脂肪肝って治るの?死なないためにも脂肪肝の内に改善しておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルコールや、肥満が原因によって肝臓に脂肪が溜まってしまう病気のことを脂肪肝と言います。

脂肪肝になっても無症状であることため、放置されてしまうことも病気ですが、進行すれば死ぬこともある病気であり、危険です。

血液検査などで、肝臓に脂肪が溜まって脂肪肝だと指摘されてしまって人も、多くいると思いますが、脂肪肝は治る病気なのでしょうか?

〇脂肪肝は一体どこが危険なの?

脂肪肝は肝臓に脂肪が溜まってしまう病気ですが、脂肪肝が発生したとしても体に異常が起きることはありません。

肝臓は非常に強い臓器であることが知られており、少し機能が低下したとしても体に影響が、ほとんどなく脂肪肝を発症しても無症状なのです。

一般的に、健康診断によって血液検査を行い、肝臓の数値が悪くなることで、脂肪肝を発見数ことが鳴ります。

また、血液検査などで脂肪肝が見つかったとしても、すぐに問題となる病気ではありません。

脂肪肝を発症することは、体への影響はそこまでありませんが、問題となるのが放置して、脂肪肝が悪化してしまうことです。

脂肪肝は悪化すると、肝臓が炎症を起こす肝炎や、肝臓が硬くなり機能が低下する肝硬変を発症し、肝がんになる危険性があります。

脂肪肝の危険性は、脂肪肝によって発生する症状ではなく、脂肪肝を放置して進行してしまうことにあります。

さらに、脂肪肝が無症状であることも恐ろしさの一つであるといえ、無症状であるために、脂肪肝であることがわかっていても放置してしまう人が多いのです。

脂肪肝と指摘されたけど、無症状で体に異常が放置している人はいないでしょうか、徐々に体を蝕んでいます。

脂肪肝の状態であれば、改善する可能性が高いですが、進行して肝硬変にでもなると、治療によって治る可能性は下がります。

発症しても無症状な病気ではありますが、悪化させないために、早めに治療することが大切になります。

〇肥満が原因なら運動すれば治る!

脂肪肝は、耳にすることが多い肝臓病であり、進行すると危険性が高い病気になることが知られています。

そんな脂肪肝ですが、治療によって改善が期待できる肝臓病でもあり、生活習慣の改善で治ることが多いのです。

肥満や運動不足によって発生する脂肪肝の場合は、燃焼されなかった脂肪が肝臓に溜まってしまって脂肪肝を発症してしまったものです。

新しく内臓に脂肪を蓄積しない事や、運動をして内臓脂肪を燃焼させることで、脂肪肝は改善します。

運動を行い、肝臓内の脂肪を消費してしまえば、健康的な肝臓に戻すことができます。

脂肪肝から、肝硬変に進行すると運動だけでは治せませんが、脂肪肝であれば運動によって改善することができるのです。

日常的に、30分ジョギングを行うようにするだけでも、脂肪の燃焼力が高くなります。

また、食事の減らす、お肉類を減らすことも、脂肪肝を改善することにつながります。

〇アルコールが原因なら飲酒をやめましょう!

アルコールが原因で発生する脂肪肝の恐ろしさは、脂肪が原因によって発生する脂肪肝よりも肝炎を発症しやすいことです。

肝臓に脂肪が溜まってしまう脂肪肝であれば、無症状であり人体への影響は少ないですが、肝炎を発症すると、炎症によって次第に肝臓が硬くなり肝硬変に発展します。

脂肪が原因で発生する脂肪肝の場合は、脂肪肝から進行しない場合も多く、アルコール性噛脂肪肝よりも安全性が高いです。

もちろん、肥満が原因の脂肪肝も放置すれば、肝炎を発症する可能性があるので、放置するのは良くありません。

アルコール性脂肪肝の場合、脂肪肝の原因がアルコールであると分かっていますので、飲酒をやめることが大切です。

飲酒は肝臓に脂肪をたまってしまう原因となりますので、脂肪肝を指摘されたら止めましょう!

脂肪肝は、治療できない病気ではありません、運動や禁酒によって改善が期待できる病気ですので、見つかった場合は早めの治療を行いましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク