二枚爪はどうして発生してしまうの?頻繁に発生す津二枚爪は栄養失調が原因かもしれない!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「爪の表面が剥がれてしまった二枚になった!」という経験はありませんか、このように爪の表面が剥がれてしまうことを、二枚爪というのです。

実は、人の爪は背爪・中爪・腹爪の3層構造になっており、爪の表面にあたる背爪は圧力がかったりすることにより、薄く剥がれてしまうことがあるのです。

なぜ、背爪が剥がれて二枚爪になってしまうのでしょうか、二枚爪が起きてしまう原因を紹介します!

〇多くは圧力によって発生する

二枚爪になってしまう原因の多くは、爪に圧力がかかることによって剥がれてしまうためです。

指先を良く使う仕事をしている人や、爪を擦るようなスポーツ・趣味がある人は、二枚爪を起こしやすいと言われています。

現在はパソコンを使う仕事が増えてきており、キーボードを指で強くことで、爪に負荷がかかり二枚爪になることがあります。

また、二枚爪は爪切りを起こっている時に、発生することも多く、爪切りは爪にとって大きな負担となっています。

爪をきった後すぐは二枚爪を起こしやすくなっていますので、爪に負担がかかることは避けた方が良いでしょう。

さらに、爪を切った後に爪やすりで爪の表面を整えることで、二枚爪になってしまうのを予防することができます。

爪の表面が剥がれてしまうと、なにか病気なのでは心配になることもあるかもしれませんが、多くの場合は、ただ爪に強い圧力がかかってしまっただけのようです。

爪が剥がれて心配であれば、皮膚科に受診しても良いですが、たまに二枚爪になる程度であれば問題はないでしょう!

〇何度も発生するのは栄養不足かも?!

爪はタンパク質から作られており、爪のタンパク質が不足してしまうと爪は脆く割れやすくなります。

たまに二枚爪になる程度であれば、問題はありませんが、同時に複数の爪が二枚爪になる、何度も二枚爪になってしまう場合は、栄養失調の可能性が疑われます。

無理なダイエットや、偏った食事でタンパク質が不足していないでしょうか、二枚爪が頻発するのは栄養失調が原因かもしれません。

また、爪を作るためには鉄も必要であり、鉄欠乏性貧血を発症している人が、二枚爪になってしまうこともあります。

二枚爪が頻繁に発生する場合には、栄養不足によって爪が脆くなっている場合が多いですが、稀に病気が原因で二枚爪になることがあります。

二枚爪になっただけで危険な病気だと判断することはできませんが、二枚爪と一緒に、頻脈、手足の震え、眼球突出、急激な体重増加などの症状がある場合は、バセドウ病の可能性がありますので、内科に受診しましょう。

よく二枚爪になって気になる場合は病院にいって良いですが、二枚爪が危険な病気の兆候であることは基本的にありません。

二枚爪にならないためには、爪のケアをすることと、食生活を正すことが大切になります。

〇水分が失われると二枚爪になり易くなります!

二枚爪を起こしやすくする原因は、爪の栄養素の不足だけでなく、爪の水分が失われることも関係があります。

爪は、一般的に10~15%ほどの水分が含まれており、水分が失われると柔軟性が失われて脆くなってしまいます。

冬場の乾燥している時期には、爪の水分が失われやすいために、二枚爪が発生しやすくなります。

冬場に良く二枚爪を起こす人は、爪にもハンドクリーム塗るとある程度、予防することができます。

また、良く水仕事をする人は、爪が傷つきやすく二枚爪になってしまうこともあります。

そのほかには、爪に除光液を塗ると爪が脆くなり、二枚爪になり易くなります、マニキュアを使う人は、爪に除光液を塗りすぎないように注意しましょう。

爪が長いとぶつけやすく、二枚爪になり易いので、爪は短めに整えて、爪やすりで磨くようにしましょう!

よく二枚爪になってしまう人は、二枚爪になりやすい行動をしていませんでしたか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク