痰はできるだけ吐ききった方が体に良い!?痰をできるだけ吐くためにはどうすれば良いの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を引いたりすると、痰が絡む、痰がきれないといった症状が出ることがありますよね。

風邪を引いたり、呼吸の調子が悪いと痰が多く出るようになるのは、一体どうしてなのでしょうか、痰の役割を知らない人もいるでしょう。

痰は実は体を守るための免疫機能であり、痰はできるだけ吐いてしまった方が健康に良いのです、痰を吐きるためには一体どうすればよいのでしょうか?

〇免疫機能である痰の役割とは?

痰とは肺や気道から分泌される粘液のことで、異物を絡めとって排出するために分泌されています。

この痰は健康な人で合っても常に分泌されており、異物を排出することによって、肺や気管支といった呼吸を守ってくれているのです。

ただし、健康な人の痰の分泌量は少なく、分泌された痰は自然に食道から流れて胃に落ちていくため、普段は痰を感じることはほとんどありません。

胃には胃酸がありますので、痰が流れてきても殺菌さえるので問題になりません。

喉に痰が絡む、痰が切れないといった症状は、細菌やウイルスなどが肺や気道に侵入することで、異物を排除するために痰の分泌量が増えるために発生します。

痰が多く出るようになったという場合は、感染症が疑われるので体調を気にしておくことをおすすめします。

風邪を引いていなくても、気道や肺に病原菌が侵入すれば、痰が大量に出てくることがあります、気管支炎などになっていることもありますので、肺や気管支に異常があれば早めに病院に受診しましょう。

また、風邪を引いて鼻水が多く出る時に、鼻水が喉に流れて痰が絡んでいるように感じられることがありますが、痰ではなく後鼻漏といわれる症状になります。

後鼻漏は鼻水が原因で発生しており、鼻づまりなどの症状がある時に出てきます、後鼻漏の症状を抑えるには、耳鼻科を受診しましょう。

慢性的に後鼻漏が続く場合は、慢性副鼻腔炎などの鼻の病気の可能性があります!

〇痰はできるだけ吐いた方が良い!

痰はウイルスや細菌などを絡めとり、排出するための分泌物であるため、痰が発生する場合は外で出してしまった方良いです。

痰は辛いので痰は止めたいと思うかもしれませんが、痰を止めると病原菌の排出が抑えらて感染症の危険性が高まるので、できり排出した方がよいのです。

しかし、痰が大量に出てくる場合は、痰を吐き続けると喉に負担となってしまうので、喉に痛みを感じる場合は、無理に痰を吐く必要性がありません。

また、痰が多くでて中々とまらない場合や、何日も痰がでる症状が続いている場合には、気管支炎や肺炎などが疑われますので、病院に受診しておきましょう。

さらに、痰の色は一般的に白や黄色が多いのですが、血が混じった赤い痰や、黒い色の痰が出る場合には、危険な病気が隠れている場合がありますので、早めに医師に相談することをおすすめします。

黄緑や緑色と言った痰は細菌が気道に侵入している証拠ですので、こちらも病院に受診した方が安心です。

痰は細菌やウイルスから、呼吸を守るために分泌されています、痰が出る場合は吐いて、気になる症状は早めに病院に受診するのが良いでしょう。

〇痰を吐きやすくするためには!

痰は細菌やウイルスを外に出すためにあるため、痰が絡んだまま放置するよりも、早めに吐き出してしまった方が良いです。

痰はネバネバしており、喉に絡みやすいので水分を補給して喉がからはがすと、痰を吐きやすくなります。

また、湿度を高くすることも、痰を吐きやすくする方法の一つとなっていますので、痰を吐きたい人は湿度の高い場所に移動しましょう。

さらに、横になって深呼吸をすると、深呼吸と共に痰が口の方に流れてきますので、痰がきれないという人は、横になって深呼吸をしてみるのも良いでしょう。

それでも、痰がきれないという人は、去痰薬を使用して、痰の粘りをとるなどすると、痰が吐き出しやすくなります。

痰は体に良い物ではありませんので、痰はできるだけ吐き出すようにしましょう!

〇道端に痰を吐くと犯罪になる!?

痰は細菌やウイルスが含まれているので、外に排出するのは良い事ではありますが、道端に痰を吐いていけません。

公共の場で痰を吐く行為は、軽犯罪法第1条第26号に抵触するので、警察に見つかった場合は拘留または、科料に処される可能性があります。

拘留されれば1日以上30日未満、刑事施設で拘置され、科料となれば千円以上1万円未満のお金が徴収されます。

痰を吐く行為は、軽微は犯罪なので、発見されても見逃される可能性は高いのですが、犯罪ではありますので、止めておくことをおすすめします。

痰を吐きたくなった場合は、ティッシュなどに吐いてゴミ箱に捨てるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク