまう病気で、プリン体やアルコールが原因となることが知られています。

痛風といえば、中年の男性が発症するイメージが強い病気であり、実際に痛風を発症する人の9割以上が男性となっています。

なぜ、痛風は男性の方が多く発症してしまうのか気になったことはありませんか、痛風が男性に発症しやすい理由を知りたくはありませんか?

〇痛風って一体どうして発症するの?

痛風が発症してしまうのは、体に含まれている尿酸が増えて過ぎてしまうのが原因となり、発症します。

体内に増えた尿酸は結晶となって関節などに沈着していきますが、沈着しただけでは痛みはありません。

しかし、沈着した尿酸の結晶が何らかの原因によって剥がれて落ちてしまうと、免疫細胞である白血球が反応して炎症を起こしてしまうことで、激しい痛みが出てしまうのです。

痛風は尿酸の結晶が剥がれて炎症を起こすことよって発生します、血中の尿酸値が高いと発症しやすいですが、尿酸値が高ければすぐに発症するというわけではありません。

また、血中の尿酸値が高くなってしまう病気を高尿酸血症といい、尿酸の過剰な産生や、尿酸の排泄力の低下によって発症します。

高尿酸血症を発症すると、必ず痛風を発症するというわけではありませんが、痛風を発症する危険性があるので、治療や生活習慣の改善が必要となります。

痛風にはプリン体が悪いと言われますが、これはプリン体が尿酸の元になる物質であり、尿酸の量を増やし、痛風発作をおこしやすくなるためです。

アルコール飲料はプリン体が含まれていなくても、尿酸の産生を促進させる働きがあるので、痛風の原因となるので注意しましょう!

痛風になると関節が激しく痛むのでできれば発症したくないですよね、痛風を発症させないためには生活習慣の改善が大切になります。

〇女性ホルモンが尿酸を排出する!

男性に比べて女性が痛風を発症しない理由の1つは、女性ホルモンが尿酸の排泄を促す働きがあるためです。

そのため、女性の血中の尿酸値は男性に比べて低く、産生される尿酸値が男性よりも多くても高尿酸血症を発症しにくくなっています。

また、尿酸を排泄する機能は女性ホルモンの働きによって高められているため、女性ホルモンが低下する更年期には血中の尿酸値が高くなりやすくなります。

そのため、女性では女性ホルモンの量が低下する50代から痛風を発症することが多いです。

しかし、痛風は慢性的な高尿酸血症によって発症する病気であるため、更年期に入って尿酸値が高くなっても、直ぐに発症するわけではありません。

女性で痛風を発症する人は少ないですが、女性は全く痛風を発症しないというわけではありません。

〇食生活が発症を抑えている!?

女性が痛風を発症しにくい理由は、男女の食生活の違いにあるともいわれています。

女性は男性に比べてアルコールを飲む頻度が少ないですが、アルコールは尿酸の産生を促進させる働きがありますので、お酒を飲まない人は尿酸になりにくいです。

さらに、食事の量も関係があり、男性は女性に比べて多く食事を摂取しますので、尿酸の原因となるプリン体を多く摂取してしまうと考えられてます。

高尿酸血症にならないためには、アルコール飲料を飲みすぎない事や、プリン体を摂りすぎないことが大切です。

アルコールはプリン体に関係なく痛風の原因となりますので、プリン体0のアルコールでも痛風にかかることがあります。

痛風を予防する場合には、アルコール飲料を飲まずに、ソフトドリンクを飲むようにしましょう。

また、近年では女性でも痛風を発症数人が増加傾向にあります。

痛風の女性の患者数が増えた理由は、食生活の欧米化によって脂の濃い食事が増えたためと考えられます。

女性は基本的に痛風を発症することはありませんが、高尿酸血症を指摘された場合や、血液検査で尿酸値が高い場合には、念のために病院に受診しておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク