摂食障害を知っていますか?全く逆ですが「過食症」と「拒食症」はとても似ている病気なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

09601
摂食障害という言葉を聞いたことがあるだろうか。

摂食障害は主に2種類に分けることができます。

過食症と拒食症です。

摂食障害は食行動がおかしくなる精神疾患です。

圧倒的に女性に多い病気になります。

スポンサーリンク

過食症

過食症は神経性大食症ともいわれる病気です。

過食という意味から過食症は一般に食べ物を食べ過ぎてしまう病気と思われています。

たしかに、過食症は食べ物を食べ過ぎてしまう病気ではあります。

過食症の患者の中には痩せていたり、標準体重だったりする人が多くみうけられます。

標準体型だったりする理由は代謝が良いわけではありません。

過食症は食べ物を多く食べ過ぎてしまった後に代償行為(吐く、下剤、絶食、薬物、過度の運動)を行うという特徴を持ち合わせています。

代償行為をおこなうことによって体重が痩せていてたり、標準体重のままだったりするわけです。

過食症の人が代償行為を行う理由は、痩せていていたい、太りたくないと思っているからなのです。

つまり、過食症は名前の通り、過食はしているけども、やせ願望を強くもっているわけなのです。

一部の人が勘違いしているであろう、ただ食事を食べ続ける摂食障害の場合はむちゃ食い障害とよばれる病気になります。

つまり、大量に食べて代償行為を行うのが過食症、吐きもしなければ、下剤も絶食もしないのがむちゃ食い障害です。

過食症の印象が変わったのではないでしょうか?

僕は基本的には吐かずに食べて、一部の人が食べた後に吐くと思っていましたが、基本的にみんな吐いたり、下剤を飲んだりして痩せようとしているんですね。

過食症の場合は代償行為を行うため痩せていたり、標準体重を維持したりしていますが、むちゃ食い障害はなにも行っていないため、太っている人が多いという特徴を持ち合わせています。

過食症は拒食症にくらべて、食べてしまったことによる自己嫌悪が強く出てしまうため自殺率が高いのが特徴です。

過食症の人は基本的に吐くことによって痩せた体を維持しようとするひとが多いため、吐くことにより他の症状が出ることがあります。

胃に入れたものを吐くと言うことは、胃酸も口から出ているということです。

胃酸が食堂や口などを通ることによって、胃や食道が荒れたり、歯がとけたり、低血糖や低血圧の症状がでたりします。

拒食症

拒食症はその名の通り、食を拒む病気です。

拒食症のもう一つの名前が、神経性無食症です。

拒食症は過食症に比べて比較的若い人に多いとされています。

拒食症は強いやせ願望からくるものがおおいとされ、その影響がでてくるのが思春期に多いといわれています。

拒食をしている人の心理としては、思い通りに行かない自分を食事においては完璧にコントロールができている点において、高揚感や万能感をえることができるとされています。

その判明、拒食症の患者は慢性的な不安を抱えているとされています。

拒食症の患者は強い強迫観念の中に生きているわけです。

拒食症は死亡するリスクを伴う病気です。

過食症に比べて自殺率は少ないものの、過食症は栄養が足りていないために、低体重で死んでしまう場合や、免疫力低下による感染症によって死んでしまう例が存在する。

拒食症による死亡率は5%~20%程度であると言われています。

拒食症患者の中には人までは食事をとるが、食後に隠れてトイレで吐くという患者もいます。

拒食症が改善されたかと思えば過食症になってしまうケースもあり拒食と過食で名前が正反対であるが、近い病気です。

拒食症と過食症はいったりきたりするものだと言われています。

過食症でも拒食症でもない摂食障害

過食症の中で紹介したがむちゃ食い障害も過食症でも拒食症でもない摂食障害に当てはまります。

そのほかに、食べ物を口に入れることはするものの、噛むだけで飲み込まず吐き捨てるという摂食障害も存在します。

これは拒食症と過食症の両方に一部該当するため拒食症でも過食症でもない摂食障害に分類されます。

摂食障害の改善方法

心の病であるため、無理やり改善させようとすると、拒食症から過食症になったり、過食症から拒食症になったりとうつり変わってしまいます。

摂食障害の治療法として一般的なのは、カウンセリングや心理療法とされてはいますが、現在のところ思うように効果が急にでることはありません。

精神科や心療内科以外では対症療法しかできません。

このため摂食障害は治りにくい病気とされています。

ただ一つだけ言えることは絶対に本人だけで治すことができないということです。

摂食障害を治すには家族の力が必要です。

摂食障害を治すために必要なことは本人の意志を変えることといわれています。

本人の心かえるためにはいろいろなことをやってみることが必要です。

関係ないと思うことをやってみることも大切です。

いつ本人の気持ちに変化が出るかわかりません。

僕がすすめてみるのはボランティア活動です。

ボランティア活動をすることで他人とふれあい誰かから刺激を受けて摂食障害が改善されるかもしれません。

摂食障害は根気とサポートが必要です。

摂食障害について理解しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク