野菜や果物は天日干しすると栄養価が高くなる!?干して栄養価が上昇する理由とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜や果物は、そのまま食べてもビタミンやミネラルを摂取することができて、健康に良いのですが、天日干しをすると、栄養価が高くなり、より健康に良いと言われています。

健康のために、干し野菜やドライフルーツを摂取しているという人も多くいるのででしょう。

天日干しをすると、栄養価が高くなる理由を知り高くはありませんか、健康のために野菜や果物を干してみてはどうでしょうか?

〇水分が飛んで栄養価が濃縮されます!

野菜や果物は、非常に多くの水分を含んでいることが知られており、種類によって違いはありますが、70~95%が水で出来ています。

つまり、ミネラルやビタミンといった野菜の栄養素は、水分を除いた残りの5~30%になるわけです。

野菜や果物を干して栄養価が高くなるのは、水分を飛ばすことによって、栄養素が濃縮されるためなのです。

水分が減少した分、野菜や果物は体積が減って大量に食べることができるので、いつもよりも多くの栄養素が摂取できるのです。

また、野菜の栄養価が高くなるのは、水分が飛んでしまうだけでなく、太陽光によって野菜の栄養素が反応することも理由の一つです。

例えば、シイタケは太陽光を浴びると栄養素が変化して、ビタミンDの量が増加することが知られています。

ビタミンDはカルシウムを効率よく摂取するために必要な栄養素であり、骨粗鬆症の予防に効果があると言われています。

野菜や果物を干すのは、水分をとばして栄養素を濃縮させることや、太陽光によって栄養を変化させるのが目的なのです。

日頃から摂取する野菜の量が少ないという人は、干すことで水分を飛ばし野菜の栄養素を多く摂取することができます。

健康的な体になりたい、野菜の栄養素を多く摂取したいという考えている人は、干し野菜を食べてはみては?

〇破壊されてしまう栄養素も存在します

野菜や果物を干すことで量が増える栄養素もありますが、太陽光に破壊されて減少してしまう栄養素もあります。

皆さんも良く知っているビタミンCは、光に弱い栄養素であり、日光を浴び続けていると破壊されて栄養素が減少します。

そのため、天日干しにした野菜よりも、生で食べた方がビタミンCは多く取れる場合も多いです。

他のビタミン類も日光や紫外線によって破壊されて減少してしまうことがあります。

栄養が濃縮されて健康に良いといわれる、干し野菜とドライフルーツですが、減ってしまう栄養素も存在していたのです。

健康のことを考えて、野菜や果物を天日干しするのも良いですが、干した野菜ばかり摂取していてはバランスが崩れてしまいます。

健康のことば考えている人は、干し野菜やドライフルーツばかりではなく、生の野菜や果物も食べるようにしましょう!

〇干すと旨味が濃縮されておいしくなる!?

干し野菜は栄養素が濃縮されるだけでなく、旨味も濃縮されるので、野菜がおいしくなると言われています。

また、ドライフルーツは水分が飛ぶことで、糖度が高くなり甘味が強くなり、甘い物が好きな人にはお勧めです。

干し野菜、ドライフルーツという言葉は聞いたことがあるけど、食べたことはないという人は、一度食べてみませんか?

旨味が濃縮されていますので、生の野菜よりもおいしいと感じる人も多くいます。

また、水分が飛んでいて栄養が詰っているので、少ない量で、多くの野菜の栄養素が摂取させることができ、子どもにもお勧めです。

料理をすると野菜が残ってしまうこともありますよね、捨ててしまっては持ってないですし、使い方が悩んでいる人もいるでしょう、そんな残った野菜は干し野菜にしてみてはどうでしょうか?

干し野菜にすることで、保存期間をのばす事ができ、大量に残ってしまった野菜も干して水分を飛ばすことで、小さくなり食べきれることもあります。

野菜や果物は、干すことで栄養素が濃縮されます、健康のために試してはいかが?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク