良く聞く過労死って一体どのような状態?過労死が発生するメカニズムを知ってみてはいかが!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働きすぎることによって亡くなってしまう過労死、名前は聞いたことがあっても、どのようなメカニズムで亡くなってしまうのか知らない人も多いのではないでしょうか?

あなたは長時間労働をしているでしょうか、長時間労働をしていると、あなたもにも過労死を起こしてしまうかもしれませんよ。

働過ぎるとなぜ亡くなってしまうのか、過労死のメカニズムを知っておきましょう!

〇過労死は血管疾患や心臓病で死亡する!

過労死は、働きすぎによって亡くなることは誰でもわかりますが、直接的な死因がなんなのか知らない人が多いでしょう。

過労死の直接的な死因は、血管疾患と心臓病であり、ストレスや疲労によって自律神経を乱し、致命的な不整脈が発生して突然死することも多いです。

また、長時間労働でストレスや疲労が蓄積されると、血圧が上昇して動脈硬化を起こしやすくなることが知られています。

動脈硬化が進行することで、血管内に血栓が発生し、心臓や脳、肺などの血管が詰まり、心筋梗塞、脳梗塞、肺塞栓症などを発症して死に至ります。

過労死によって死亡した場合の直接的な死因は、血管疾患や心臓病であることが多いのです。

また、致命的な不整脈や血栓によって突然死を起こしますが、死ぬ前には、血圧の上昇や、危険性の少ない不整脈などの前兆があります。

長時間労働をしている人で、血圧が急に高くなった、動悸を感じることが多くなったという人

は、過労死の危険性が高くなっているので、休息をとることも大切です。

さらに、過労死が起きそうな会社であれば、仕事を止めて転職するのも有効な方法です、今回は過労死にならなかったとしても、いつか過労死を発症して死亡してもおかしくありませんので、転職を考えることが大切なのです。

〇精神疾患による自殺も過労死

過労死は働きすぎによって、心臓病や血管疾患で死亡する事を指すこともあれば、自殺によって亡くなるのも過労死に含まれる場合があります。

人は働きすぎると、ストレスや疲労によって精神的に影響を受けてしまい、抑うつ状態やうつ病、燃え尽き症候群になることで、死の願望を持つことになります。

このように、働きすぎによって死を願い、実際に自殺してしまうことを、過労自殺と言い、過労死の一つと考えられています。

また、過労自殺の場合は労働時間だけが問題となるわけではなく、職場の人間関係、ストレス耐性、休日の過ごし方によっても、発生しやすさに変化がでてきます。

長時間労働が続くと、精神的な疲労から判断力が低下してしまいます、仕事の時間が長くこのまま仕事を続けていくのが難しいと判断した場合は、辞めることも大切となります。

長時間労働は辛いけど、まだ動けると考えて続けると、次第に正常な判断が出来なくなり、自殺することもあるので注意が必要です。

人にとっては睡眠が非常に大切です、夜が自由時間だと考えて長時間労働をした後でも、寝ない人がいますが、寝ないと自律神経が乱れるので、自由時間を過ごしたい気持ちがあるかもしれませんが、睡眠時間はしっかり確保しておいてください。

ある程度の残業が続いても、催眠時間がしっかり確保されていれば、仕事の疲労が回復できますので、過労死の発症を抑えることができます。

〇気になる症状があれば病院に受診してみましょう

長時間労働による疲労で気になる症状がある人は、心療内科、精神科に受診することをおすすめします。

病院に受診して、先生に不満や愚痴などを聞いてもらうだけでも、ストレスの解消になり過労死に予防になります。

また、個人では自分がどのような状態になっているか判別できないことがあります、病院に受診することで、医師の視点から病気を判断し、必要であれば仕事を休むことができます。

仕事を休むというと聞こえが悪く感じるかもしれませんが、過労死を発生させないためには重要であり、仕事を休むよりも仕事が原因で過労死がおきる方が問題となるでしょう。

あなたは、働きすぎていませんが、働きすぎは過労死の原因になることもありますので注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク