足が臭くなってしまうのはなぜ?足の臭いをできる限り少なくする方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「靴を脱いだら足から嫌な臭いがするけど、一体どうしてなの?」と思ったことがある人もいるでしょう。

足が臭いと恥ずかしいですし、嫌ですよね、何が原因で足が臭くなってしまうのか知りたくはありませんか?

足が臭くなってしまう原因と、足が臭くならないための対処方法を知りましょう!

〇靴の中で雑菌が繁殖しています!

靴を脱いだ足が臭いのは、靴の中が蒸れて雑菌が繁殖してしまったためです。

足の裏は汗腺が発達している部分であるため良く汗をかきます、そのため靴の中は非常に蒸れやすくなっているのです。

細菌は高温多湿の場所で繁殖しやすいので、体温と汗で高温多湿になってしまった靴の中は絶好の繁殖場所となり、臭いの雑菌が繁殖して足が臭くなるのです。

汗と体温が原因で足が臭くなるのは分かったと思いますが、足に汗を止めたり、体温を低下させたりすることはできませんよね。

汗と体温を調節することはできませんので、重要になのは他の方法で、雑菌の繁殖をできるだけ抑えることです。

足の臭いの原因となる、雑菌はどうすれば繁殖を抑えることができるのでしょうか?

〇足の臭いを止めるためにはどうすれば良いの?

足の臭いの原因は足に臭いの原因となる雑菌が繁殖していることが理由に挙げられますので、石鹸を使って足をキレイし、その後除菌シートを使って足を殺菌しましょう!

足の汚れを落として、除菌することによって足から臭いの原因となる雑菌を殺菌することができます。

また、足の臭いの原因となるのは、靴に雑菌が繁殖しているのも原因となりますので、靴を洗ったり、除菌スプレーをかけたりして日光に当て乾燥させましょう。

足や靴を除菌することによって、臭いは出にくくなりますが、同じ環境を続けていれば足は臭くなります。

そこで、靴に除湿や消臭効果のインソールを靴の中に入れておくと、雑菌の繁殖を抑えて臭いが出にくくなります。

また、同じ靴を毎日履くのも、雑菌が繁殖しやすくなりやすく原因であり、一日ごとに靴を交換すると、靴が乾燥するので雑菌が繁殖しにくくなり、足が臭くなりにくくなります。

変えの靴が無く、同じ靴を履くことが多いという人は、除菌スプレーを使用して雑菌の繁殖を抑えるか、たまに天日干しをして雑菌が繁殖しないようにすることが大切です。。

足と靴の雑菌の繁殖を抑えることによって、足の臭いを軽減することができます。

さらに、通気が悪く雑菌が繁殖しやすい靴がありますので、汗をかきやすく臭いが出やすい人は、通気性の良い靴を選ぶことが大切になります。

〇足の臭いは水虫のせいではない!?

水虫の人の足は臭いと言われることがありますが、水虫は臭いを発生させる原因菌ではありませんので、水虫だから足が臭いというわけではありません。

しかし、水虫は他の細菌と同様に、高温体質の場所で感染しやすいため、水虫を発症している人は、他の細菌が足で発生しやすい環境になっているのです。

このように、臭いの原因になる細菌と、水虫が好きな環境が似ているため、水虫を感染している人は、足が臭いことが多いのです。

また、水虫に感染すると皮膚がジュクジュクして浸出液が出てきますが、この皮膚がジュクジュクした状態は、細菌が繁殖しやすい環境となります。

水虫の繁殖が直接、臭いの原因になっているわけではありませんが、間接的に臭いの原因になっているため、水虫を解消することは足の臭いを解消するために必要になっています。

市販薬でも水虫を治せますが、水虫を判別するのは難しいので、一度皮膚科に受診することをおすすめします。

水虫の症状は人によって違いがありますので、足に痒みがある、足がジュクジュクしている、足が裏がカサカサしているなどの症状がある場合は、水虫を疑い皮膚科に受診することをおすすめします。

実は、男女に関係なく水虫を発症している人は多く、気付かずに家族にうつしていることもありますので少しでも気になる症状がある人は、受診した方が良いでしょう。

女性でも5人に1人は水虫であるといわれており、水虫を発症していることは決して珍しいkとはありませんよ。

足の臭いが気になる人はいませんか、原因は足に雑菌が繁殖してしまっているためです、できるだけ雑菌の繁殖を抑えて、臭いを抑えるようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク