コーヒーを飲むベストなタイミングとは?目的によってコーヒーの飲み方には違いがあった!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーには眠気を覚ます効果があることが知られていますよね。

私も、眠気を覚ますために、コーヒーを飲むことがよくあります。

そのほかには、集中力を上げる効果、脂肪を燃焼させる効果、頭痛を和らげる効果、心臓病を予防する効果がコーヒーにはあります。

コーヒーの効果をより強くするためには、どのタイミングでコーヒーを飲むと良いのでしょうか?

〇眠気覚ましならコーヒーを冷やして飲む!

コーヒーには眠気を覚ます作用があるといわれていますが、これはコーヒーに含まれるカフェインが交感神経に作用して脳を覚醒させ眠気を飛ばしてくれる作用があるためです。

ただ、コーヒーを飲んでからカフェインの効果が出始めるまでには、30分~1時間ほど時間がかかると言われています。

今すぐ目を覚ましたいのに、30分もかかるのは困りますが、コーヒーには目覚ましに効く物がもう一つあります、それが苦味になります。

本来、苦味は毒を感知するために使われる味覚であり、危険信号となりますので、それだけ脳も反応しやすい味覚となっています。

そこで、苦味をより強く感じるために、コーヒーを冷やすのが良いとされているのです。

苦味は温度の強さは温度によって変化し、温度高いほど苦味は感じにくくなることが知られています。

そのため、熱いコーヒーをそのまま飲むよりも、冷ましたコーヒーを飲むと苦味を強く目覚めが良くなるのです。

少し温度が下がるだけでも苦味は強くなりますので、冷たいコーヒーが嫌いな人は、少しだけ冷ましてからコーヒーを飲むと良いでしょう。

もちろん、温かいコーヒーにも苦みはあるので、温かいコーヒーでもある程度の目を覚ます効果は期待できます。

さらに、苦いコーヒーとして知られるエスプレッソは、苦味は強いので目は覚めやすいですが、カフェインの量が少ないためカフェインが効き始めてから目覚まし作用は弱いです。

目を覚ますのが目的なら、冷やした缶コーヒーを飲むが非常におすすめです!

〇心臓病の予防なら1日4杯飲む!?

コーヒーは目を覚ます作用があるだけでなく、心臓病や脳卒中を予防する効果があります。

心臓病や脳卒中を予防するためにコーヒーを飲もうと考えている人は、1杯150~200mlを目安に、1日4杯飲むようにすると良いといわれています。

しかし、心臓病を予防する効果はありますが、飲む量が多いほど健康になれるわけではありませんので、コーヒーを飲みすぎないように注意してください。

また、コーヒーには覚醒作用があるため、人によってはコーヒーを4杯飲むことによって不眠などの症状が出てくることもあるかもしれません。

不眠などの症状が出る場合は、夕方以降はコーヒーを飲まないか、コーヒーを飲まないようにしましょう。

不眠は心臓や血管に負担をかけることになりため、コーヒーによって心臓病や脳卒中を予防するどころか、心臓病や脳卒中の原因になってしまいます。

コーヒーの効き目は人によって違いがあります、特に日ごろコーヒーを飲まない人が1日4杯のコーヒーを飲むと影響が出やすくなります、自分の健康状態などを見て、1日に4杯のコーヒーを飲んで見てはどうでしょうか?

効果は薄くなりますが、1、2杯のコーヒーでも心臓病を予防する効果が期待できます。

〇コーヒーは効果を期待する1時間前に飲みましょう!

コーヒーを飲んでから最も効果があらわれるのは、1時間後と言われています。

コーヒーには、集中力を上げる作用、脂肪を燃焼させる作用、頭痛を和らげる作用があり、これらの効果を期待してコーヒーを飲む場合には1時間前に飲んでおくと効果的です。

また、コーヒーは淹れる水の温度によってカフェインの抽出量に変化があり、温度が高いほどカフェインの量が多くなります。

水出しコーヒーなどもありますが、冷たい水でコーヒーを淹れるとカフェインの量が非常に少なくなり、カフェインの効果が薄くなってしまいます。

カフェインの効果をより期待したら、沸騰したお湯を使用するようにしましょう。

アイスコーヒーを飲む場合も、水出しではなく、沸騰したお湯でコーヒーを淹れてから冷やすと、カフェインの量が多くなります。

コーヒーの効果を強くするために、飲み方を変えてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク