二日目のカレーは美味しいけど食中毒になる可能性!?二日目のカレーの危険性はいかがなもの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーは作りたてもおいしいのですが、カレーは二日目の方がよりおいしいと言われますよね。

そのため、カレーを少し多めに作っておいて、おいしくなった二日目のカレーを食べるという人も多いと思います。

二日目のカレーの方がおいしいと言われる理由は、カレーのとろ味がましてコクが出て、食材がなじむためです。

しかし、二日目のカレーは、細菌が増えてしまい、食中毒になりやすくなるのです、二日目のカレーには一体どの程度の危険性があるのでしょうか?

〇カレーは細菌が増えやすい環境です

二日目のカレーで食中毒の原因となることが多い細菌は、ウェルシュ菌になります。

細菌は加熱することで死滅させることができそうですが、ウェルシュ菌は芽胞と言われる、耐久性が強い構造物をつくる事が可能であり、加熱によってすべてのウェルシュ菌を死滅させることはできないのです。

また、ウェルシュ菌が残っていたとしても、加熱によって細菌の量は少なくなっていますので、1日目のカレーを食べても食中毒を起こすことはほとんどありません。

しかし、残したカレーにはウェルシュ菌がいますので、放置しておくと、カレーの中でウェルシュ菌が増殖することになります。

ウェルシュ菌は、嫌気性細菌といわれる酸素が好まない性質の細菌であり、カレーの中には酸素がほぼ含まれていませんので、ウェルシュ菌は増殖しやすくなっています。

さらに、ウェルシュ菌が最も好む温度は、43~47度であり温めたカレーが冷えていく時に、最もウェルシュ菌が増殖しやすい環境がそろうことになります。

このように、カレーを放置すると、大量のウェルシュ菌が増殖することになるのです。

特に夏場はカレーの温度が維持されやすく、ウェルシュ菌が増殖しやすい環境が長時間続くことになります!

どの季節で合っても、食中毒には注意が必要ですが、夏は常温でカレーを放置しないようにしましょう!

〇再加熱でウェルシュ菌を殺すことはできないの?

皆さんは、カレーを温める時にはどのぐらい温めるでしょうか、2、3分温めて終わりという人も多いと思います。

ウェルシュ菌は、簡単な加熱によって死滅する菌ではなく、少し加熱しただけではウェルシュ菌が残ってしまい、食中毒の原因となってしまいます。

ウェルシュ菌の食中毒を予防する場合には、しっかり加熱することが重要であり、カレーがグツグツしてから、15分ほど加熱することが必要とされています。

しっかり火を通すことによって、ウェルシュ菌を死滅させて、食中毒を予防することができます。

しかし、増殖したウェルシュ菌が多いと、しっかり加熱しても食中毒になるかもしれません。

カレーを保存する時には、ウェルシュ菌が増殖しやすい温度ができるだけ短くなるように、底の浅い容器にいれて、冷蔵庫で保存すると良いでしょう。

さらに、ウェルシュ菌は嫌気性細菌であるため、酸素が多いと増殖しにくい細菌になります。

調理の際にしっかりかき混ぜて、カレーに酸素がふくませておくと、ウェルシュ菌は増殖しにくくなります。

二日目のカレーはおいしいですが、できれば作った日に、食べてしまった方が、食中毒の危険性は少なく安心です。

〇臭いは関係ありません!

食材の中で菌が増えたら臭くなりそうですが、二日目のカレーの原因となるウェルシュ菌は、増殖しても無臭の細菌です。

また、カレーは香辛料が多く入っているため、臭いが強くもし、他の細菌が増殖していたとしても、臭いの変化は、気付きにくいのです。

腐っていないか、臭いと判別しようとすると人もいるかもしれませんが、カレーは臭いで食中毒を判断することは難しいのです。

臭いがおかしい時に、食べてはいけないのは当たり前ですが、臭いがおかしくなくても長期間保存したカレーは食べないようにしましょう。

また、カレーを保存する時には、室温で放置するのではなく、冷蔵庫に保存して細菌の増殖を防ぐようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク