妊娠中に喫煙することによる胎児への悪影響は?!特に妊婦さんの周りでは喫煙するときに配慮するようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊婦は飲酒や喫煙をしてはいけないと言われていますが、なぜ飲酒や喫煙をしてはいけないのでしょうか?

妊婦が飲酒や喫煙をすることによって発生する胎児への悪影響を知りましょう!

妊婦が飲酒や喫煙を続けてしまうと、最悪の場合は赤ちゃんを死なせてしまう危険性すらあるのです。

〇アルコールは胎児にも送られる!

胎児と母親の血液はへその緒を通してつながっており、妊婦が飲酒をして血中にアルコールが混ざると、胎児にもアルコールが送られることになります。

成長した大人の肝臓であれば、アルコールを飲んでも分解して悪影響は強く出ませんが、胎児の肝臓は未発達であるため、アルコールをうまく分解できずに、長時間体の中に残ってしまいます。

胎児の体の中にアルコールが長時間残ることで、胎児の体に悪影響をきたしてしまいます。

まず、母体の中の発育が遅れるとされ、低体重や低身長で子どもが生まれてくる可能性が高くなります。

中枢神経(脳など)に異常が出てしまうこともあり、生まれた後に物覚えが悪い、注意力の欠如、コミュニケーション能力が低いなどの問題が出てきます。

妊婦がアルコールを飲んでしまうと、生まれてきた胎児に何らかの問題が出てくる可能性が高くなります。

少量の飲酒であっても、胎児はアルコールを分解する力が弱いため、悪影響となってしまいます。

赤ちゃんの妊婦は常に、繋がっていますので、妊婦はアルコールを飲むと退治に影響がでます、少量であったとしても飲んではいけないのです。

〇喫煙が与えてしまう胎児の悪影響

喫煙には、血管を収縮される作用がありますので、喫煙すると血管が収縮して血液の流れが悪くなり、子どもに栄養が渡りにくくなります。

そのため、飲酒した時と同様にタバコを吸っている妊婦の子どもは、低体重、低身長出生まれやすく、中枢神経に問題が合って生まれてきてしまう可能性があります。

また、無事に生まれてきても、親が妊娠中に喫煙していた赤ちゃんは、乳幼児突然死症候群を発症しやすく、生まれた後に突然亡くなる可能性が高いです。

飲酒と喫煙の違いをあげるとすれば、飲酒は自分が飲むか、飲まないか、なので、自分の意志で胎児への影響を予防しやすいです。

対して、喫煙は自分で止めていても周りの喫煙者がいて、常に受動喫煙に晒される状態であれば、影響を出てしまう可能性がある事です。

タバコの煙は胎児にとって悪影響になりますので、周り人も配慮して、妊婦の周りでタバコを吸わないようにしないといけないのです。

絶対に吸ってはいけないというわけではありませんが、室内でタバコを吸わないようにして、タバコを吸った後も数分間は妊婦に近づかないようにしましょう。

タバコを吸った後の口や服には、タバコの有害物質が付着しているので、微量ではあるかもしれませんが、接触しないのが良いのです。

タバコも胎児に悪影響となりますので、周りに人も配慮するしましょう!

〇本人の意思が飲酒や喫煙では重要です

日常的に飲酒や喫煙を行った人であれば、妊娠したからと言って、飲酒や喫煙をやめるのは辛いかもしれません、しかし、健康な赤ちゃんを産むためには必要なことです。

飲酒や喫煙は最悪の場合には、赤ちゃんを殺してしまう可能性もある行為となります。

もし、自分の意志だけで飲酒や喫煙をやめるのが難しいという人は、周りの人に相談して禁酒、禁煙を手伝ってもらいましょう。

また、禁酒や禁煙は妊娠する前に始めておくと楽なので、飲酒や喫煙をしていて、これから子どもを産みたいという人は、禁酒・禁煙を始めましょう。

自分だけで禁煙が難しい場合は、禁煙外来に受診して禁煙するのも良いかもしれません。

飲酒はタバコに比べて依存性が少ないので、自分の意思で止められる可能性が高いですが、依存症になっている場合は、精神科に受診することをすすめます。

〇授乳期にもアルコールは飲んではいけない?

子どもが生まれた母乳を赤ちゃんに与えることがあると思いますが、母乳は血液にから作られている物質です。

そのため、血中にアルコールが混ざった状態で授乳をすると、母乳にアルコールが混ざる可能性があり、子どもの健康に良くありません。

飲酒1時間後の母乳には、血中濃度の約90%のアルコールが検出されるとされ、母乳はアルコールが流れやすいです。

出産して安心してアルコールを大量に飲んだ後に、授乳をしてしまうと大量のアルコールが赤ちゃんに送られることになります。

子どもの健康を守るためには、生まれた後も禁酒と禁煙は続けていくことが大切になるのです。

もし、飲酒した後に授乳するのであれば、2時間以上あけてから授乳するのが大切だとされています。

ただし、これは少量のお酒を飲んだ場合であり、大量の飲んだ場合はアルコールを抜けきりません。

また、日本人はお酒に強い人と、少しお酒に弱い人がおり、少しお酒に弱い人であれば、アルコールが抜けきらない可能性があります。

どうしてもお酒が飲みたいという人は、粉ミルクと母乳をうまく使い分けて、飲酒後に感覚を開けてから、授乳することが大切です。

飲酒と喫煙は胎児に悪影響を与えることを覚えてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク