トクホ・サプリメント・機能性表示食品・栄養機能食品って一体なにが違うの?健康食品の違いを知りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康になるために、健康食品を摂取したいと考えている人も多いと思います。

しかし、トクホ・サプリメント・機能性表示食品・栄養機能食品など、いろいろな健康食品が合ってわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

私も、健康にあまり興味がなかった、10代のころは違いがわからず、どれも一緒のなのではないかと思っていました。

これらの健康食品、同じのように見えるかもしれませんが、きちんとした違いがあります、体に良い健康食品を摂取したいなら、違いを知っておくことをおすすめします!

〇トクホは国が認めた健康食品!

トクホとは「特定保健用食品」のことを言い、消費者庁長官の認可を受けた、保健効果を表示することができる食品の事です。

トクホは、安全性や有効性について厳しい審査を受けて効果を表示することができる健康食品であるため、安心して食べることができる食品です。

健康に効果がある食品が食べたいと考えるなら、トクホから選ぶと安心できます。

ただ、トクホは保健効果が認められている食品ではありますが、医薬品としては認められていません。

そのため、薬のような効果がある食品ではなく、あれ程度の保健効果ある食品となります、病気や疾患を改善するためには、病院に受診して、薬を貰いましょう。

また、過剰摂取すると健康に悪栄養があることもありますので、健康良さそうだからと過剰に摂取しないようにしましょう。

健康になりたい人は、トクホの健康食品を摂取してはどうでしょうか?

〇栄養素の不足にはサプリメント

サプリメントとは栄養補助食品の事であり、食事で不足してしまった栄養素を補うための食品の事です。

サプリメントは、トクホの様に効果が認められている食品ではありませんので、効果を表示することはできません。

もし、サプリメントに効果が表示してある場合は、薬事法違反となってしまします。

しかし、薬に近い効果があると消費者に誤認させることで、売れ行きが良くなるため、あえて消費者が間違えてしまう可能性がある広告を行っていることがあります。

サプリメントには、目が良くなる、関節炎が治る、免疫力が高まる、脂肪を燃焼すると言った効果は認められていません。

トクホや機能性表示食品と認められていない食品を購入する際には、効果効能をよく確かめて、間違って購入しないようにしましょう。

サプリメントは、あくまで食事で不足した栄養素を摂取するためのものなので、バランスの摂れた食事をしている場合は摂取する必要性はありません。

食事が取れれない、不足している栄養素がある人は、サプリメントで栄誉を補いましょう。

〇トクホに似ているけど違う機能性表示食品

機能性表示食品は、安全性と機能性の根拠となる情報を消費者庁長官に届けることによって、効果を表示することができる食品です。

「お腹の調子を整える」「コレステロール値を抑える」などトクホと似たような効果が表示されていることもあり、違いがわからない人も多いでしょう。

2つの違いは、トクホが消費者庁長官に個別に認可を受けて販売しているのに対して、機能性表示食品は、根拠となる情報を届けて企業の自己責任で表示している事です。

機能性表示食品は、個別に認可を受ける必要性がないので、時間と費用をトクホよりも抑えて効果を表示することができます。

ただし、機能性表示食品は、個別に審査を受ける必要がなくなったので、健康被害のリスクや、健康効果が本当にあるのか、といった問題がある可能性があると言われています。

同じ効果がある食品であるならば、きちんと審査を受けているトクホの方が、安心して摂取することができます。

〇栄養機能食品はビタミン・ミネラルの補給に

栄養機能食品は人が必要となる、ビタミンやミネラルと言った栄養成分の補給のために使用される食品の事です。

栄養機能食品は、特定の栄養素が基準に満たしている場合に、栄養素の機能を表示することができます。

例えば、カルシウムが基準を満たしている食品であれば 「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。」と表示することができます。

ただし、多量摂取によって疾患改善したり、より健康が増すものではないことを表示してあります。

栄養機能食品は、不足してしまった栄養素を補うための物であり、何らかの理由に栄養を摂取できない場合に使用する物です。

通常の食事をしていれば、摂取する必要性はありませんし、摂取すると栄養素の量が多いので、過剰摂取による問題となる可能性があります。

このように、健康食品は同じよう見えても違いあるのです、自分の体調をよく見て、自分にあった食品を摂取するようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク