太っている人の体臭がきついのって本当なの?肥満と体臭の関係について考えてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太っている体臭はきついというイメージを持っている人もいると思いますが、本当に太っている人は体臭がきつくなってしまうのでしょうか?

実は、太っている人は痩せている人に比べると、体臭が臭くなり易いのです、もちろん、太っている人は、必ず臭いというわけではありません。

なぜ太っている人は体臭が臭くなってしまうのでしょうか、体臭と肥満の関係について調べてみました!

〇肉食が体臭を強くしてしまう!?

太っている人のすべてが肉好きというわけではありませんが、太っている人はお肉が好きな人が多いですよね。

肉が好きで、肉を食べることが多いのは、体臭の原因になってしまうと考えられます。

お肉は脂が多いため、お肉を食べると体内の脂肪分が多くなり、皮膚にある皮脂腺から皮脂が出やすくなってしまいます。

分泌された皮脂は、皮膚に存在する常在菌によって分解されますが、皮脂が分解された物質が体臭の原因となってしまうのです。

また、お肉に含まれるタンパク質が腸で分解する際には、アンモニアが発生してしまうため、体臭がきつくなると考えられています。

太っている人は、痩せている人に比べて皮脂が多い汗をかいてしまうため、汗の臭いが強くなってしまう事が多いのです。

お肉は食べてはいけないというわけではありませんが、お肉を減らして野菜を増やすことで、体臭を抑えることができます。

さらに、運動をして体の脂肪を消費することも、体臭を抑えるために有効な方法となります。

痩せている人でもお肉ばかり食べていると、皮脂が多くなり体臭がきつくなることがありますので、注意しましょう!

〇太っている人は汗をかきやすい!

太っている人の体臭が強くなってしまう原因の1つには、汗を大量にかいてしまうことです。

太っている人あれば、暑い所に行ったり、運動したりすると、すぐに汗をかくのを感じたことがると思います。

太っている人は、体が脂肪におおわれているため、脂肪に邪魔をされて体の熱が外に逃げにくくなっています。

体の熱を逃がすための体の反応は、汗をかく事ですが、汗をかくほど体から皮脂などの老廃物が出てくるため、体臭が強くなってしまいます。

さらに、運動不足である事も、汗の臭いが強くなってしまう原因であり、運動不足の人は日常生活ではあまり汗をかかないため、汗をうまくかけずに、臭いの原因となる物質を多く分泌してしまいます。

このように、肥満体系の人は皮脂がたっぷり含まれた、ベタベタする汗を多くかくため、体臭がきつくなってしまうのです。

肥満によって体臭がきつくなったしまった人は、脂肪を燃焼させましょう!

〇運動をして痩せることで体臭を抑制できます!

肥満によって体臭がきつくなってしまうのは、体に脂肪が多いため、多くの皮脂が出てしまうためです。

皮脂の分泌量を減少させるためには、体に溜まった脂肪を燃焼させることが大切であり、運動するのが有効な手段と考えられます。

運動して脂肪を燃焼すれば、血中の脂肪が減少して皮脂の分泌量を下げてくれますし、筋肉がつくことで、消費カロリーが増加して、肥満の改善にもなります。

また、運動によって日常的に汗にかくことによって、汗をかくのが上手くなり、臭いが出にくくなると言われています。

さらに、肥満は生活習慣病の原因となり、健康に悪影響になることが知られていますので、太っている人は痩せた方が良いですよ。

肥満を放置していると、急性の心臓疾患や脳血管障害を発症して、突然死を起こしてしまうこともあります。

体臭が強いのも嫌ですが、突然死するのも嫌ですよね、そんな人には肥満を改善することをおすすめします。

太っていて体臭が気になるという人はいないでしょうか、運動を始めて体臭を抑制しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク