単なる汗かき?それとも多汗症?一体どこからが多汗症になるのでしょうか!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは汗をかきやすい体質でしょうか、それともあまり汗をかかない体質でしょう?

汗のかきやすさには個人差がありますが、運動をしていいたわけでも、暑いわけでもないのに、汗をかきすぎてしまう症状を「多汗症」といいます。

汗をかきすぎてしまう多汗症ですが、いったどこからが「多汗症」なのか気になりませんか、

単なる汗かきなのか、多汗症なのか判断に困っている人もいるでしょう。

〇単なる汗かきとの違いは?

汗の量が人よりも多いと多汗症ではないかと心配になってしまう人もいるでしょう。

運動中や暑い時、緊張時には誰でも汗をかいてしまいますが、人によってはちょっと運動しただけで、ダラダラと汗をかいてしまうこともあります。

周りよりも汗をかく量が多いため、多汗症を疑いたくなりますが、運動や暑さによってかく汗の量が人よりも多いのは、汗をかきやすい体質の可能性が高いです。

多汗症は、誰でも汗をかく運動中や暑い時、緊張時に、汗をかく量が多い病気ではなく、日常生活で汗をかく量が多い病気になります。

常に手足が湿っている、涼しい室内にいるのに汗をかいてしまうなど、暑さや運動、緊張に関係なく汗をかいてしまう症状が「多汗症」になります。

冬場は寒いため汗をかきにくいですが、運動しているわけでもないのに冬場に汗をかくのは多汗症の可能性が高いです。

また、多汗症の症状が出る場所は個人差があり、全身から異常に汗が出る多汗症や、手や足、脇、股下、顔などの体の一部から異常に発汗する多汗症があります。

〇多汗症は一体どうして発生するの?

多汗症は、交感神経の失調によって体温に関係なく、過剰に汗が出てしまっている状態です。

交感神経の調子が狂ってしまう明確な原因はわかっていませんが、主な原因はストレスではないかと考えられています。

そのほかにも、ホルモンバランスの乱れや、儒換気・虫垂神経などの疾患、遺伝、生活習慣の乱れも多汗症を発症してしまう原因になると考えられます。

他の疾患が原因となる多汗症の場合には、手足などの局所的な多汗症ではなく、全身に多汗症の症状が出ることが多いです。

特に発症しやすいと言われているのが、13~19歳の思春期の時期で、男女での差はあまりないとされています。

自然に治ることが少ない病気であるため、思春期に発症して治療せずに、何年も多汗症に悩まされることも多いです。

また、汗が多い症状なので、体質と考えて病気とは考えずにそのままにしてしまう人もいます。

多汗症は治療によって、症状を抑えることができますので、早めに病院に受診することが大切です。

〇気になる症状がある時には病院に受診しましょう!

多汗症は放置して自然に治すことが難しい病気とであるとされ、治療しなければ、いつまでも多汗症の症状に悩まされることもあります。

また、多汗症の中には、甲状腺亢進症や自律神経失調症、リウマチ、糖尿病などの疾患が隠れていることもあります。

ただ汗をかいているだけからと安心せずに、多汗症の症状がみられる場合には、早めに病院に受診することをおすすめします。

汗をかきすぎるという症状なので、何科に受診すれば良いのかわかりにくいですが、まずは皮膚科に受診すると良いでしょう!

「皮膚以外の原因がある場合でも大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、他の疾患がある場合や、精神的な影響が考えられる場合には、医師に紹介状を書いてもらえばよいのです。

一般人の私たちよりも医師の方が病気に対する豊富な知識を持っていますので、医師が勧めてくれる病院に受診すれば安心です。

多汗症の症状に悩まされていませんが、多汗症は放置して治ることは基本的ありませんので、気になる症状がある場合には、早めに皮膚科に受診しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク