鼻水・鼻づまり・くしゃみの原因は寒暖差アレルギーかもしれない?!普通のアレルギー性鼻炎との違いは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状がある時には、アレルギー性鼻炎を疑う人が多いと思います。

もし、アレルギーの原因がわからないのであれば、ホコリや花粉が原因ではなく、寒暖差が原因で発生する寒暖差アレルギーかもしれません。

寒暖差アレルギーと普通のアレルギーに違いと寒暖差アレルギーの予防方法を知りましょう!

〇寒暖差アレルギーってなんなの?

寒暖差アレルギーとは、温度の変化によって発生する鼻水、鼻づまり、くしゃみと言った症状の事です。

寒暖差アレルギーという名前で知られていますが、気温差が原因で発生する症状であるため、特定のアレルゲン(原因物質)があるわけではないので、アレルギー検査をすると陰性になるという特徴があります。

また、医学的には「血管運動性鼻炎」であり、アレルギー性鼻炎ではなく、非アレルギー性鼻炎の一種になります。

寒暖差アレルギーの症状は花粉症などのアレルギー性鼻炎に似ていますが、違いもありますので、寒暖差アレルギーの特徴となる症状を把握することで判別しやすくなります。

寒暖差アレルギーの特徴は、目の痒みが出ない、鼻水が透明、発熱もなく、喉のイガイガなどの症状もありません。

症状には個人差がありますので、必ず判別できるわけではありませんが、覚えておくと判別しやすくなります。

気温差を感じる時に鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が出ていませんか、もしかすると寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギーか、アレルギー性鼻炎か判断が難しい場合には、病院に受診してアレルギー検査をしてもらうと良いでしょう。

〇寒暖差アレルギーを発症してしまう原因

寒暖差アレルギーは名前の通り、温度差が原因で発生してしまう日中の寒暖差が激しい時や、室内と外で温度差が激しい時に鼻水や鼻づまり、くしゃみといった症状出ます。

気温差によって症状が出てきますので、温度差を感じればどの季節でも症状が出てしまいます。

また、気温差以外にも、強い香り、ストレス、タバコの煙なども、寒暖差アレルギーの原因となります。

男性でも女性でも発症しますが、女性の方が発症しやすいといわれており、自律神経の乱れも影響があると考えられます。

女性の方が発生しやすいのは、筋肉量が少なく体が冷えやすいためと考えられており、冷えを感じやすい人は、体を冷やさないように気を付け、運動をして筋肉をつけることも大切になります。

〇寒暖差アレルギーの予防方法

寒暖差アレルギーは、温度の変化によって発症しますが、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れによって発症しやすくなると考えられます。

寒暖差アレルギーをできる限り発生させないためには、生活習慣を整えることも大切になるのです。

また、体を冷やさないことも大切なので、体が寒い時にはショウガスープなどで、体をあたためることも重要です。

さらに、寒暖差アレルギーは室内と外での温度の違いが原因となること多いので、室内の温度を調節して、差が出過ぎないようにすることが大切です。

寒い冬にはどうしても、室内と外で温度に違いでます、コートやマフラーなどを着用して温度差を感じないようにすることが大切です。

寒暖差アレルギーは誰でも発症する可能性があります、しっかり予防することが大切です。

〇寒暖差アレルギーは薬で対処できる?!

寒暖差アレルギーは、普通のアレルギー性鼻炎と同様に、薬で症状を落ち着かせることができます。

寒暖差アレルギーの症状がある場合には、抗ヒスタミン剤の服用や、点鼻薬を使用して、症状を抑えると良いでしょう。

また、自己判断ではアレルギー性鼻炎なのか、寒暖差アレルギーなのか判別が難しいことがありますので、気になる症状がある場合は、一度耳鼻科か、アレルギー科に受診することをおすすめします。

寒暖差がアレルギーのような症状が出ることもあります、その鼻水、鼻づまり、くしゃみは寒暖差アレルギーかもしれませんよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク