血液検査で肝機能を表している数値にはどんな意味があるの?肝機能の数値が悪くなっていませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血液検査で気になる数値の1つに、肝機能の数値があり、前よりも高くなったと心配になっている人もいるでしょう。

しかし、肝機能をあらずALT、AST、γ―GDPと言われても何の数値なのかわからないという人も多いと思います。

肝機能を示すデータは一体何の量を表しているのでしょうか?

〇肝臓にはどんな役割があるの?

肝臓は他の臓器に比べて多くの役割を担っている臓器であり、なんと500以上仕事がある優秀な臓器なのです。

肝臓の役割として最もよく知られている機能と言えばアルコールを分解する機能ですが、肝臓はアルコール以外のさまざまな物質を分解して無害化する性質があります。

また、胆汁という消化液を作ったり、栄養素を加工したり、脂質や糖質を貯蔵したりと様々な性質があるのです。

多くの役割を持っている臓器であるため肝機能が低下してしまったとしても、人工装置を使用して、肝機能を補うのは非常に難しいのです。

もし、肝硬変などによって肝臓の機能が低下してしまえば、移植によって肝機能を復活させるしかありません。

肝臓は沈黙の臓器であり、数値が高いのに放置すれば肝炎や肝硬変を発症して、肝不全になる可能性があります。

血液検査で肝機能の数値が異常だといわれた人は、生活習慣を見直すようにしましょう!

〇ALTとASTは細胞内に含まれる酵素

肝機能を測るために利用される、ALTとASTは細胞内に存在している酵素であり、肝細胞中にも存在しています。

ALTとASTは細胞内に存在している酵素であるため、細胞が破壊されることによって血中の濃度が増加します。

ALTとASTが高くなっているという事は、肝細胞が破壊されて酵素が血中に流れてしまったと考えることができます。

どちらも肝臓に含まれる酵素ではありますが、肝臓以外の場所にも含まれる酵素であるため、ALTとASTの片方の酵素のみが増えている場合には、肝臓以外の細胞が傷つていいる可能性があります。

肝機能に関係が無いにしても、細胞が破壊されることによって発生する酵素なので、数値が高くなるのは良くありません。

〇肝臓の細胞から出るγーGDP

γーGDPも細胞が破壊された時の酵素ではあり、肝臓の細胞が多く含まれているため、γーGDPの数値が高くなっている場合も肝臓に悪影響が出ている可能性が高いです。

γーGDPはアルコールに反応しやすい数値であるため、ALTとASTの数値は低く、γーGDPのみ高い場合はアルコールが原因で高くなっているか、肝臓の以上ので始めの可能性があります。

このように、γーGDPのみ数値が高くなっている場合は、数日間の禁酒して再検査を行う必要性があります。

禁酒をして再検査をおこなったのにも関わらず、γーGDPが高い場合は膵臓や胆道、に異常がある場合もあります。

γーGDPが高いからと言って、必ずしも肝機能が低下しているわけではありませんので、反応が出やすい物質であるため、γーGDPの数値が高くなっている場合は注意が必要です。

また、アルコールによって数値が変化しやすいので、血液検査を行う前日などは禁酒をした方が良いです。

〇肝機能の低下で漏れ出すビリルビン!

ビリルビンという物質は、赤血球に含まれる物質であり古くなった赤血球を破壊する時に発生する物質になります。

ビリルビンは肝臓に集められて胆汁内に捨てられているため、血中にはそれほど含まれていませんが、肝機能が低下して胆汁の流れが悪くなってくると、血中にビリルビンが流れて出てしまい、総ビリルビンの濃度が高くなってしまうことになります。

肝硬変が親展してしまったり、胆管に胆石が発生しまった時等に、総ビリルビン量が高くなるため、総ビリルビン量が高くなっている場合は肝臓付近に異常が出ていると考えられます。

また、肝機能が低下することによって低下することが知られるのは、アルブミンと言われるタンパク質です。

アルブミンは肝臓で作れるタンパク質であるため、肝機能低下するとアルブミンの数値が低下していきます。

さらに、アルブミンは血中のタンパク質の3分の2を占めているため、アルブミンが作れる量が低下すると、血中のタンパク質の量が低下することが知られています。

このように、肝臓の細胞が破壊されたり、肝機能が低下することで血液検査で異常が出てくるようになります。

血液検査で異常でてしまっている場合は、精密検査を受けるようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク