ゲップはどうして発生してしまうの?早食いをするほどゲップが出やすくなってしまう!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胃にガスが溜まったガスが、口を通って出てくるゲップは、誰でも発生してしまう生理現象です。

ゲップは誰にでも起きることですが、人前で音を立ててゲップをするのはマナーが悪いとので、ゲップをする時には注意したいですよね。

そんな、ゲップは一体どうしては発生してしまうのでしょうか、ゲップが発生する理由についいて考えてみましょう!

〇ゲップはどうして発生してしまうの?

ゲップのガスの7割は、口から入ってきった空気で、3割が体内で発生してしまったガスになります。

胃にガスが溜まってしまうのは、唾を飲む時に空気が混ざっている事や、食べ物の一緒に空気を飲み込んでしまうために、外から空気が入ってくるのが原因の一つです。

また、胃の中で食べ物と胃酸が混ざることによって、ガスが発生しており、食事をすると口からも空気が入りますし、胃の中でもガスが発生するので、胃にガスが溜まりやすいのです。

胃にガスが溜まりすぎると、胃が膨れてしまい負担になりますので、胃にガスが溜まってくると、ゲップとして外に排出されるのです。

胃に空気が溜まってしまうのは、誰にでも起こることがあるため、ゲップをしてしまうのは仕方がないことです。

しかし、できればゲップはしたくないと思っている人が多いでしょう、ゲップをできる限り減らすにはどうすれば良いでしょうか?

〇ゆっくり食べるとゲップが出にくくなる!?

ゲップの原因となるガスは、7割が口から入ってくる空気で、3割が体の中で発生するガスとなっています。

3割の体の中で発生するガスを止めるのは難しいですが、口から入ってくる空気を減らすことは可能です。

そのため、ゲップをできるだけ抑えたいという人は、口から侵入して空気をコントロールすることが大切になります。

ゲップは食事を摂ることによって発生しやすくなりますが、中でも早食いをする人は、空気と一緒に、ご飯を飲み込んでしまうことが多いです。

また、早食いの人は満腹中枢が働くまでに多くの食事を摂取してしまうことが多く、食事の量が増加すると飲み込む回数が増えるため、胃に空気が入りやすくなります。

ゲップが気になる人は、飲みすぎと食べすぎを注意して、胃に空気を入れ過ぎないようにしましょう!

〇もしかすると呑気症が原因かもしれない!?

ゲップは誰にでも発生するもので、ゲップをしたからと言って、特に問題となることは、ほとんどありません。

しかし、ゲップが回数が多い場合は、呑気症という病気の可能性もありますので、注意が必要です。

呑気症とは、唾と一緒に空気を飲みすぎてしまうために、胃に空気が溜まってしまう症状の事で、胃に空気が溜まるので、ゲップが多くなります。

さらに、胃に常に空気が溜まってしまうため、胃が膨れており不快感を感じることが多くあります。

もし、ゲップが出やすい、胃が膨れて不快感がある場合は、呑気症を疑ってみてはどうでしょうか?

呑気症は、精神的な影響によって空気を飲み込みすぎていることが多いため、心療内科に受診するのが、効果的とされています。

そのほかにも、機能性ディスペプシアや、逆流性食道炎等でも、ゲップが多くなってしまうことがあります。

ゲップが多いという人は、まずは内科に受診して、原因がわからない場合には、心療内科に受診すると安心です。

ゲップは誰にも発生しますが、ゲップの回数が多く気になる場合には、病院で診てもらいましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク