言葉が詰まってうまく話せないのは吃音症の可能性があります!あなたのお子さんは言葉が詰まることはありませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吃音症はコミュニケーション障害の一種であり、言いたいことはわかっているのに、うまく言葉に出すことができない症状のことです。

吃音症は子どもの時に発症する病気であり、子どもが良く言葉を詰まらせている場合には、吃音症の可能性があります。

頭では言いたいことがわかっているのに、いざしゃべろうとすると、言葉が詰まってしまうという症状がある場合には吃音症かもしれません。

〇吃音症の代表的な症状とは!

吃音症の症状は3つに分けることができ、連声型、伸発型、無声型があります。

連発型は、最初の言葉を繰り返してしまう症状のことで、挨拶しようすると「お、お、お、おはよう」と言った感じになります。

伸発型は、最初の言葉を引きのしてしまう症状のことで「おーーはよう」といった感じの発音になります。

また、無声型の症状が出てくると、挨拶をしようとすると「おっ……」言葉が続かずに途中で止まってしまうことになります。

症状は連声型、伸発型、無声型の3つがありますが、個別に症状が出てくる場合もあれば、吃音の症状が進行して症状が合わせって出てくることもあります。

これらの、代表的な症状が出ている場合には吃音症の可能性が疑われます、子どもの吃音の症状が出ている場合には、小児科に受診して診てもらった方が良いでしょう。

早く治療してしまった方が、吃音症状は回復する可能性が高いと言われています。

また、吃音症は小児の時に発症し、4分の3は特に治療をしなくても治っていくとされ、吃音に気づかずに治っていく子ども多いです。

吃音症は子どもの時には出やすい症状であり、自然になおることも多いのですが治らないこともありますので、吃音の症状に気づいた場合には早めに病院に行くの良いでしょう。

子どもの時に治ってしまう人が多いですが、大人になっても、吃音が治らずに、話すと言葉が詰まるという人はいます。

〇世間にはあまり知られていない病気

吃音症を発症する人は多くいますが、吃音症はあまり知られていない病気であり、会話中に言葉がつまっても吃音だと思われることはほとんどなく、理解されにくい病気になります。

私も大人になるまで吃音症という言葉を聞いたがことなく、理解していませんでした。

会話中に吃音症の症状が出た場合には、緊張して言葉が出ない、コミュニケーションが苦手だと捉えられてしまいがちです。

吃音症という、言葉が詰まってしまう症状に悩まされている人もいるということを理解することが大切になります。

吃音症は理解されないことが多く、精神的な負担になってしまうこともあり、うつ病を発症することもあるようです。

ただ、言葉が詰まってしまう病気と考えている人もいるかもしれませんが、患者にとっては苦痛となります。

吃音症は、周りの人が症状のことを理解して、サポートしてあげることも大切になります。

〇吃音症を発症してしまう原因

吃音症を発症してしまう原因は良く分かっていませんが、ストレスや、言葉を覚える環境が吃音症の発症させるきっかけになると言われています。

また、子どもの時に左利きから右利きに矯正するのも、ストレスになり吃音症の原因になるといわれています。

吃音の気脚気になる物を取り除くのは難しいかも知らませんが、覚えるならが改善した方が良いでしょう。

また、男女でいうと男の子が吃音症を発症しやすいと考えらえています。

家族に吃音症の人がいると、発症しやすくなるとも考えられています。

さらに、吃音症状は緊張時に出やすいとされており、緊張しながら会話をすると余計に吃音症が強くなる可能性があります。

難しい事かもしれませんが、会話をすると時には吃音症をできる限り考えないようにすれば、吃音症状が治まりやすくなります。

お子さんに吃音の症状が出てきていませんか、早めに小児科に受診するようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク