亜鉛が不足してしまっている人は多い!?サプリメントで栄養補給をした方がよいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

亜鉛は人が生きていく上で必要な栄養素であり、大人の体には約2gの亜鉛が含まれているのです。

体内に2gと非常に少ない量のミネラルではありますが、重要なミネラル分であり、タンパク質の合成や、インシュリンの分泌、免疫力に関係があるミネラルになります。

もし、亜鉛が不足してしまうと、味覚障害、免疫力の低下、皮膚の異常などの症状が見られることになるのです。

また、亜鉛は不足しやすい栄養素であることが知られているのです!

〇亜鉛は不足することが多い栄養素

亜鉛は鉄よりも体内の保有量が少ない栄養素ではありますが、尿の溶けやすく鉄よりも多く失われるため、鉄に比べて1日に摂取しないといけない量が多い栄養素なのです。

1日に亜鉛の推奨量は、男性で10mg、女性では8mgとされており、日本人が摂取している亜鉛は1日に男性で9mg、女性では7mgとされており、日本人は亜鉛の摂取量が不足しているの可能性があります。

ただ、推奨量はほとんど人が、必要量を満たす基準であるため、推奨量を下回ったからと言って、必ずしも人体に悪影響が出てしまうわけではありません。

もちろん、推奨量が下回ることで亜鉛欠乏症になる可能性が少なからずありますので、推奨量を目指して食事をするのが良いことは確かです。

亜鉛を多く含む食品には、貝類、肉類、卵、チーズなどに多く含まれる栄養素になります。

食事からでは不足しているなと感じる場合には、サプリメントを服用して、栄養素を補うのも良いでしょう。

サプリメントを服用する場合は、推奨量を目安に不足分を服用するようにしましょう。

推奨量に比べて亜鉛の摂取量が少ない人がいますが、亜鉛欠乏症を発症する人はあまりいません。

〇不足しがちですが過剰摂取は危険です!

亜鉛は不足しやすいミネラルであるため、不足している量はサプリメントで補うこともある栄養素です。

しかし、サプリメントに含まれている亜鉛は多いので、あまり多く飲みすぎると過剰摂取になってしまう可能性があります。

サプリメントは服用すればするほど、健康になるという物ではありません、不足した栄養素を補うことは大切ではありますが、服用しすぎないようにすることが大切になります。

亜鉛の摂取上限は30mgと言われており、日常的に30mgの亜鉛を摂取すると過剰症になる可能性があります。

サプリメントでは、1錠で亜鉛10mg含まれていることも多く、不足しがちだからといって、1日に2錠服用すると、食事の摂取量と合わせて上限を超える可能性があります。

サプリメントを服用する場合は、サプリメントに書かれている、目安を守って服用するようにしましょう。

また、サプリメントを毎日服用するのではなく、2日に1度の服用にして、亜鉛の摂取量のバランスをとるのも、過剰摂取を防ぐのに有効です。

推奨量は毎日必ず、超えないといけない摂取量ではありません、食材の種類によって、推奨量を超えない栄養素は出てきます。

栄養不足は1日で考えるのではなく、日ごろから不足していないか考えることが大切になります。

〇過剰症になるとどうなるの?

亜鉛は摂取量が不足することはありますが、通常の食生活で過剰摂取になってしまうことはありません。

しかし、サプリメントで亜鉛を大量の摂取することで、亜鉛の過剰症状がでてしまうことがあります。

急性中毒では、嘔吐、めまい、胃痛などの症状が出ることになります、1日に2gほど摂取すると急性中毒になるといわれており、サプリメントを多めに摂取した場合でも基本的に急性中毒になることはありません。

慢性的に亜鉛を過剰摂取した場合には、銅欠乏性貧血や鉄欠乏性貧血、免疫力の低下、下痢などの症状を起こすことになります。

亜鉛は不足しやすい栄養素ではありますが、過剰摂取になってしまうこともありますので、サプリメントを服用する際には、過剰摂取にならないように十分に注意してください。

あなたは、亜鉛が不足していませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク