原因不明の頭痛は天気が原因で発生しているかもしれない?雨や曇に発生する低気圧頭痛!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段生活している中で、原因不明の頭痛に悩まされていたり、雨の日に限って頭痛が発生したりする人はいませんか?

頭痛が発生する原因には、ストレス、疲労、血流、薬などのいろいろな物があり、天気が原因で発生する頭痛もあります。

原因不明の頭痛が発生している場合は、もしかすると、天気が原因で発生する低気圧性頭痛かもしれませんよ。

〇天気によって頭痛が発生してしまう理由

天気が頭痛と関係があるのは、気圧の変化が私たちの脳の血管に影響があるためです。

天気は気圧が下がると曇りや雨が発生しやすくなりますが、人の場合は、気圧がさがると血管の圧力が下がり脳の血管が拡張されます。

脳の血管が拡張されることで、血管の周りに存在する神経を圧迫し頭痛が発生してしまうのです。

このように、気圧の変化によって血管が拡張し神経圧迫することで発生する頭痛を、低気圧頭痛と言います。

また、天気の変化は頭痛以外にも、関節炎、めまい、古傷が痛む、肩こりなどの症状の原因にもなります。

気圧の変化は、肌で感じるようなことはありませんが、私たちの健康に影響を与えているのは確かです。

特に、低気圧頭痛は女性に発生しやすいと言われていますので、女性は対策をすることが大切になります。

女性の方が発症しやすいのですが、男性も低気圧頭痛になりますので、原因不明の頭痛がある人は、雨の日や曇の日に頭痛が起きていないか確認してみましょう。

〇低気圧頭痛の予防するためには生活習慣を正すと良い?!

低気圧頭痛は、気圧の変化によって血管が拡張して頭痛が発生します、しかし、頭痛の原因となる気圧の変化を止めることはできませんよね。

気圧は変えられなくても、低気圧頭痛の症状をできる限り抑えたいという人は、気圧以外の低気圧頭痛の要因となる、生活習慣を改善することが大切になるのです。

ストレスや生活習慣の悪化は、自律神経を乱れさせることで、神経が過敏になったり、血管が拡張しやすくなったりし、頭痛を感じやすくなるのです。

睡眠しっかりとることで、疲労を回復することで自律神経を整えられ、低気圧頭痛を起こしにくくなります。

生活習慣を整えることで、低血圧頭痛の発症を抑えることでますが、全く発生しなくなるというわけではありません。

辛い頭痛の症状がある場合は頭痛薬を服用して、痛みを抑えると良いでしょう。

また、天気が晴れていても、睡眠不足、ストレス、疲労、生活習慣の乱れは頭痛の原因となりますので、晴れの日で合っても生活習慣を整えることは大切です。

さらに、辛い頭痛は気圧以外の原因がある場合もありますので、日常的に辛い頭痛に悩まされている人は、早めに病院に受診しましょう。

ちなみに、日常的に頭痛薬を飲むことによって、慢性頭痛になることがありますので、あまり頭痛が強くなければ、頻繁に頭痛薬を飲むのは控えた方が良いでしょう。

頭痛の症状を改善するためには、頭痛の原因を発見することが大切なのです。

〇コーヒーを飲むと頭痛が治まる

低気圧頭痛が発生してしまうのは、気圧の変化によって脳の血管が拡張して、神経を圧迫してしまうためです。

そのため、脳の血管を収縮させることができれば、頭痛の症状を改善することができ、コーヒーを飲むことが有効です。

コーヒーに含まれているカフェインは、神経に作用して、脳の血管を収縮される作用がありますので、低気圧頭痛を起こしている人が服用すると頭痛の症状を抑えてくれます。

ただし、カフェインは摂取しすぎると、カフェインの過剰摂取によって頭痛を発症してしまうことがあるのです。

飲めば飲むほど効果があるというわけではありませんので、コーヒーばかりの飲むのは止めておきましょう。

ちなみに、コーヒーは頭痛を抑える作用以外に、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの病気の発症を抑える効果がありますので、日常的にコーヒーを飲むのはお勧めです。

しかし、コーヒーは人によっては頭痛や睡眠の悪さの原因になることもありますので、自分の体調を考えてから、コーヒーを飲むようにしましょう。

原因不明の頭痛が発生していませんか、もしかすると、天気が原因かもしれませんよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク