目に見えなくてもカビは増殖している!?見える部分だけ除去しても食中毒になる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食品にカビが繁殖してしまうと、食中毒の原因になるので食べることが出来なくなってしまいます。

カビは悪いイメージもありますが、世界はじめての抗生物質であるペニシリンはアオカビを作られていたり、食品にカビが利用されたりと、意外と人はカビの恩恵も受けています。

カビには危険な部分と、人の役に立つ部分がありますが、餅がカビたら除去すれば食べられると言われることもありますが、本当なのでしょうか?

カビが食品に生えてしまった時の危険性について知っておきませんか?

〇目に見える部分だけでカビが増殖しているわけではない!

食品に目に見えてカビが増えてくると、腐り始めていることがわかりますよね。

ただ、カビが増殖している所以外は、見た目も変わらないので、カビが増えた場所だけで除去して、使えそうな部分は残そうと考える人もいます。

カビを除去してしまえば、見た目は問題がなくなるかもしれませんが、カビは非常に小さな菌類であり、目に見えていない所にも菌糸が伸びているのです。

カビは増殖してしまった食品は、カビが見えていない綺麗な場所が合っても、カビはすでに繁殖していると考えて良いでしょう。

もし、気付かずにそのまま食べてしまえば、カビの毒が体内に入ってしまい食中毒を発症する可能性があります。

カビがいったん生えてしまった食品は、お腹を壊す原因となりますので、大丈夫そうな場所があっても捨てるようにしましょう!

食品が大きくてほんの一部分しかカビが生えていなくても関係がありません、菌糸は目に見えてないため、どこまで安全であるか判別することはできないのです。

また、食品に利用されることもあるアオカビは、きちんと管理されて他のカビを生やさないようにしているから使用できています。

普通に増えてくるカビの中にもアオカビは存在しますが、アオカビと一緒に増殖するカビに毒性があるため、カビてしまえば食べる事はできません。

〇加熱しても食中毒になる可能性はある

食品で繁殖しているカビの種類は1種類に見えても、複数のカビが増殖していることは多いのです。

また、カビの種類を肉眼で見て判断するのは難しく、目で見て安全かどうか判断することはできません。

「加熱して菌を死滅させれば安全になるのでは?」と思うこともあるかもしれませんが、加熱では死んでくれないこともあります。

さらに、加熱で殺菌される種類のカビが増殖しているとしても、カビが作り出したカビ毒は加熱しても残ってしまいます。

カビ毒は、カビが増殖する時に作られていますので、カビが増えてしまった時点で、カビ毒に汚染された考えた方が良いです。

一度カビが生えてしまった食品は、加熱しても安全にはならないことを覚えておきましょう!

もちろん、油であげてもカビの危険性は変わりませんので、カビが生えた食品は絶対に食べないようにしましょう。

〇アオカビならすべて安全なわけではない!?

アオカビと言えば、ブルチーズなどの発酵食品に利用されたり、ペニシリンの生成に利用されたりと、人の役にも立っているカビです。

しかし、アオカビの中にも種類が存在し、アオカビは約150種類も存在していると言われています。

すべてのアオカビが人に無害で、役に立つかと言われるとそうではなく、アオカビの中にも人体に悪影響を出してしまう種類はあります。

アオカビの吸いこんでしまうことによって、アレルギーが出てしまうという人も多いようです。

また、食品を発酵するために利用される麹カビはアスペルギルス属といわれる種類のカビですが、アスペルギルス属のカビの中には、人に感染すると死に至るほどの危険のカビも存在します。

アスペルギルス属のカビの中でも、麹として利用できるのは、一部でしかないのです。

カビは目に見えてもいなくても、菌糸を伸ばして増殖しており、カビが生えたしまった食品は、カビが生えた場所を除去しても、加熱しても危険性です。

カビによる食中毒にならないようにするためには、カビが生えてしまったものは口にしないことが重要になってきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク