好転反応って一体どんな症状が発生するの?好転反応だとおもったら副作用であることもある!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好転反応は薬を服用したり、施術を行ったりして症状が改善する過程において、発生してしまう身体的な症状をいいます。

症状が改善する前に発生する一時的な身体的な症状であり、これから症状が改善していく段階なので心配になるかもしれませんが、好転反応であれば問題はないとされています。

ただし、治療中に発生するすべて身体的な症状が好転反応というわけではありません、好転反応と副作用を勘違いしないように十分に注意してください。

〇好転反応には一体どんな症状があるの?

好転反応によって発生する症状は、病気の種類や個人によっても違いがありますが、例えば筋肉をほぐした後に、筋肉が熱くなる、疲労感があるなどの症状は筋肉がほぐれていく好転反応の場合があります。

そのほかにも、施術後の好転反応として、頭痛、発熱、発疹、尿が濃くなるなどの、一見すると悪化しているように感じる症状が出ることもあるようです。

治療に好転反応である場合には、そのまま治療を続けて改善していく必要性があるのです。

また、タバコを止めることによって発生する離脱症状である、頭痛、吐き気、疲労、ニキビなども好転反応といえるかもしれません。

このように、症状を改善する過程で発生してしまう身体的な症状を好転反応というのです。

しかし、治療によって発生する症状のすべて好転反応によるものというわけではありません。

実は、薬や健康食品などによって発生する症状は、好転反応よりも副作用の可能性が高いです!

〇好転反応ではなく副作用かもしれない!?

好転反応は治療の過程で一時的に発生する身体的な症状のことで、これから症状が改善する過程におきます。

しかし、現在では健康食品や化粧品などを使用して発生してしまう副作用を、ごまかすために「好転反応」という言葉が使用されることもあるようです。

身体的な症状が副作用や、体に合わないために反応である場合には、治療を遅らせるばかりか、症状を悪化させてしまうことになります。

健康食品や化粧品を売る側からすれば、副作用だと知られて売れなくなるよりも、好転反応だと思って利用を続けてくれた方がうれしいです。

そのため、「ここで止めた効果がでません」「症状は一時的な物で問題ない」と好転反応として処理をしてしまうのです。

好転反応の可能性はあるかもしれませんが、健康食品や化粧品よって発生する症状は、副作用、アレルギー反応、体に合わないために起きる症状だと思った方が良いです。

副作用などの症状がある商品を使用続けるのは健康に良くありません、その症状は副作用ではありませんか?

〇気になる症状は病院へ!

薬や健康食品、化粧品によって発生する身体的な症状は、好転反応よりも副作用の可能性が高いと考えららます。

また、好転反応だとしても素人が副作用か、好転反応か判断するのは難しく、販売員や電話サポートに相談しても、あなたの直接症状を見ているわけではありませし、医者でもありませんので、好転反応だと断言できません。

販売員や電話サポートは、食品を多く販売するために、嘘をついている可能性は否定できません。

もし、薬や健康食品、化粧品によって気になる症状が出ている場合には、使用中止して他の商品を使用するか、病院に受診して診てもらうことをおすすめします。

医師に相談して好転反応だとわかれば使用しても良いですが、多くはアレルギー反応や副作用と判断されるのではないでしょうか。

健康を気にして健康食品を摂取したり、肌のために化粧品を使用するのも良いですが、体質によって合う合わないがあります、合わない商品を利用すると健康に悪影響を与えてますので、使用する際には十分に注意してくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク