夏場の脱水症に気を付けて!水分をがぶ飲みすると危険?こまめの水分補給が大切です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になって暑くなってくると汗をかく量も増えてきますよね、汗をかくのは体の熱を外に逃がすためです。

体に熱がたまってしまうと熱中症の原因にもなりますので、汗をかくことは体を守るためにも大切な事です。

しかし、汗を大量にかいてしまうと、体の水分が失われて過ぎて、脱水状態になる危険性もあります。

夏場は、汗によって体の水分が少なくなりがちです、脱水状態にならないためにも、十分に注意する必要性があります。

〇脱水状態にならないためにはこまめな水分補給が大切!

脱水症状にならないためには、こまめに水分補給をすることが大切だと言われています。

喉が渇いている時は、すでに軽い脱水状態となっており、水分補給してもすぐに吸収されるわけではありません。

喉が渇く程度の脱水であれば、水分を飲めば問題にならないことが多いですが、こまめに水分補給を行っておいた方が安心です。

また、喉が渇いてからガブ飲みすると、胃に負担がかかってしまい腹痛を起こしてしまうこともあります、一回に約200mlをこまめに補給するのが良いと言われています。

さらに、糖分が多く含まれている飲み物おガブ飲みすると、血糖値が急激に上昇する原因にもなります。

血糖値が急に上昇すると、血中の糖分を薄めるために喉が渇きますが、糖分を含んだものを飲むことによって、より高血糖を起こし急性の糖尿病になることもあります。

喉が渇いた時には、がぶ飲みしたくなりますが、飲みすぎないように十分に注意してください。

喉が渇いていても200mlほど水分補給を行い、20~30分まってから水分を補給しましょう!

甘い飲み物を飲んだ後に、すぐに喉が渇くのは血糖値が高くなっている可能性もありますので、水やお茶に変えてみましょう!

夏場は汗をかいて体の水分が失われます、こまめに水分補給を行うことが大切ですが、糖分の過剰摂取やがぶ飲みには注意してください!

〇塩分を補給することも大切です。

汗は体の水分だけで排出されているわけではなく、微量ですがナトリウムなどの物質も水分と一緒に排出されています。

そのため、大量に汗をかくと水分と同時にナトリウムも失われることになり、水だけ補給していると体の中のナトリウム濃度が低下することになります。

特に、喉が渇いたからと水分をがぶ飲みすると、急激に血中のナトリウム濃度が下がってしまいます。

血中ナトリウム濃度が減少してしまうと、低ナトリウム血症を発症し、軽度の症状では元気がなくなり、疲労感を感じるようになります。

さらに低ナトリウム血症の症状が進行すると、頭痛や吐き気などの症状が出て、痙攣や嘔吐人格変化してしまう場合もあります。

重度の低ナトリウム血症を発生すると、昏睡や痙攣などの症状がでて最悪の場合は、死に至ることもあります。

大量に汗をかいた時には、水分補給をすることも大切ですが、ナトリウムも失ってしまうので、塩分も補給をしましょう!

脱水症状が出ている時には、普通の水ではなく経口補水液を飲ませるのが良いとされています。

〇運動不足だと脱水症になりやすい!?

皆さんは日ごろから運動をしているだろうか、運動不足の人は、脱水症状を起こしやすいと言われています。

運動不足の人は、体が汗の量のコントロールが出来てないため、急激に汗をかいたり、汗から多くのナトリウムが失われ脱水症になる危険性が高いです。

汗を大量にかくと水分と塩分が失われます、喉が渇いていなくても、汗をかいている時には水分補給を行ってください。

健康のために運動を始めてようと考えている人は、熱中症の危険性もため日差しの強い昼は避けて、夕方から運動をすることをおすすめします。

また、高齢者も脱水症を起こしやすいことが知られており、高齢者は喉の渇きを感じにくく、体内の水分量が少ないため脱水症を起こす危険性が高いです。

夏は室内にいても暑いので汗をかき水分が失われて脱水症をおこしますので、高齢の方は水分補給を怠らないようにしましょう。

さらに、子どもも脱水には注意が必要であり、子どもは体が小さいので体内の水分が少なく、脱水症状を押しやすくなっています、子どもは遊んでいると水分補給を忘れてしまうこともありますので、大人が水分補給を行わせるか、きちんと水分を飲むように言っておきましょう!

もちろん、高齢者や子どもでなくても、夏場は誰でも脱水症になる危険性がありますので、水分をこまめに補給することが大切になります。

脱水症は最悪の場合は死に至ることもある恐ろしい症状です、暑い日には脱水症に十分に注意しましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク