薬で老化が抑制できる時代がやってくる!?健康的な体を保つために抗老化薬が役立つようになるかも!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人は誰でも老化してしまい、老化することによって、体の至るところに不調が出てきてしまいます。

当たり前ではありますが、生まれたばかりの赤ちゃんであったとしても、70年も時間が経つと老化して、高齢者になってしまいます。

老化は誰でも避けては通れない物ですが、できれば老化を抑制したいと思っている人は多いと思います。

私もできれば、老化を抑制したいのですが、老化を抑制する薬が開発されることはあるのでしょうか?

〇薬で老化は抑制できるの?

医療が発展している現在でも、不老不死になれるような薬は、作ることができていません。

しかし、不老不死は無理でも、老化を抑制することができる薬は存在する可能性があると言われています。

実際、糖尿病に使用されるメトホルミンと言われる老化を抑制する効果が期待されて、研究が進んでいます。

また、鎮痛薬の一種であるアスピリンにも、老化を防止する作用があるのではないかと言われています。

このように、すでに老化を抑制する可能性がある薬が存在しており、薬で老化を抑制して長生きする時代が到来する可能性は十分にあるのです。

現在は、研究中であり人にはどれほどの効果があるか、どのぐらいの量で効果が期待できるか、服用量で副作用はどれぐらいあるかなど、わかっていないことが多いです。

老化を防止する薬として、販売されるまでには、もう少し時間がかかることになるでしょう。

鎮痛薬であるアスピリンであれば、薬局で購入することができますが、効果が期待できる量がわかっていないため、老化防止のために勝手に服用するのは危険です。

また、糖尿病の治療薬であるメトホルミンは処方薬であるため、糖尿病患者でなければ、海外から個人輸入しないと入手できませんが、こちらも副作用が危険なので行ってはいけません。

本来の目的とは違う方法で、日常的に服用すると、肝臓疾患になることもありますので、老化を抑制する薬として、販売されるまで待ちましょう。

〇抗老化薬のメリットとは

抗老化薬が開発されて老化が抑制することができるようになれば、一体どのようなメリットがあるのか知りたいですよね。

まず、老化を抑制されることで、運動機能の低下を抑えることができ、長生きすることができます。

医療技術に発展によって長生きできるようになりましたが、筋力低下によって寝たきりとなってしまう人が多いです、老化を抑制することができれば、健康寿命を伸ばすことができます。

また、老化は体が衰えて筋力が低下したり、内臓の機能が低下してしまうだけでなく、病気とお大きく関係しています。

ガン、脳卒中、心筋梗塞、認知症などの高齢者が発症することが多い病気は、老化を抑制することができれば、発症を抑えることができるのです。

さらに、生活習慣病の多くは、加齢によって発生しやすくなるため、抗老化薬によって臓器が若く保たれれば、発症しにくくなります。

抗老化薬はただ、体の若く保つというだけでなく、加齢によって発生する病気を予防する効果が期待できます。

今は、販売されてはいませんが、研究が進んで誰もが服用することが可能になれば、ぜひ服用してみたいですね。

抗老化薬を服用して、少しでも寿命が延びるとよいですよね。

〇薬なので副作用はあります!

抗老化薬は、老化を抑制して若い体を保つために利用される薬のことです。

抗老化薬も薬なので、健康に良い部分だけでなく、大量に服用することによって、副作用を起こしてしまうこともあります。

抗老化薬として期待されている薬はありますが、服用量が分かっていないため、服用することは望ましくありません。

また、抗老化薬が販売されるようなったとしても、副作用があることを理解して、医師の処方に従って服用しなくてはいけません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク