トマトは健康に良いと言われる理由は?一般的な緑黄色野菜よりもトマトはカロテンが少ない!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トマトは、美容や健康に良くて老化を抑えてくれる効果があると言われていますよね、健康にために、トマトを食べようと思っている人も多いのではないでしょうか?

トマトは健康に良い事が知られていますが、トマトのい一体どんな所が健康に良いのか、気になりますよね。

トマトが健康に良いといわれる理由と、トマトをどう食べたら健康により効果的ななのか紹介していこうとおもいます!

〇トマトは一体どんな所が健康に良いの?

トマトとの健康成分と言われて「リコピン」を最初に思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

健康成分として知られているリコピンには、強い抗酸化作用があると言われており、ガン予防、老化の抑制、肌をきれいに保つなどの作用が期待されています。

私たちの体の中では、活性酸素と言われる細胞を傷つけてしまう、酸素の化合物が毎日のように発生します、リコピンは強い抗酸化作用によって細胞を守ってくれるといわれています。

そんな健康に良い事で知られるリコピンは脂溶性の栄養素で、油に溶け出す性質があり、そのままで食べるよりも、油と混ぜて食べるとリコピンの吸収率を高めることができます。

そのため、サラダにトマトを入れて食べる場合には、ノンオイルドレッシングよりも、オイルドレッシングを使用するとリコピンの吸収率が高くなります。

特にオリーブオイルと相性が良いので、料理にトマトを利用する時には、オリーブオイルを一緒に使用すると良いでしょう。

さらに、リコピンは加熱に強い栄養素であり、加熱することでさらに吸収率が高くなると言われていますので、トマトを加熱しても問題ありません。

そのほかには、ケッチャプやトマトの缶詰などにも、リコピンが含まれているのです。

もちろん、トマトの栄養はリコピンだけでなく、トマトにはビタミンCや、ビタミンE、ビタミンB群などの、ビタミンも豊富に含まれています。

トマトの栄養素といわれるとリコピンを最初に思い出しますが、トマトはビタミンが豊富で健康に良い食材ですので、積極的に摂取していきたいですね。

トマトはジュースにすると、飲みやすく細胞が壊れてリコピンが取りやすいので、トマトージュースを飲むようにするのもおすすめです。

〇一般的な緑黄色野菜よりもカロテンが少ない!?

トマトは色が濃い野菜であり、緑黄色野菜の代表として知られていますよね。

一般的な緑黄色野菜の基準は、可食部(食べられる部分)100gあたりに、600μgのカロテンが含まれていることです。

そして、トマトの可食部100gあたりのカロテンは540μgであり、少しですが一般的な緑黄色野菜よりも、カロテンの量が少ないのです。

ただし、トマトは食べられることが多く、摂取量も多いため、緑黄色野菜に分類されています。

トマト以外では、ピーマンやアスパラガスも、カロテンは少ないですが緑黄色野菜に分類されています。

ちなみに、ミニトマトはカロテンの含有量が、100gあたり960μgと緑黄色野菜の基準をしっかり満たしている野菜になります。

カロテンは、抗酸化作用があるといわれており、ガンや老化を予防する効果が期待でされている栄養素です。

また、カロテンは、体の中でビタミンAに変換されることで、粘膜や肌の新陳代謝を高め守る作用が期待できます。

トマトは一般的な緑黄色野菜よりも、カロテンは少なくないからと言って健康効果が少ないというわけではありません。

トマトには、リコピンやビタミンが豊富に含まれていますので、カロテンは少なくても、健康に食材です。

もし、カロテンもしっかり摂取したいと考えている人は、普通のトマトではなく、ミニトマトを食べるようにすると良いでしょう。

〇お肉を減らしてトマトを食べましょう!

現在では、肉を中心に食べる事が多くなっており、お肉の脂肪分が老化の原因にもなっています。

お肉はおいしいかもしれませんが、野菜の摂取量が下がっていますので、お肉を減らしてトマトを食べるようにしましょう!

トマトは、非常に健康に良い食材あり、いろんな料理に使いやすい野菜でもあります、トマトを食べて健康的な体を手に入れませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク