インプラントにはどんな良さがあるの?知っておきたいインプラント治療のメリットとデメリット!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永久歯は一度抜けてしまうと再び生えてくることがありませんので、大人になってから歯を失えば、入れ歯やブリッジ治療、インプラント治療を行い、歯を補う必要性があります。

そのため、歯を大切にしないといけませんが、抜けてしまったら人工歯するしかありません。

最近では、インプラント治療を行う人が増えてきましたが、インプラントにはどのようなメリットがあるのかきになりますよね。

入れ歯とインプラント治療にはどんな違いがあるのか知っておきませんか?

〇インプラントのどこが良いの?

インプラント治療とは、失った歯の下の顎の骨にインプラント体と言われる金属を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療方法になります。

イランプラント治療で作られた歯は、入れ歯に比べて元の歯に近く、しっかり噛んで食事をとることができます。

また、インプラント体に人工の歯が固定されるので、入れ歯の様に何度も取り外す必要性が無く、違和感が少ないのも特徴の一つです。

インプラントが増えてきているのは、自然な歯に近いことが大きな理由となっているでしょう。

さらに、インプラント治療は他の歯に与える影響が少ないことも利点であるとされ、入れ歯やブリッジ治療に比べて周りの歯への影響が少ないのです。

ブリッジ治療とは、抜けている歯の隣の健康な歯を削り、削った歯を支えにして人工の歯を作る治療方法です。

ブリッジ治療をすると見た目は改善しますが、削られた歯の寿命が短くなり、抜けた歯、削った歯ともに、入れ歯になり易くなります。

インプラントは、周りの歯を大事にしたい、自然に近い歯がほしいという人におすすめの治療となっています。

〇メンテナンスを怠ると歯周病の原因になります!

インプラント治療は、インプラント体を顎の骨に埋め込んで治療する方法であるため、埋め込んだインプラント体の周りから歯周病菌が侵入しやすくなり、メンテナンスを怠ると、歯周病の原因になってしまいます。

インプラント治療で作れた歯は、歯磨きなどのセルフメンテナンスでは不十分であり、通常の歯に比べて歯周病が進行しやすいため、定期的に歯科に受診することを忘れてはいけません。

インプラント治療後の定期検診を怠ってしまうと人工歯がすぐにダメになってしまい、入れ歯をしなくてはいけなくなるかもしれません。

インプラント治療を行った場合には、今まで以上に歯科に受診することが大切になります。

また、高齢者の歯茎は弱く、唾液が少なく虫歯になりやすいので、インプラント治療を行っていなくても、定期的な歯科の受診は歯の健康のために重要となります。

歯に異常がない場合であったとしても、半年に1度は歯科に受診した方が良いとされています。

歯の健康を保つためには、定期的に歯科に受診してメンテナンスを行うようにしましょう!

定期的に歯科に受診することで歯が抜けるのを防ぎ、入れ歯、ブリッジ治療、インプラント治療を行わなくても良い歯を保つのに役立ちます。

虫歯などの治療も痛みが出る前に、気付けば歯をあまり削らずに済みます。

〇インプラント治療のデメリット

インプラント治療は、ブリッジ治療や入れ歯とは違い、骨にインプラント体を埋め込むために、外科的手術が必要となります。

インプラント治療の手術の成功率は高くはなってきていますが、やはり多少のリスクがあることは理解しないといけません。

非常に稀ではありますが、麻酔合わなかったりした場合には、亡くなってしまうこともあります。

また、インプラント治療は保健適用外となっていることもあり、治療にかかる費用が高額になってしまい、一本の歯にかかる費用は30~50万と言われています。

大がかりの手術は受けたくない、歯のために高額な治療費を払うのは難しいという人には向いていない治療となります。

さらに、手術が成功したとしてもすぐに人工歯をかぶせることはできず、インプラント体と骨が結合するまで数カ月ほど待たなくてはいけません。

自然に近い人工歯であること、しっかり噛むことができるなどのメリットはありますが、デメリットも多い治療となっています。

インプラント治療を行おうと考えている人は、メリットとデメリットを良く考えてから、治療するようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク