人は寝だめすることができないというのは本当なの?寝不足はすぐに回復することはできません!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平日の睡眠時間が短いから、休日はいつもよりも長めに寝て、寝だめしておこうと考えている人はいないでしょうか?

寝だめをして、疲労を溜めにくくしようと考える人もいますが、人は寝だめすることはできないと言われています。

また、間違った寝だめをすることによって、体に負担をかけることもありますよ!

〇寝だめしても人は眠くなります!

平日の睡眠時間が少なくても、休日に寝だめしておけば問題ないと考える人もいるかもしれませんが、前日に長時間睡眠すれば、活動時間が長くできるというわけではありません。

睡眠は、日中に活動した脳や体の疲労を回復するためにあります、前日に睡眠をしっかり摂ったとしても、その日の疲労や体の疲れを前日の睡眠で回復することはできません。

休日に寝だめしていたとしても、平日の睡眠時間が短くなれば、脳や体に疲労が溜まっていくことになるのです。

寝不足を回復するためには、日常的に睡眠時間を確保することが大切になります。

また、人は睡眠時間が長すぎても体に悪影響を与えてしまうと言われており、日常的な長時間睡眠は寿命を縮めるといわれます。

休日はいつもよりも、しっかり眠れるために、起きる時間を2~3時間ずらして起きるという人がいますが、睡眠時間が長くなることによって、逆に頭痛や、腰痛などの症状が出ることがあります。

睡眠は、睡眠時間が短すぎるのが問題となるだけでなく、長すぎても問題となるのです。

睡眠は、できるだけ時間を合わせて1日8時間確保できるようにしましょう!

〇長時間睡眠は睡眠不足の解消にはなります!

平日に不足する睡眠時間を、前日に寝だめしておくことはできませんが、寝不足によって睡眠時間が不足している場合には、睡眠によって疲労を回復することができます。

睡眠不足が続いて、寝不足になっているのであれば、いつもよりも長めに睡眠を摂ることによって、疲労回復が期待できるのです。

ただし、睡眠不足によって発生する疲労は、1日で回復できるわけではなく、きちんと回復するまでに、数日かかる場合があります。

長時間の睡眠は、疲労を回復するのに有効ではあるのですが、睡眠時間が変動してしまうと、生活習慣の崩れてしまうことになります。

一次的に疲労を回復することができたとしても、生活習慣が乱れてより疲労が溜まるという事が発生することもあります。

そのため、睡眠時間を増やす場合には入眠時間を早くするのが良いとされ、起床時間をそろえると良いとされます。

人の体には体内時計がありますが、朝日によって時間を管理しているので、起床時間をそろえることで、体内時計のずれを少なくして、生活習慣の乱れを減少させつつ、睡眠時間を長くすることができます。

睡眠不足が続いてしまっている場合には、疲労を回復することも大切ではありますが、バランスが崩れてしまわないように十分に注意してください。

〇乱れた睡眠は疲労を溜める原因になります!

入眠時間をうまくコントロールすることによって、ある程度の疲労を回復することはできますが、やはり、睡眠時間のずれは体に負担となります。

慢性的に続けていくと、疲労が溜まってしまうことになりますので、満席的な睡眠不足にならないように、平日から睡眠時間を確保することは重要になります。

睡眠不足は効率が低下してしまうだけでなく、慢性的に続くと心臓病の原因となり、心臓発作によって死亡してしまう可能性もあります。

数日の睡眠不足で、心臓発作になるというわけではありませんが、睡眠時間が短いのは体にとって良くありません。

人は、一般的に8時間の睡眠の必要とされていますので、8時間の睡眠が確保できるようになることが大切になります。

睡眠時間が短くなって、体調不良が起きないように十分に注意してくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク