夏バテが起きる理由は何?夏バテの原因を知る事で夏バテ対策が出来る!夏バテの予防法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10601
夏になると、疲れを感じたり、食欲が低下したりしてバテることがありますよね。

僕も夏になるとバテることがあります。

夏になるとバテるのは自分の生活が悪いからかもしれませんよ。

夏がだるくなりやすい理由

私たちの体は、常に体温を一定に保っているものです。

私たちは常にエネルギーを消費して温かい体をしているのですが、夏になると高温・多湿の状態になります。

高温・多湿の状態でも常に活動して、エネルギーを使っている私たち人間にとって高温・多湿は体温が調節しにくく体温が上がり過ぎてしまいます。

私たちの体は体温を低く保つために汗をかきますが、日本の夏は多湿であるため汗が蒸発するときの熱が奪われる、気化熱が起きにくい状態です。

体温を下げにくく暑い状態のため夏バテが起きやすいのです。

私たちの体はある程度の暑さに耐えることができます。

しかし、毎日同じ暑さを感じ続けていると体温を保てなくなり、体にたまった熱を外に出せなくなり、熱が高くなったり、だるくなったりした結果、夏にだるい状態の夏バテになります。

スポンサーリンク

夏バテが起きる原因

夏バテが起きる原因はいろいろあります。

夏バテの原因は一つではなくいろいろ原因が重なって夏バテになっていることが多いでしょう。

自分の生活を振り返る必要があります。

まず夏バテの原因となる可能性があるのが自律神経の不調です。

あなたは夏になるとどのようにお過ごしだろうか?

外に出ることがあるでしょう。

そうするととても暑いです。

そして、家に帰ると、冷房を入れて涼む生活をしていませんか?

暑いところから、冷房のある部屋に入るととても気分がいいです

私たちの体は熱くなると汗をかいたり、血管を広げたりして体温をできるだけ放出しようとします。

暑いので熱が外に出てくれるとうれしいでよね。

そんな熱を放出してくれる働きをしているのが自律神経です。

熱を放出している最中に冷房の効いた部屋に入られたら自律神経はどんな働きをするでしょうか?

まずは汗を止めてくれるでしょうが、拭かないと汗が体についたままになるでしょう。

そして、血管を狭くしていくはずです。

自律神経の反応が追いつかずに寒さを感じることもあるでしょう。

やっとことで冷房が効いた部屋にも慣れたところで用事ができたりするとあなたは外に出てしまいます。

そうすると今度はまた暑くなってしまいます。

数回、温度が変わる程度なら大丈夫ですが、毎日続けていると自律神経が働き過ぎで不調が出てしまい温度調節がうまくいかなくなると体調が崩れていきます。

これが夏にバテる理由の一つです。

日本は特に湿度が高い影響で体温調節が難しいので夏バテに起きやすいとも言われています。

暑い時の対策に冷房使ってしまいがちですが、気をつけないと暑さによりやられてしまいますね。

夏にバテる理由のもう一つに水分不足があげられます。

あなたは毎日どのくらいの水分を飲みますか?

夏になると体から熱を出すために汗をかいてその気化熱で体温を調節する働きがあります。

汗は水分がもとになっています。

水分がないと汗をかくことができません。

水分は汗の源で、体温調節には欠かせないものになっています。

夏になると軽い作業をしていても2リットルの汗をかくと言われています。

つまり私たちはこれだけ夏になると汗を毎日かきつづけているのです。

夏は結構な勢いで水分が失われていきます。

水分が足りないと汗がかけなくなったり、体温調節がうまくいかなくなったりして体調不良をおこし、夏バテの原因になります。

また、水分不足は熱中症の原因ですので水分はしっかりとるようにしましょう。

胃腸の働きが悪いのも原因の一つです。

外が暑くなると体の中の体温も上昇して、胃腸の活動に影響がでます。

汗を大量に書きますので、水分がほしくなり飲み物を飲むのはよいことなのですが、私たちはしばしば、冷たい飲み物を飲んでしまいます。

夏になると胃はすでに少し不調であるにも関わらず、冷たい飲みものを飲むことによって胃腸が驚いたり、胃腸の温度がさがたりすることで胃腸の機能が低下します。

胃腸の機能が低下した結果、消化がきちんと行われずに、下痢を起こしやすくなります。

また、下痢や栄養がきちんと摂れていないために体力が減少し、疲れがたまりやすくなります。

夏になると冷たい物ばかり食べているため、より胃腸に負担がかかりやすいく、栄養バランスも偏りがちです。

夏はこのような原因により夏バテが起きやすいのです。

夏バテの予防法

夏バテを予防するためにはしっかり食べることが重要です。

夏は暑さで汗をかきますが汗の中にはミネラルなどが含まれています。

汗は水分だけが出ているわけではないのです。

夏は暑いため、よりエネルギーを消費します。

エネルギーの消費量が高いことを考えると、夏は冷たい物や食べやすいものが食べたい時期ですが、しっかり食べることが重要です。

夏はしっかり食べてスタミナをつけることで乗り切りましょう。

食べやすい食事はあえて避けるべきです。

水分しっかり補給することが大切です。

体温調節なのは水分です。

体温調節に気を使わなければいけない夏には水分がとても大切です。

水分もいっきにとるのではなく、30分おきにこまめにとるなどのことが大切です。

そこで注意して頂きたいのは冷た過ぎる飲み物は避けることです。

冷た過ぎる飲み物は体にとって良くありません。

せいぜい少し冷たいぐらいの飲み物にするように心掛けましょう。

また、ビールは水分ではありません。

ビールは利尿作用があるため水分を体のそとに排出してしまいます。

家に帰ったらまず、ビールを飲む前に水分を補給しましょう。

冷房環境に注意しましょう。

暑いので家の中では冷房をつけるのは良いのですが、冷房の温度を考えましょう。

冷房の温度を18度とかにしていませんか?

冷房により急激に体温が下げられるのは自律神経に不調が出る原因です。

冷房は外の温度より5度低い値に設定するくらいがいいでしょう。

あまり外の温度とかけ離れると体温の調節が大変です。

冷房は涼しいではなく、これなら生活できるという値にすることが大切です。

夏は暑いのでバテてしまう可能性がありますが、あなたの生活態度で予防できますので夏バテしくい環境を作りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク