のど飴って本当に効果があるの?普通の飴とのど飴には一体どんな違いがあるの!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喉が痛い時に舐めると喉の痛みを軽減するために、のど飴を舐めるという人は多いでしょう、私も喉が痛い時にはのど飴を舐めます。

そんな、喉が痛いた時に舐めるのど飴と、普通の飴には一体どんな違いがあるの気になりませんか。

のど飴を舐めることによって得られる効果と、のど飴の種類の違いにを知っておきませんか?

〇唾液が口の粘膜を保護する働きがあります!

のど飴を舐めると痛みが軽減しますが、これは飴を舐めることによって唾液が分泌されて、喉の粘膜を保護する作用があるためです。

喉が痛くなってしまう原因の1つは、喉が乾燥して喉の粘膜を保護する機能が低下してしまうためなのです。

飴を食べて、喉の乾燥が改善されるだけでも、喉の痛みは軽減させることができます、のど飴がない場合は、水分をこまめに補給して、喉の乾燥を防ぐことで痛みが軽減できます。

ただし、喉が痛くなっている時には、すでに細菌やウイルスが喉に付着して、炎症を起こしてしまっていますので、のど飴を舐めたとしても、痛みは軽減することができても、すぐに症状が改善するのは難しいです。

喉の痛みを治すためには、のど飴を舐める、こまめに水分を補給して喉の乾燥を防ぐ、安静にして体調を整えることが大切になります。

のど飴は、喉の痛みを軽減してくれますが、風邪を治してくれるわけではありません、症状を治すためには、自分の体調管理が大切になります。

〇のど飴と普通の飴の違いは?

喉の痛みを軽減してくれる作用があるのど飴ですが、のど飴には法律や基準があるわけではありません。

そのため、のど飴の成分はメーカーによって大きく違いがあり、メーカーがのど飴と販売すれば、のど飴になるのです。

実はのど飴という表現は、昔から利用されており、効果や効能を表記しているとは考えられておらず、効果や効能によってのど飴が決まるわけではないのです。

現在、販売されている普通の飴であったとしても、のど飴として販売することは可能なのです。

一般的には、ミントやメントールが含まれることが多く、喉がスースーしてさわやかになる商品が販売されている事が多いです。

喉がスースーさせることによって、痛みを感じにくくなると言われていますが、喉の痛みが治っているわけではありません。

唾液によって、喉の粘膜を保護する作用は、普通の飴にも存在していますので、のど飴がない時には、普通の飴を舐めても問題ないでしょう!

〇より効果を期待するなら医薬品と医薬部外品!

のど飴は、効果や効能をいっているわけではありませんので、薬ではなく食品になります。

食品なので、効果や効能が実際に認められてわけではなく、メーカーがのど飴として販売しているだけにすぎません。

食品とされているのど飴の中にも、喉の痛みを軽減する作用が強い飴あるかもしれませんが、私たちが判別するのは難しいですよね。

食品ののど飴よりも、より効果を期待することができるのど飴は、医薬品や医薬部外品ののど飴になります。

医薬品や医薬部外品ののど飴は、通常の食品ののど飴とは違い、薬として認められている、または、薬ではないけど近い効果があると認められている物です。

法律や基準などが存在していない、通常ののど飴とは違い、検査をされているので、それなりの効果が期待できて、炎症を抑えてくれやすいと考えられます。

食品ののど飴も、唾液の分泌によって、痛みを軽減してくれる作用はあるのですが、より強い効果を期待したいという人は、医薬品や医薬部外品ののど飴を購入しましょう。

どちらかというと、薬として認められている、医薬品ののど飴の方が、効果が期待できるでしょう。

医薬品ののど飴には、南天のど飴、浅田飴、ルルメディカルドロップがあります。

喉に痛みがある人は、のど飴をなめて痛みを軽減しては見てはどうでしょうか、普通の飴でもある程度は効果が期待できますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク